大食漢の節約は辛いけどなれればこれまた楽しい

やはり食費を節約するのが大きいです。まず家族がよく食べるのでなるべく出費を抑えたいと思い、食費に着目しました。狙うは半額商品です。近所にスーパーが多く、どこのお店で何時から半額シールが貼られるのか大抵把握しています。その時間になるとなんとなく現れる人々。

彼らもやはり半額目当てなのです。いつのまに顔なじみになってしまいます。それからクーポンをよく利用します。会員登録をしておくといくらか割引になったり、ポイントが加算されるのでそれを目当てに買い物します。それから見切り品。賞味期限間近のため値下げコーナーなどよくありますよね。そのコーナーを必ずチェックします。お菓子などはそこでゲットします。

それから業務スーパーもよく利用します。お弁当のおかずやお惣菜がキロ単位で買うことができます。一度に多く一般の家庭なら食べる前に腐らせてしまう可能性が否めませんが、我が家は大食漢が多いのでそういった心配はありません。普通のサイズで売られているものを買う方が割高です。

あとは調理法です。野菜は皮をむきません。そのまま使って捨てるところをなるべく少なくします。大根の葉は佃煮、お茶っぱも出がらしは佃煮のようにしてゴミを少なくすると同時に惣菜に変身させています。