確実に貯蓄を増やすために私がやっていること

我が家は4歳児と1歳児の二人の娘と、夫と私の四人家族。とくに贅沢してるわけでもありませんが、私が専業主婦で、上の子が私立幼稚園に通い習い事もしているので、出費はかさみがちです。でも、子供たちの将来のため、自分たちの老後のためにできるだけ貯蓄は増やしたい。家を建てたので住宅ローンもまだまだ残っているし。

そんなわけで、確実に貯蓄を増やすために私がやっている方法を紹介します。

我が家はあらかじめ貯金額を天引きにしておくことと、通帳口座をいくつも持つことによってお金を管理しています。それが貯蓄を増やすのに効果的だと感じています。

夫の給料から、貯金したい額をあらかじめ財形貯蓄という形で天引きにしています。なので、振り込まれるお金は基本的に「使っていい物」という感覚です。それが気持ちのゆとりにつながっています。

給料の振込先は、まず一か所がメインバンク。ここに給料の殆どの額が入ります。住宅ローンや光熱費などの引き落としはこちらから。食費などの日々の生活費もこちらからおろして使います。あらかじめ天引きしてあるので、月々の生活のぎりぎりの額しか振り込まれませんが、逆に言えばこの口座のお金は全部使いきってもいいわけです。

もう一か所は「短期貯蓄用」の口座。ここには給料のうちの一部が入ります。給料のほかにも、太陽光発電をしているのでその売電費もこちらに入ります。ここからお金を引き出すことはめったにありません。だからある程度の額がたまっています。ですが「短期貯蓄用」なので、例えば車検とか、結婚式のご祝儀とか、家電が壊れたので新調するとかそういうときにおろして使います。

ごくまれに、メインバンクのお金が足りなくなったときにここから引き出すこともあります。ですが、夫の残業代がたくさんあった月にまたここに戻しているので、年単位で見ればプラスマイナスゼロです。

そしてさらにもう一つの口座。これは二人の子供の児童手当が振り込まれます。この口座の存在は基本的に忘れていることにしています。なので、知らず知らずのうちに貯金が貯まっています。いずれ進学するときに使うつもりです。

あと、もう一つ。我が家は義父母の携帯料金もまとめて私たちが支払っています。それを年に一度、まとめて返してもらっています。月々にするとたいした額ではありませんが、一年分まとめるとそこそこの額です。これをまとめてどーんと貯金しています。

このようにして、天引きすることと口座をいくつも持つことでお金を管理すると、わりと苦労せずに貯金ができるように思っています。