忙しい私でも貯蓄のために始められたアルバイト

わたしは今少しでも貯蓄が出来るように、と日々の生活の中で様々なことに取り組んでいます。

食費や光熱費などの生活費をなるべく抑えることは勿論ですが、携帯料金に無駄はないかなど、固定費を削れる所はないかの確認をしたりしています。

また、支出を少なくするに越したことはないのですが、収入も少しでも多くしようと思い、ささやかなことではありますが副業を始めました。

といっても会社員なので、なかなかアルバイトをすることができませでした。そこで、すき間時間を上手く使うことができたら、と思って始めたのがアンケートモニターやライティングの仕事です。

ランチタイムのちょっとした時間でできるので、負担も少ないですし、毎日コツコツと続ければお小遣いにもなります。

本当に一日一時間以上はしていないくらいなのに、お金になるというのは効率的ですし、私にはピッタリの方法でした。

まだビックリするような高額にはなかなかなりませんが、塵も積もれば山となる、というように、少しずつこれからも続けていこうと思います。

今主婦の人にも人気な在宅ワークですが、これからどんどんネットワーク社会になっていくでしょうし、そういった仕事も増えていくかもしれませんね。

ここで稼いだお金も貯蓄して将来に備えています。

私なりの節約方法とそれによる利点

現在、一人暮らしをしているので節約にはとても気を遣っています。

まず実際に節約をする前に固定支出をきちんと把握しています。

月々の大まかな目安がわかっていると無駄をしたことがすぐ分かるからです。

これを踏まえた上で、まず、食費、娯楽費、日用品などの金額を大体設定しています。

設定するときは、ギリギリではなく少し余裕を見て金額設定をすることで、緊急時にも対応ができ、もし余っても貯蓄に回せるので一石二鳥です。

特に食費は月によってバラツキがあるので上手くやりくりができると気持ちも嬉しくなります。

そして、1度上手くいくともっと上手くやりくりしたいと思うので、買い物で無駄をなくすことができ、良いサイクルが出来ると思います。

もう一つ、個人的に良い方法だと思っているのが、デビットカードの利用です。

デビットカードを利用することで、まず、使える金額が決まります。

また、カードにすることで、現金よりも今ある金額の把握がしにくいので、例えばコンビニでお菓子を買うなどの小さな無駄を省くことができます。

カードに事前にお金が入っているので、余った分をわざわざ貯金する手間も省けますし、貯まった分だけ次の月に繰越できるので、お金の余裕も生まれやすくなります。

忙しい時ほど節約を心がける

統計では、収入が高い人ほど貯金が少ないと言う指摘があります。忙しく働き、多くのお金を得ている人ほど、例えば「今から家に帰って夕食を作るのはめんどくさい」と思ってしまい、つい帰り道に外食をしてしまったり、お弁当を作ると時間がかかるからと、つい社食やレストランでランチを済ませてしまうなど、お金で解決してしまう傾向があるからです。また、年収の高い独身女性の中には、家に帰るのにタクシーを使ったり、ついスタバに寄りすぎてしまったりして貯金がほとんどできていない、と言う人も珍しくないのです。

忙しいと、ついお金で解決しようと思ってしまうこともあるかもしれません。疲れているときに自炊はしたくないですよね。しかし、そのようなときこそ節約を意識する必要があります。お金があるからお金で解決と考えていると、絶対にお金はたまりません。それどころか、お金をどんどん失っていくことになるのです。

特に独身者の場合、スタバでお金を使ってしまう事は多いようです。おしゃれですし、なんとなく高級な感じがして、つい通いつめてしまうと言う人もいるようですが、出品の点では気をつけなければなりません。外食は贅沢と捉え、貯金を考えていきましょう。

レジャーは近くの公園でイベント気分

子供のいる家庭で意外にも痛い支出が、レジャー関連費です。子供が学校に入る頃までは、基本的に休みは家族で行動するので、子供が「どっか行きたい!」と言うたびに「遊園地か買い物…出費がかさむなぁ」と悩みのタネですよね。家族で休日を楽しむには、何も毎回特別な場所に出かける必要はありません。少し工夫するだけで、お金をかけずレジャーを楽しむことができますよ。

休日の過ごし方で1番おすすめしたいのが、公園でのピクニックです。田舎にも都心にも、大抵の場所には芝生のある公園があります。ただ公園に行くだけでは退屈なので、「パンケーキパーティー」「ハンバーガーパーティー」などテーマを決めてみましょう。大量のパンケーキやバンズと、トッピングを持って出かければ、芝生の上でパーティー気分を楽しめます。「バドミントン大会」「フリスビー大会」などと銘打って、スポーツに興じるのも家族で楽しめておすすめです。

外で遊べない雨の日は、近くの図書館に出かけてみましょう。雨だから仕方なくという雰囲気を出すと子供のテンションも下がってしまうので、「今日は読書デー。お気に入りの本を見つけに行こう!」など何でもイベント感を出すのがポイントです。

せっかく家族で過ごせる機会。お金の心配をしたりダラダラ過ごしたりせず、楽しく安上がりのイベントにしてしまいましょう。

節約のコツは買わずに作る事が大事!

私は専業主婦です。毎日節約を心がけて生活するコツとしては、とにかく面倒臭がらずに何でも作る!という事です。

おかずやお菓子も、買えば美味しいし楽だしいいんですが、やっぱりコストを考えると全然節約になりません。

一人暮らしの方は、かえって既製品を買う方が食べ切れたりコストの面で安くつく事もあるかもしれないけど、家族がいる人は断然作るのがお得で節約につながります。

例えば小麦粉一つ買えば、相当な量のパンやクッキー、ケーキを食べられます。
それでもって既製品の商品のように、保存剤など入っていないので体にも良いし、子供がいる人は一緒に作っても楽しいし、本当に一石二鳥です。

あと、家庭菜園も節約にすごく役立ちます。
ネギや青じそ、水菜や春菊などの緑の葉物などは、ちょと料理に使いたい時にわざわざ買わなくてもすぐ新鮮なものを使いたいだけ使えるのは、本当に便利だしコストもかからずいいです。
わりとどれも育てやすいし、使ってもまた育ってくるので、繰り返し採取することができたりします。
管理も土が乾かない程度に水やりするだけでいいので、お得です。
そして何より農薬など使わず安心ですし、良いことばかりです。

主婦としてはこういうちょっとした積み重ねが結構大きくて出費を抑えることができるので、大事にしてます。

私が行っている節約と貯蓄について

私は日々節約を行なっています。ささいなことでまずは水道光熱費から節約することにしています。身近なもので料金を減らすのはここからしかないと感じたからです。水道に関してはよほどのことはしていません。あるとすればトイレです。

トイレは大と小で水が流れる量が区別してあります。大はだいたいの水の量が一回につき一リットルくらいです。小はそれよりも多少少ない量でしかしようしていません。なので私はなるべくトイレは小でながすようにしています。食器を洗う際はなるべくこまめに水道はとめながら洗うようにしています。

電気はなるべく部屋の一箇所でしか使わないようにしています。そして一箇所をつけたらこまめに消さないようにしています。逆効果になってしまう可能性があるからです。日中はなるべくカーテンを開けて太陽の光を、洗濯物に関しては浴室乾燥機を使うのではなくて外に干して乾かすようになど今までしてきていた無駄をなくすようにしています。

ガスは最近は電子レンジを使うので急激に安くなっています。食器を洗う際も暖かい水は使わないのでガスは使いません。貯蓄に関しては、通帳を分けて、貯める専用の通帳を作っています。なのでどんどん溜まっていくのが最近楽しくなってきました。

ラクをしていたらお金は貯められないから

お金を貯めるにはラクをしてはダメですね。ラクをしてお金が貯まるならみんなラクな生活をするでしょう。みんな必死に働いているのはラクをすればそれなりの生活レベルになってしまうことを知っているからです。ケチケチ節約をするのも生活の知恵ですがそれと同時進行でやっておきたいことがあります。

それは働くこと・・・働いて収入を得ることです。たとえわずかな収入でも貯めれば大きなお金になるでしょう・・・。わずかなお金だからと働くことを諦めたり残業をパスしてラクな方へ流れるとお金は貯まりません。

人間はラクな方へと流れる生き物だけどラクができた分収入は少なくなるはず・・・誰だって一生懸命に仕事をしてお金を手に入れているからです。私は本業に手を抜くことなくサイドビジネスをしていますが、人気芸能人が分単位で動くようにせかせかとゆとりのない生き方をしています。

長期休みで世間が浮き足立っているときも私は家でサイドビジネスをしています。みんなが寝ている時間も家で仕事をしています。このくらい頑張らないとお金は貯まりません。お金持ちの家の子に生まれればこんなに働かなくてもゆとりある生活ができるのでしょうが、そうじゃないから働くのです。

突発的に無駄な出費を抑えて節約

節約って意外に難しいですよね。私は一人暮らしを始めてその難しさに気づきました。光熱費を抑えるのはもちろんですが、自分の物欲に勝たなければいけません。そこで私が考えた節約は、無理して買わないという事です。

当たり前ですがなかなか出来ない事だと思います。これは例えばセールや期間限定でお得になっている時、つい今買わなければと買ってしまう事があります。しかし家には同じものがあったり、冷蔵庫の中に十分な食材があります。

よくよく考えるとこれって損をしているんじゃないかと思うのです。特に一人暮らしだと食べるのは1人です。沢山食材を買って作ってそれを食べきれるのかどうか、日持ちするものなら良いですが大概長くて1週間程度ではないでしょうか。

安いから、今しかお得になっていないからと買ってしまうのは節約になっていない。そこで買うポイントとしては本当に今必要なものかを吟味して買うという事です。例えば食材であれば自宅にあるものと照らし合わせて必要と思う時には買う、まだ残っているもしくは今度でもよい(ここでいう今度は1週間)と思うものは買わないといった感じです。

日用品は期限がなく日々消耗されていくものが多いので安い時に買うのがお得だとは思いますが、ポイントが2倍の時やキャンペーン時に買うともっと良いと思います。当たり前の事ですが、セールや価格に目がくらんで本当に必要かを考えないまま買ってしまう事ってあると思います。

実質私のその一人ですが。これをしっかりするだけで無駄な出費を抑える事ができると思います。セール時に合わせて消費できるようにスケジュールを組むのもいいと思います。お得な時と自分の必要なタイミングを見極めて節約していきましょう。

食費を節約

セール品やおつとめ品は確かに安いですが、品質が落ちているものや賞味期限が迫っているものなど、安いなりの理由がありますよね。安くて新鮮な食材を手に入れる一番の方法は、ベランダや庭で家庭菜園をすることです。もちろん種や苗を買ってきて、育てなければならないので、無料ではありませんが、十分な節約になります。特にハーブ系は簡単に育てやすいのでおすすめです。

次に、買い物をする日を考えることです。スーパーによって、ポイント2倍デイ・3倍デイや、5%オフ、半額市など様々なイベントがあります。その日をしっかり把握し、イベント日に目的のものを購入します。例えば、質の良いスーパーの半額市では、お肉をまとめて購入する、などです。

いくつかのスーパーを回っていると、スーパーの特徴が見えてきます。自分が欲しいものと合致するイベント日に、賢く買い物しましょう。

また、空腹時の買い物は出来るだけ避けるようにしましょう。お腹がすいていると、ついついいらないものまで手に取ってしまいます。どうしても回にいかねればならないときは、アメやガムなどで、空腹を紛らわすようにしましょう。

そして、最近人気なのがふるさと納税です。寄付額から2,000円を引いた金額が所得税、住民税から控除される上、豪華な特産品がもらえます。内容も充実しており、お肉や海鮮、フルーツ、お酒など、いろいろなお礼品があります。いつもより豪華な食材を使うのに、節約ができてしまうという素晴らしいシステムです。

ポイントは緩いルールづくり!誰でも実践できる節約方法とは

一週間使う食材をまとめて購入して1週間その中でやりきる・・・

そんな節約方法がありますね。ただ、本当に節約できるのでしょうか?

家族5人の家計を四苦八苦しながらやりくりしていた私も以前試してみたことがあります。

その結果・・・全然節約できない!!!!

というのが結論でした。

なぜできなかったかというと、

1.そもそも一週間分の食材が冷蔵庫に入り切らない。

2.牛乳、卵など毎日使うものは結局週半ばで買い足さないといけない。

3.冷蔵庫にぎゅうぎゅうに詰めると電気代が上がる。

この3点が問題でした。それともう一つ、これは私が声を大にして言いたいのですが、

魚などの生鮮食品はその日に目で見て、美味しいもの、安いものを購入すべき!

ということでした。

家族にも新鮮でおいしいものを食べてもらいたいし、もし美味しくないものを子どもが食べず、そのまま廃棄…なんてことになったらそれこそ節約の意味がありませんよね。

では、どうすればよいか?

我が家ではあるルールを決めました。

「一日の食材は2000円まで。どうしても買うべきものがあればそれは買ってよし。」

という、割と緩いルールです。

もともとまとめ買いしていたころは、

「今日は6000円分買ったからあと2日は買い物行かない!」と宣言したりしていましたが、

結局は足りないものがあると買いに行かざるを得ないんですよね。

でも、1日の食費を定めることで、大体の目安になり、無駄な買い物をしなくなりました。

今ではかごに入っている量で「大体2000円くらいかな」と判断できるように。

でも、節約生活ばかりではちょっと息苦しい・・・と思うこともありますよね。

そんなときには思い切って焼肉やお刺身などを買って気晴らしをしています。

2000円以上になってしまいますが、外食するよりもよっぽど安いですし、お手軽ですからね。

そう、この節約方法は、ルールの緩さがポイントなんです。

今のところ、我が家の家計はこんな感じで、緩く、節約することができています。

皆さんもぜひ、一日の食費を決めて生活してみてはいかがですか?

意外とうまくいくかもしれませんよ。