キャッシュレスで節約

意識して節約をしていたわけではないですが、今までと変えたことは銀行で現金を引き出す回数を減らしたことです。財布の中がなくなるたびに少しずつATMに行って引き出していました。手数料無料の回数内であれば良いですが、節約ということが頭にあると少額の引き出しを何回も繰り返してしまっていました。

手数料は、たかが数百円かもしれませんが、年間いくらになるでしょうか。どうしたかと言うと、クレジットカード決済とICカード決済をいくら安くても使うようにしました。現金を持ち歩くこともなくなり、小銭もジャラジャラということもなくなりました。何でもクレジットカードで買ってしまいそうと思われるかもしれませんが、そこは節約モードでセーブしながら使えば、今までどおりの生活が出来ます。

それに、クレジット会社のポイントも貯まっていき、そのポイントで買い物ができたりもしました。劇的な節約には結びつかないかも知れませんが、懐に現金を持っていると意外と太っ腹になり人におごったりと使い方が派手になってしまいます。

これが意識しないで抑えられることが大きい効果になりました。買い物好きで派手に使う人には向いていない方法かも知れませんが、キャッシュレスな節約方法を自分はお勧めします。

行える事を講じる

ここ数年は、節約は気にはしていますし、貯えは毎月やっています。学費に関して言えば、我が家の場合は、こどもが生まれたときから学費保険などはしていないので、こどもが中学くらいから本格的に貯める様になっていらっしゃる。目下思えば、こどもが生まれたときから少しずつでも貯めておけばよかったと思います。只今、高校・教え子のこどもですので、意外とお金が要る年だ。
こういう数値通年は、子供たちや恋人のお弁当は合計オリジナルにして、持っていっていらっしゃる。毎日のごはんお代もはなはだ節約になっています。明方起き上がるのは、しんどい時もありますが、嬉しいと言って得ることや節約を考えたら、踏ん張れます。
最近は、自宅での着物は、子供たちのお下がりを着ていることも多いだ。子供たちの衣替えの場合、いらなくなった着物が出ますが、その中で着れそうな着物をください。最近は、断舎利という口上通り、本当は敢然と捨ててしまったほうが良いのかもしれないですが、これも1つの節約です。子供たちは、やっぱ流行りの着物に左右されます。わたくしはといいますと、ひとまず外で着る着物は複数ありますが、今どきそこまで着物に執着せず、あんまり着物に関しての物欲がないのです。出陣用の着物は、複数で可。服装関係の費消はさんざっぱら減っていらっしゃる。

究極で引き下げとストック

民家の両親がやっていた軽減と貯金方があります。
それはわざと狙っていく、夕刻からのクリアランスセール!クリアランスセールと言えば「○付き百分率割り引き!」や「○付き円割り引き」ですよね。
その何百分率とか、何円ってその日にとっては少しの節約した気分になるのですが、うちの両親は考えました!
その何円軽減出来た給料を蓄積容器に入れていくのです。大売出しのアイテムばかりだと何百円に上るそうで、年間何万円か貯まったそうです。
教えてもらったものの、わが家にはそんな余剰も薄いのとぼくがスキームが苦手なので出来ませんが、始める真骨頂はあります。

あとは、よくありがちな禁煙蓄積もしていたそうです。両者ともタバコヤツだったのですが、ある時禁煙しようとなったみたいです。
それは、煙草を買ってるタイミングに煙草の元本を蓄積容器に入れて言うそうです。
健康にも貯金にも繋がっていいですよね。

一方、ぼく自負はすぐ使って仕舞う個性。今は稼業も辞めてスペシャリストマミー。ですがこのままではいけないと願い、単なる軽減をしています。
それは民家にいない局面(仕事をして外出時)と同じように民家の状態にすることです。
意外と外出しているときは、電気は消しますよね!なので電気はほぼつけません。クリーナーは臨機応変ですが基本はほうきで掃き掃除。自家用車も電車もなるべく日中は使わないで、あるときはまとめた行動で外出するように心がけています。

細く小銭積み増し!

小銭ってどうしても侮れないって知っていますか?
財布に入っているとパンパンになってしまって、短く使いたいと思ってしまうよね?
でもそこを我慢して、家屋に帰ったら小銭を一律積み増しケースに加えるだけで、実はお金がたまるんです。しかもあまり大きな額に!

ごはんで850円使ったとする。財布には150円ありますよね?
のどが渇いたなーと思った時に、150円を使うか、1000円付箋を切り崩すか。
こちらは現在崩すようにしています。
そうするとふところは小銭だらけですが、家に帰ると約1000円貯金できることになるんです。
それの繰り返しだけ。簡単だと思いませんか?

そして、しばらく貯まったところで銀行に行きます。粗方1ヶ月くらいでしょうか。
こちらは少しずつ溜まるのを見たい他人なので、チマチマATMで100枚ずつ入金していらっしゃる。
ですが、同時に払い込み目指す場合は、窓口のお姉さんに渡せば大丈夫です。

そうすることで、私の場合は1ケ月で約20000円積み増しができます。
(まぁ、これだけ無駄使いしようとしていたってことなんですけどね。)
積み増し用の通帳を特に持つことで、貯まって出向くのが目に見えて極めるので、歓びも増します。

アクセントウイークポイントなのは、小銭の積み増しがウィークデーしかできないという企業。
何度か週末のATMまで持って行ったものの、小銭ご法度で重い想いをしたことがありますので、
ウィークデーに銀行に通える他人なら実践しやすいかもしれません。
仮に行けない他人だと、ふとお金がない時にその積み増しケースに手を出してしまうことがあったりなかったり…(笑)

節約のプロが行ってる食生活を紹介!

「節約」というと、食べたいものがたべられない…とか、買いたいものが買えない…というマイナスなイメージを持っている人も多いかと思います。しかし、心配は無用です。食生活においてのみ節約することができるならば、ほかの事に使えるお金が2倍3倍と増えてしまうのです。収入の3分の1は食費に使われると考えてもいいでしょう。しかし、今から紹介する方法はその食費をどんどん少なくし、かつ、美味しい料理が食べられる方法です。

まず、節約における重要な食材を紹介します。

一つ目は、納豆!畑の肉と言われる程で、栄養価も高く、安価で購入できるのでオススメです。また使用方法も豊富で、ご飯にかけるのはもちろん、パンにかけても美味しい魔法の一品なのです。

二つ目は、もやしです。もやしは安価で手に入れることができ、そしてなんと言っても量がとても多いので数日はもちます。また、ポン酢や、ゴマタレなどと一緒に食べてもさっぱりした味わいを楽しむことができます。節約家にとっては相棒のような食べ物です。

三つ目は、ブロッコリーです。

ブロッコリーは、納豆やもやしと比べ少し値段は高いですが、そんなの誤差の範囲といえるでしょう。ブロッコリーには、ビタミンB6やB12が豊富に含まれるので、偏った食生活でなる口内炎などになりにくくする効果があります。

また、この食材も使用方法豊富なので是非検討してみてください。

これらの、食品にアレンジを加えたり時にはそのまま食べる事によって、栄養を補いつつお金を節約できる。これが節約のプロが行っている食生活なのです。

どうでしたか?この食生活を始めてみたいと思ったそこのあなた。是非始めてみてください!

節約をするポイントになるクレジットカード

クレジットカードは便利だと思います。

しかし使いすぎてしまうと引き落としの際に思った以上の金額が請求されていて、ビックリすることもあります。

管理はしっかりと行わなければいけまん。

そんなクレジットカードの中でポイントを支払の際に使うことができるものがある、と聞きました。

年会費、入会金無料のクレジットカードにはそういうサービスはありませんが、会費がかかるようなクレジットカードの中にはあるそうです。

自分でどれくらいの頻度、クレジットカードを使うのか考えた上で、会費を払ったほうがお得になるということも検討したほうがよいようです。

親族の中にポイントが引き去りの際に使うことができる、というクレジットカードを持っている人がいます。

使用頻度はそんなに高くはないのですが、何かあった時にクレジットカード払いにするということなので、便利だそうです。

クレジットカードは持つ種類によって節約にもなります。

上手に使っていくことによってメリットも得ることができるようになってくるので、節約をしたいと考えているのであれば、今使っているクレジットカードを見直してみるのもよいでしょう。

使いすぎないということが前提ですが、それでも種類を考えることは必要です。

お金を貯めるいちばんの方法はなんでしょうか

お金を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?銀行や郵便局に預けても、金利は0.01%という「何ソレ?」っていうほどにしかなりません。それでも、普通預金に入れているよりはマシっていうくらいなもんですよね。

私が今していることは、500円玉を貯めることです。ある程度の金額になったら郵便局に預けています。これはけっこう貯まりますよ。500円玉は使わないと決めて、家に帰ったらその日の500玉を回収しています。

だいたい1日に1枚、多いと2枚回収できます。わざと500円玉のお釣りがもらえるように小銭を足して払ったりしています。コレって結局は、500円玉を貯めるために無駄使いをしているんじゃないの?っていうのをネットで見たことがありますが、私の場合そんなことはありません。なぜなら、お財布に500円玉が残っていても、どの道、なんとなく使ってしまうからです。

私は結構、浪費家でちょこちょことお菓子なんかを買ってしまったりカフェでお茶をしてしまったりしちゃいます。どうせ無駄使いして使ってしまうのだったら回収して貯めておいた方がいいとの結論にいたりました。50円玉や100円玉と違い、500円玉だと貯まる金額も早いです。

目に見えて貯まると、意欲も湧いてきますのできますので、さらに貯まります。皆様にこの方法が適しているかはわかりませんが、試してみる価値はあると思います。

全ては見直しから

以前から我が家では家計は主人が管理していました。

マイホームも購入し、車も所有していて

家族で毎年旅行にも行けて

趣味のネットショッピングで買い物をして…

何不自由ない生活に満足をしていたある日。

ある事件をきっかけに、我が家の赤字部分が出るわ出るわ!!!!!!!

ま、ここまで好き勝手していて当たり前ですよね…

しかしこのことをきっかけに、節約と貯蓄に目覚めました!

恥ずかしながら、今まで主人に任せっきりだったので無知だらけの私は、とりあえず何から初めていいのかわからずに家計簿を付けるためのノートやペン類、やりくり費を仕分ける袋を買いました!早速無駄遣い!(笑)

でも調べていくうちに、光熱費や食費の節約の前に固定費の見直しが大事だと分かりました。

今まで無知だったわけですから、ここも無駄遣いだらけでしたね。

使ってない通信機器に月3000円も支払ってました…頼むよ旦那氏。

何も把握していなかった私は、それはそれは鬼のように調べあげて少しでも固定費を減らしました。

趣味だったネットでの買い物もやめ、お金の流れを把握することにより、無駄か必要かすごく敏感になり、その次の変動費にも目を向けれるまでに成長!支出が減った分貯蓄に回せるようになりました。

本当に無知って恐ろしい!

節約や貯蓄にはまず、自分のお金という意識をもっと明確に意識して、そのお金がどこへ流れているのか知ることによって、少しずつでも積み重ねて行くものだと感じました。

収入と支出を把握!家計簿で節約する方法

毎月、給料が入ると、つい気が大きくなって余分に使ってしまうことはありませんか?次の給料日1週間前にはほとんどなく、1日の食べる回数も減らさないと・・・なんてことにならないよう、お金の出入りを把握するのは、有効なお金の管理方法と言えます。ではどうやって管理するのか?それは、ある意味古来から行われている、金銭出納帳=家計簿をつけることです。

自分は、10年以上前から、エクセルで簡易な家計簿を作成し、日毎に収入と支出を記録してそれを月集計し、収支管理しています。しかし、IT化が進んでいる今は、PC用の家計簿ソフトや、スマホ用の家計簿アプリ等、便利なものも出回っています。中でもスマホアプリならば、だいたい無料でダウンロードできるのでお勧めです。

収入は、通常だと毎月の給料だけになるかと思いますが、支出の方はいろんな方法がありますよね。直接現金での支払い、クレジットカード払い、銀行引落etc.

これら全ての支払い方法による支出を全て家計簿につけるのです。すると、収入金額と支出金額の月合計がひと目で分かるので、その月の金額が、どちらが多いか分かりますよね。今の家計簿アプリなどは、支出の種類ごとにグラフで出たりしますので、例えば飲食代にいくら使ったか、など、どの種類により多く支出しているか、その傾向が把握できます。

その数字を見た上で、必要以上に使っている項目を減らします。例えば、外食に週3回行っているとして、それが1回あたり4,000円使っていると、週12,000円、月4週として単純計算すると50,000円近く支出していることになります。これを隔週に1回減らすだけでも4,000×2回=8,000円も前月より節約できます。

このように、支出の傾向を目で見て分析するだけでも、自分の支出の傾向や、余分に使っている金額を節約するのにとても役立ちます。ぜひ1度試してはいかがでしょうか。

家計の見直しはまず固定費の見直しから

毎月の家計から出ていくお金には固定費と変動費がありますよね。

固定費とは、家賃や住宅ローン、保険、教育費、通信費など決まった額。

変動費とは水道光熱費や外食費、交際費などその月によって変動する額。

ガスや電気代の節約は大事ですが、お風呂に入らない訳にはいかないし、夜に電気をつけないようにするなんて出来ませんよね。

一方固定費の保険料は見直すことで何千、何万も減らすことが出来ます。 

通信費にしても、大手キャリアで月1万円支払っているのを格安スマホに乗り換えることで月3千円に抑えることが可能です。

年間で考えると大手キャリアという理由でスマホを持っているだけで12万円、一方格安スマホなら3万6千円なので8万4千円も節約になります。

私は2年前に大手キャリアから格安スマホに乗り換えたので既に16万8千円は節約できてます。

保険屋さんに電話したり、店舗に出向いてスマホを解約したりと固定費を見直すのは手間がかかって最初は面倒ですが、節約につながる額はとっても大きいので、一度考えてみるといいと思います。

貯蓄については、月のお給料から固定費と変動費を引いた額をやりくり費として考えてそのやりくり費の中から、食費、外食費、交際費など振り分け、それ以上の額は決して引き出さないことを守れば先取り貯金が簡単にできます。