貯金上手な人がやっていること

無駄使いをしている覚えはないのに給料日の前は財布が寂しい、ましてや貯金なんてとても増えないという人に、簡単にできるお金の増やし方をご紹介します。

まず、毎月の出費状況を把握しましょう。といっても難しくはありません。いわゆる「こづかい帳」を書くのです。

ポイントは極力簡単にすることです。でないと続きませんから。

日付と使った目的、金額だけを記入していきます。お店ではレシートを必ずもらい、帰宅してから書き込みます。したがって自販機で飲み物を買うのはやめましょう。

それで月末に合計金額だけを計算します。最初はここまでやってみましょう。慣れてきたら明細を見直して無駄な出費を把握していきます。

嘘みたいですが、たったこれだけで出費が抑えられますよ。

毎月の出費が把握できれば、毎月貯金にまわせる金額もだいたい想像できます。

それで、給料が入ったら、最初に貯金をしてしまいましょう。もちろん無理のない範囲で、ちょっと少なめの金額にしてください。

できる事なら、別に定額の積立貯金をしてみましょう。1万円でも、それ以下でも構いません。また、勤め先に財形貯蓄などの積立制度があれば、ぜひ利用しましょう。

なんどもいいますが、少なめの金額がよいですよ。

「こづかい帳」も積立も、すぐには効果は現れませんが、1年でも続けると意外に効果がでてきます。要点は手間をかけない事と少額・定額貯金です。

さっそく今日からやってみましょう。