毎日の見直しが大事な、節約・無駄遣い防止法

私は貯金をするのはすごく苦手です。欲しい物があったら考えずに買ってしまうところもありますし、飲みにいくことが好きなのでどうしてもいい飲みのお誘いがあったときにはいってしまいます。

そこで自分の対策としては、「日々の支出の管理を徹底させること」その中で「自分の無駄遣いを止めるようにすること」ではあったのですが、この1週間自分の管理の甘さから支出の管理を怠ってしまいました。それと同時にまた欲しい物を買うということをしてしまって、無駄遣いをいっぱいしてしまうということがありました。

結果、自分の節約への意識というのは日々の支出の管理がすごく大事であるということは解ったのです。この管理というのもとても簡単なもので自分のおおまかな支出の欄の作成、日々そこに打ち込む。そして毎日でる小銭を貯金箱に入れる。これだけのことなのです。あとはコンビニにあまり行かないようにするために私は喫煙をするのですが、たばこは一回で数個購入し、通う回数というのを減らす。ということをしています。

この簡単な管理表だけでも自分の気持ちというのは制御できるので、今後毎日行えるように次なる対策を組んでみようとは思います。毎日の積み重ねで無駄のない生活ができるようになるとおもっています。

上手く買い物をすれば節約&貯蓄が出来ちゃう

私がしている節約方法は、まず一番生活の上でお金を使うところは食料品だと思います。
スーパーに行って安いからと言ってついついこれも、あれもと買ってしまいがち。
それを一切やめました。今日の買い物は何日分と決めて、どんなおかずを作るかを考えてそれに必要なものだけを買っていきます。
たまにあっ!これ前欲しかったやつ・・・。となっても、今必要でなかったら買いません。必要なものを紙に書いていくのも良いと思います。
また必要なものを買いに行ったとしても、たまにこんなに高いの?となる時もあると思います。その時は買いません!

この様にいる物だけ、そして何円以上の物はあまり買わない。など決めて買い物をしていくとかなり節約することが出来ました。
1週間で3人分の食事の費用でだいたい4000円未満で抑える事が出来ています。また100均を上手く利用します。
スーパーで買うよりも同じものなのに100均の方が安かったりすることもあるので、だいたいの値段を頭において買い物をするようにしています。
貯蓄麺で言えば、500円玉貯金です。これはやっている人も多いかもしれませんが、いざと言うときかなり役に立ちます。

また意外と貯まるので、お釣りも500円玉が出るように支払いをしてためていくようにしています

忙しい私でも貯蓄のために始められたアルバイト

わたしは今少しでも貯蓄が出来るように、と日々の生活の中で様々なことに取り組んでいます。

食費や光熱費などの生活費をなるべく抑えることは勿論ですが、携帯料金に無駄はないかなど、固定費を削れる所はないかの確認をしたりしています。

また、支出を少なくするに越したことはないのですが、収入も少しでも多くしようと思い、ささやかなことではありますが副業を始めました。

といっても会社員なので、なかなかアルバイトをすることができませでした。そこで、すき間時間を上手く使うことができたら、と思って始めたのがアンケートモニターやライティングの仕事です。

ランチタイムのちょっとした時間でできるので、負担も少ないですし、毎日コツコツと続ければお小遣いにもなります。

本当に一日一時間以上はしていないくらいなのに、お金になるというのは効率的ですし、私にはピッタリの方法でした。

まだビックリするような高額にはなかなかなりませんが、塵も積もれば山となる、というように、少しずつこれからも続けていこうと思います。

今主婦の人にも人気な在宅ワークですが、これからどんどんネットワーク社会になっていくでしょうし、そういった仕事も増えていくかもしれませんね。

ここで稼いだお金も貯蓄して将来に備えています。

私なりの節約方法とそれによる利点

現在、一人暮らしをしているので節約にはとても気を遣っています。

まず実際に節約をする前に固定支出をきちんと把握しています。

月々の大まかな目安がわかっていると無駄をしたことがすぐ分かるからです。

これを踏まえた上で、まず、食費、娯楽費、日用品などの金額を大体設定しています。

設定するときは、ギリギリではなく少し余裕を見て金額設定をすることで、緊急時にも対応ができ、もし余っても貯蓄に回せるので一石二鳥です。

特に食費は月によってバラツキがあるので上手くやりくりができると気持ちも嬉しくなります。

そして、1度上手くいくともっと上手くやりくりしたいと思うので、買い物で無駄をなくすことができ、良いサイクルが出来ると思います。

もう一つ、個人的に良い方法だと思っているのが、デビットカードの利用です。

デビットカードを利用することで、まず、使える金額が決まります。

また、カードにすることで、現金よりも今ある金額の把握がしにくいので、例えばコンビニでお菓子を買うなどの小さな無駄を省くことができます。

カードに事前にお金が入っているので、余った分をわざわざ貯金する手間も省けますし、貯まった分だけ次の月に繰越できるので、お金の余裕も生まれやすくなります。

忙しい時ほど節約を心がける

統計では、収入が高い人ほど貯金が少ないと言う指摘があります。忙しく働き、多くのお金を得ている人ほど、例えば「今から家に帰って夕食を作るのはめんどくさい」と思ってしまい、つい帰り道に外食をしてしまったり、お弁当を作ると時間がかかるからと、つい社食やレストランでランチを済ませてしまうなど、お金で解決してしまう傾向があるからです。また、年収の高い独身女性の中には、家に帰るのにタクシーを使ったり、ついスタバに寄りすぎてしまったりして貯金がほとんどできていない、と言う人も珍しくないのです。

忙しいと、ついお金で解決しようと思ってしまうこともあるかもしれません。疲れているときに自炊はしたくないですよね。しかし、そのようなときこそ節約を意識する必要があります。お金があるからお金で解決と考えていると、絶対にお金はたまりません。それどころか、お金をどんどん失っていくことになるのです。

特に独身者の場合、スタバでお金を使ってしまう事は多いようです。おしゃれですし、なんとなく高級な感じがして、つい通いつめてしまうと言う人もいるようですが、出品の点では気をつけなければなりません。外食は贅沢と捉え、貯金を考えていきましょう。

レジャーは近くの公園でイベント気分

子供のいる家庭で意外にも痛い支出が、レジャー関連費です。子供が学校に入る頃までは、基本的に休みは家族で行動するので、子供が「どっか行きたい!」と言うたびに「遊園地か買い物…出費がかさむなぁ」と悩みのタネですよね。家族で休日を楽しむには、何も毎回特別な場所に出かける必要はありません。少し工夫するだけで、お金をかけずレジャーを楽しむことができますよ。

休日の過ごし方で1番おすすめしたいのが、公園でのピクニックです。田舎にも都心にも、大抵の場所には芝生のある公園があります。ただ公園に行くだけでは退屈なので、「パンケーキパーティー」「ハンバーガーパーティー」などテーマを決めてみましょう。大量のパンケーキやバンズと、トッピングを持って出かければ、芝生の上でパーティー気分を楽しめます。「バドミントン大会」「フリスビー大会」などと銘打って、スポーツに興じるのも家族で楽しめておすすめです。

外で遊べない雨の日は、近くの図書館に出かけてみましょう。雨だから仕方なくという雰囲気を出すと子供のテンションも下がってしまうので、「今日は読書デー。お気に入りの本を見つけに行こう!」など何でもイベント感を出すのがポイントです。

せっかく家族で過ごせる機会。お金の心配をしたりダラダラ過ごしたりせず、楽しく安上がりのイベントにしてしまいましょう。

節約のコツは買わずに作る事が大事!

私は専業主婦です。毎日節約を心がけて生活するコツとしては、とにかく面倒臭がらずに何でも作る!という事です。

おかずやお菓子も、買えば美味しいし楽だしいいんですが、やっぱりコストを考えると全然節約になりません。

一人暮らしの方は、かえって既製品を買う方が食べ切れたりコストの面で安くつく事もあるかもしれないけど、家族がいる人は断然作るのがお得で節約につながります。

例えば小麦粉一つ買えば、相当な量のパンやクッキー、ケーキを食べられます。
それでもって既製品の商品のように、保存剤など入っていないので体にも良いし、子供がいる人は一緒に作っても楽しいし、本当に一石二鳥です。

あと、家庭菜園も節約にすごく役立ちます。
ネギや青じそ、水菜や春菊などの緑の葉物などは、ちょと料理に使いたい時にわざわざ買わなくてもすぐ新鮮なものを使いたいだけ使えるのは、本当に便利だしコストもかからずいいです。
わりとどれも育てやすいし、使ってもまた育ってくるので、繰り返し採取することができたりします。
管理も土が乾かない程度に水やりするだけでいいので、お得です。
そして何より農薬など使わず安心ですし、良いことばかりです。

主婦としてはこういうちょっとした積み重ねが結構大きくて出費を抑えることができるので、大事にしてます。

私が行っている節約と貯蓄について

私は日々節約を行なっています。ささいなことでまずは水道光熱費から節約することにしています。身近なもので料金を減らすのはここからしかないと感じたからです。水道に関してはよほどのことはしていません。あるとすればトイレです。

トイレは大と小で水が流れる量が区別してあります。大はだいたいの水の量が一回につき一リットルくらいです。小はそれよりも多少少ない量でしかしようしていません。なので私はなるべくトイレは小でながすようにしています。食器を洗う際はなるべくこまめに水道はとめながら洗うようにしています。

電気はなるべく部屋の一箇所でしか使わないようにしています。そして一箇所をつけたらこまめに消さないようにしています。逆効果になってしまう可能性があるからです。日中はなるべくカーテンを開けて太陽の光を、洗濯物に関しては浴室乾燥機を使うのではなくて外に干して乾かすようになど今までしてきていた無駄をなくすようにしています。

ガスは最近は電子レンジを使うので急激に安くなっています。食器を洗う際も暖かい水は使わないのでガスは使いません。貯蓄に関しては、通帳を分けて、貯める専用の通帳を作っています。なのでどんどん溜まっていくのが最近楽しくなってきました。

ラクをしていたらお金は貯められないから

お金を貯めるにはラクをしてはダメですね。ラクをしてお金が貯まるならみんなラクな生活をするでしょう。みんな必死に働いているのはラクをすればそれなりの生活レベルになってしまうことを知っているからです。ケチケチ節約をするのも生活の知恵ですがそれと同時進行でやっておきたいことがあります。

それは働くこと・・・働いて収入を得ることです。たとえわずかな収入でも貯めれば大きなお金になるでしょう・・・。わずかなお金だからと働くことを諦めたり残業をパスしてラクな方へ流れるとお金は貯まりません。

人間はラクな方へと流れる生き物だけどラクができた分収入は少なくなるはず・・・誰だって一生懸命に仕事をしてお金を手に入れているからです。私は本業に手を抜くことなくサイドビジネスをしていますが、人気芸能人が分単位で動くようにせかせかとゆとりのない生き方をしています。

長期休みで世間が浮き足立っているときも私は家でサイドビジネスをしています。みんなが寝ている時間も家で仕事をしています。このくらい頑張らないとお金は貯まりません。お金持ちの家の子に生まれればこんなに働かなくてもゆとりある生活ができるのでしょうが、そうじゃないから働くのです。

突発的に無駄な出費を抑えて節約

節約って意外に難しいですよね。私は一人暮らしを始めてその難しさに気づきました。光熱費を抑えるのはもちろんですが、自分の物欲に勝たなければいけません。そこで私が考えた節約は、無理して買わないという事です。

当たり前ですがなかなか出来ない事だと思います。これは例えばセールや期間限定でお得になっている時、つい今買わなければと買ってしまう事があります。しかし家には同じものがあったり、冷蔵庫の中に十分な食材があります。

よくよく考えるとこれって損をしているんじゃないかと思うのです。特に一人暮らしだと食べるのは1人です。沢山食材を買って作ってそれを食べきれるのかどうか、日持ちするものなら良いですが大概長くて1週間程度ではないでしょうか。

安いから、今しかお得になっていないからと買ってしまうのは節約になっていない。そこで買うポイントとしては本当に今必要なものかを吟味して買うという事です。例えば食材であれば自宅にあるものと照らし合わせて必要と思う時には買う、まだ残っているもしくは今度でもよい(ここでいう今度は1週間)と思うものは買わないといった感じです。

日用品は期限がなく日々消耗されていくものが多いので安い時に買うのがお得だとは思いますが、ポイントが2倍の時やキャンペーン時に買うともっと良いと思います。当たり前の事ですが、セールや価格に目がくらんで本当に必要かを考えないまま買ってしまう事ってあると思います。

実質私のその一人ですが。これをしっかりするだけで無駄な出費を抑える事ができると思います。セール時に合わせて消費できるようにスケジュールを組むのもいいと思います。お得な時と自分の必要なタイミングを見極めて節約していきましょう。

食費を節約

セール品やおつとめ品は確かに安いですが、品質が落ちているものや賞味期限が迫っているものなど、安いなりの理由がありますよね。安くて新鮮な食材を手に入れる一番の方法は、ベランダや庭で家庭菜園をすることです。もちろん種や苗を買ってきて、育てなければならないので、無料ではありませんが、十分な節約になります。特にハーブ系は簡単に育てやすいのでおすすめです。

次に、買い物をする日を考えることです。スーパーによって、ポイント2倍デイ・3倍デイや、5%オフ、半額市など様々なイベントがあります。その日をしっかり把握し、イベント日に目的のものを購入します。例えば、質の良いスーパーの半額市では、お肉をまとめて購入する、などです。

いくつかのスーパーを回っていると、スーパーの特徴が見えてきます。自分が欲しいものと合致するイベント日に、賢く買い物しましょう。

また、空腹時の買い物は出来るだけ避けるようにしましょう。お腹がすいていると、ついついいらないものまで手に取ってしまいます。どうしても回にいかねればならないときは、アメやガムなどで、空腹を紛らわすようにしましょう。

そして、最近人気なのがふるさと納税です。寄付額から2,000円を引いた金額が所得税、住民税から控除される上、豪華な特産品がもらえます。内容も充実しており、お肉や海鮮、フルーツ、お酒など、いろいろなお礼品があります。いつもより豪華な食材を使うのに、節約ができてしまうという素晴らしいシステムです。

ポイントは緩いルールづくり!誰でも実践できる節約方法とは

一週間使う食材をまとめて購入して1週間その中でやりきる・・・

そんな節約方法がありますね。ただ、本当に節約できるのでしょうか?

家族5人の家計を四苦八苦しながらやりくりしていた私も以前試してみたことがあります。

その結果・・・全然節約できない!!!!

というのが結論でした。

なぜできなかったかというと、

1.そもそも一週間分の食材が冷蔵庫に入り切らない。

2.牛乳、卵など毎日使うものは結局週半ばで買い足さないといけない。

3.冷蔵庫にぎゅうぎゅうに詰めると電気代が上がる。

この3点が問題でした。それともう一つ、これは私が声を大にして言いたいのですが、

魚などの生鮮食品はその日に目で見て、美味しいもの、安いものを購入すべき!

ということでした。

家族にも新鮮でおいしいものを食べてもらいたいし、もし美味しくないものを子どもが食べず、そのまま廃棄…なんてことになったらそれこそ節約の意味がありませんよね。

では、どうすればよいか?

我が家ではあるルールを決めました。

「一日の食材は2000円まで。どうしても買うべきものがあればそれは買ってよし。」

という、割と緩いルールです。

もともとまとめ買いしていたころは、

「今日は6000円分買ったからあと2日は買い物行かない!」と宣言したりしていましたが、

結局は足りないものがあると買いに行かざるを得ないんですよね。

でも、1日の食費を定めることで、大体の目安になり、無駄な買い物をしなくなりました。

今ではかごに入っている量で「大体2000円くらいかな」と判断できるように。

でも、節約生活ばかりではちょっと息苦しい・・・と思うこともありますよね。

そんなときには思い切って焼肉やお刺身などを買って気晴らしをしています。

2000円以上になってしまいますが、外食するよりもよっぽど安いですし、お手軽ですからね。

そう、この節約方法は、ルールの緩さがポイントなんです。

今のところ、我が家の家計はこんな感じで、緩く、節約することができています。

皆さんもぜひ、一日の食費を決めて生活してみてはいかがですか?

意外とうまくいくかもしれませんよ。

会社員の給料で貯蓄をする効率のいい方法を探して

会社員は副業の制限があり、月々の給料の中で節約をして貯蓄をするという方法しかありませんよね。

私は仕事を辞めて長期旅行をするため、貯蓄をしていました。
では、私がしていた節約方法を書いていきます。

食費。

勿論、健康に生活するのが一番大切です。

私はほとんどコンビニを使わずに生活していました。

仕事を始めたての時はコンビニ弁当にもお世話になったのですが、ついで買いを防ぐため、なるべくお弁当を持参していました。

毎日作る時間と気力がなかったので、一週間に一度まとめて作ってお弁当箱5つに詰め、そのまま冷凍していました。
そして、毎朝レンジでチンして持って行っていました。

そして、インターネット関係の節約。

ケータイ代って高いなと思いながら、10年くらい何も考えずに使ってきましたが、今は沢山の選択肢があります。

私は一人暮らしで、パソコンでもネットを使うので、持ち運びできるwifiのルーターを契約して使っていました。

通話のみドコモなどのキャリアと契約して、ネットはスマホもパソコンもルーターがあればどこでも使えますし、家のネット回線とケータイのネット契約をするよりも、数千円安くなります。
一人暮らしの人にはおすすめです。

クレジットカードを極力使わない方法

クレジットカードを持っているとどうしても通販での買い物が増えてしまいます。

使ってしまうと今、いくら支払いをしているのがか分からなくなる、ということも考えられます。

そこでクレジットカードを使った買い物は月に何回まで、と回数を決めるようにしています。

そうすることでクレジットカードでの支払いに自分自身で制限を設けることができるようになります。

引き落としの時になって、こんなにもクレジットカードでの支払いがあったなんて、と驚くことになってしまわないように十分注意をしたほうがいいと思います。

クレジットカードを持たないようにするのが一番の節約になる、という人もいますが、通販でしか購入をすることができないものや、通販で購入をしたほうがかなり安くなるというものもあるので、持っておくのはよいと思います。

ただ、いついくら使ったのかということを把握しておかなければいけません。

把握をしておくことによって、使いすぎを避けることができると思います。

最近では今、どれくらい使ったのかということがオンラインで分かるようになっている、クレジットカード会社もあるので、こまめにチェックをしたほうがいいと思います。

チェックをすること自体が戒めにもなります。

値段で判断しなくなってからお金が貯まった

安いものを買うと「お金の節約ができた」と思っていました。
たとえばスーパーのお総菜やお弁当を半額で買うと得したとか、日用品でも最近は割引をするので安く手に入ればその分得をしたと喜んでいたんです。
モノを安く買ったり元々安いものを有効活用できると、すごく良いことをしたような得したようななんとも言えない気持ちになっていたのです。

ですが、それでお金が貯まったかと言えばそうではありませんでした・・・。
安物買いの銭失いという言葉がありますが私の生活はまさに安物買いの銭失いそのものだったのです。
「安いモノにはワケがある」「高いモノにもワケがある」とはっきり分かったのは恥ずかしながらまだ最近のことです。

安いモノは、たとえば食品ならやっぱり安いなり・・・高い値段がついた食品はそれはそれでやっぱり高いなりのことはあります。
値段だけ見て食品を買っていた私はとんでもない間違いをしていたと今なら分かります。

例外として、本当に質が良いもの栄養価が高くて良い食品が安くなっていることもあります。
そういうモノを安く手に入れられたらそれは良い節約になります。
値段が高いから買わない値段が安いから買うということをやめてからお金が貯まり始めました。

塵も積もれば大金になる500円玉貯金!

“私が20歳の頃からしている節約方法は、500円玉貯金です!
やり方は本当にシンプルで簡単なものです。貯金箱に500円玉が出たら入れるだけ!
オススメは貯金箱は中が見えるようなスケルトンタイプが経過を見れるのでいいですよ。
500円が出たら毎日財布チェックをして貯金箱に入れるスタイルですが、私は買い物とか行くと
500円玉が出るように計算しています(笑)一日に1枚入れるだけでも一カ月で15000円ほどになりますよ~!
貯金箱に開始した日を記入しておくとあとで集計したときの目安になります。
たった500円と思う人もいるかもしれませんが、塵も積もれば山となるのように大金に化けますよ!
私は今までもう5代目くらいの貯金箱ですが完全に500円玉貯金の魅力にハマってしまいました。
堅苦しくなくあるときに気軽に溜めれる感じが続けられる大きなポイントだと思います。
溜まったときの達成感はやめられません!30万円分の貯金箱をパンパンにしてこの間銀行で計算したら40万近くありました!
なかったものとして考えると大きいですよね~!
私は溜めたもので旅行に行く資金にしたり、ご褒美でおいしいものを食べたり欲しいものを買ったりしていますよ。”

スーパーでムダ遣いをしないお買い物術

夕飯は何にしよう?何を買おう?と悩みながらスーパーに行って、あれこれとたくさん買い込んでしまうことはありませんか?
安かったからつい買ってしまう。必要がないのに買ってしまう。気がついたら予算オーバーなんてことも。
できれば無駄遣いは減らしたいですよね。そんな時に知っておきたいお買い物術を紹介します。

買い物に行く前に、あめを食べたりガムを食べて、食欲を落ち着かせてから行くようにしましょう。
お腹が空いている時は、色々な商品に目移りしてしまうので、余分なものを買ってしまいます。
まず落ち着いてから出かけましょう。

食事のメニューを決めてから行きましょう。メニューが決まっていれば、必要なものが決まるので、目的のものだけを無駄なく買うことができます。
余分な出費を減らすことにもつながります。

どうしてもメニューが決まらない場合は、惣菜コーナーから回ってみましょう。
並んでいるお惣菜がヒントになるかもしれません。

カートは使わずに買い物をしましょう。こまめに買い物に来ることができる人は、カートを使わず、買い物かごを持って店内を見て回るのがおすすめです。
買い物かごが重たくなるので、余分なものを入れなくなります。
持っているのも大変なので、早めに買い回るようになります。

余分な出費はすこしでも抑えたいですよね。
簡単にできる節約術を取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分がやっていて意味の無かった節約

“私は現在25歳の男性です。大学生の頃、私は遊ぶ金欲しさに様々な節約をしていました。
しかしやってみて思ったことはそのほとんどがあまり意味の無い節約術でした。
今回はいくつかその節約術を紹介したいと思います。

まず1つ目に試したことお昼の食費を削ることでした。
私自身は、あまり食べなくても大丈夫な体質だったので大学に入った頃からお昼ご飯を食べることがあまりありませんでした。
1ヵ月に2回程度食べれば良いと持っていたのですが昼からの授業にお腹がすくなどの支障をきたし、また帰ってからパンなどの
お菓子を食べることが多くなったので実際には少し太ったりするなど、健康面ではあまり意味がありませんでした。
また、結局帰ってからパンなどを食べたりするのでそのお金を使う分の出費がありました。
結果、金銭面でもあまり意味がありませんでした。

2つ目は安いものばかりを使ったことです。私はイヤホンやバックなど基本的に安いものばかりを学生の時に使用していました。
しかし、イヤホンはすぐに片方の方の音が聞こえなくなり買い換えなければいけなくなりました。また、バックはすぐに周りが剥げて
ボロボロになり最終的には底が抜けたり肩にかける紐などが壊れてしまい1年ごとに買い換えなければならなくなりませんでした。
このような経験を踏まえて今では、全てなるべく長持ちするように高いものを使っています。

今現在私は、学生時代の時にこのような節約をしてしまったことをとても後悔しています。
節約をするときには、なるべくストレスにならずほどほどにやることが大事だと思います。”

毎月決まった額を貯金しています

正直我が家はあまり収入が多いほうではないと思います。

毎月とても苦労しながら、決まった生活費の中でやりくりをしています。

なので生活に余裕のある方とは違って、色々と節約をしなければなりません。

正直節約をするのはとてもストレスがたまるのですが、それをしないと満足のいく貯蓄が出来ないので日々我が家なりに頑張っています。

まず一番最初にしていることは、毎月決まった額の貯金をすることです。

これを最初にしてしまい、すでに無いものとして生活を始めるのです。

残ったお金で貯金しようと思ったら、それは人間なかなか出来ません。

やはり手元に少しでも余裕のあるお金があると、何かしらに散財してしまうのです。

なのでまず、決まった額を設定して、そのお金を先に貯金するようにしています。

そして肝心の節約に関してですが、我が家で行っている方法としてあまり頻繁に外食をしない、買い物をしないということが挙げられます。

外食というのは本当に高いものです。

これを度々しているとかなり食費がかかってしまいます。

そして買い物に関しても、頻繁にスーパーなどに行ってしまうと、今絶対に必要でないものでも買いたくなってしまう恐れがあるので、日々買い物はまとめ買いにして、そこまで頻繁にスーパーに行かないようにしています。

おうちでのんびりお金をかけない生活

週末はとりあえずお金がかからない生活というのを心がけています。どうしたら休日にお金をかけないで済むかな?と考えて行動しているのですが、ひとまずお出かけしない方がお金がかからないので、おうちでどれだけ快適に過ごせるかというのに挑戦している感じです。

コーヒー一杯でも、とりあえずコーヒー豆を買っておいて、ゆっくりと入れるだけで贅沢な気分になります。コーヒー豆はちょっとだけ奮発してスタバのものを購入するのですが、100gから対応してくれて500円くらいで買えるので重宝しています。

それから無料で気持ちよくなれることとして、天気が良ければ布団を干すとかですね。これだけでフカフカのお布団にダイブできて気持ち良い感じ。あとは、撮りためたテレビ番組を見たりすることでストレス発散になってます。さらにいえば、休日なんかは平日のためにつくりおきすることが多く、これをするだけでかなりの節約に。時間も使うし節約になるしで一石二鳥って感じですね。

とにかく休日は平日のための準備にあてることでお金の節約をしています。あとは図書館で借りてきた本を読んだりで結構時間的には潰れておしまいって感じです。おかげでまとまった資金を得ることができたりと嬉しいことばかりです。

日々の節約を習慣にすることで貯金へと繋がる。

二年前に一人暮らしを始めてから実家にいた頃よりも、お金にシビアになりました。

実家の頃は家にお金を入れていたとしても家賃も光熱費も掛からなかったので気持ちに余裕があり親元だった為、甘えもありました。

でも一人暮らしになってから生活にかかるお金は全て自分持ちになったからこそ、前以上には貯金もしづらくなってしまいました。

なので、なるべく節約するようにはしていて洋服や美容商品なども「今、これ必要なのかな?」と考えるようになり我慢する事を覚え衝動買いを抑える事はしています。

食事も一人の時はなるべく外食を抑え自炊するようにしたり買った野菜も全部使い切る様にしています。

それでも、たまに外食したい美味しいものを食べに行きたいと思った時は我慢せずに給料日後に一回など回数は抑えめにしています。

食材を買う時はスーパーなどで割引になっているものを選ぶようにしていたり、割引になる時間帯を狙って買いに行ったりしています。

交際費は節約し過ぎると楽しめないので友人とのご飯は居酒屋ではなくファミレスなどコストがかからない飲食店を選ぶようにしています。

私は昔からお金はあるだけ使ってしまうタイプだったたため口座にお金があったらまだ使えると判断してしまいつい下ろしたりしていました。

でも、それでは貯金もできないと感じ定期預金の積立式でお金を貯めることにしました。

いま現在は貯金額も50万近く貯まっています。余裕があると使ってしまう癖もあるので、これからも定期預金は解約せず今の生活習慣は崩さないようにするつもりです。

大食漢の節約は辛いけどなれればこれまた楽しい

やはり食費を節約するのが大きいです。まず家族がよく食べるのでなるべく出費を抑えたいと思い、食費に着目しました。狙うは半額商品です。近所にスーパーが多く、どこのお店で何時から半額シールが貼られるのか大抵把握しています。その時間になるとなんとなく現れる人々。

彼らもやはり半額目当てなのです。いつのまに顔なじみになってしまいます。それからクーポンをよく利用します。会員登録をしておくといくらか割引になったり、ポイントが加算されるのでそれを目当てに買い物します。それから見切り品。賞味期限間近のため値下げコーナーなどよくありますよね。そのコーナーを必ずチェックします。お菓子などはそこでゲットします。

それから業務スーパーもよく利用します。お弁当のおかずやお惣菜がキロ単位で買うことができます。一度に多く一般の家庭なら食べる前に腐らせてしまう可能性が否めませんが、我が家は大食漢が多いのでそういった心配はありません。普通のサイズで売られているものを買う方が割高です。

あとは調理法です。野菜は皮をむきません。そのまま使って捨てるところをなるべく少なくします。大根の葉は佃煮、お茶っぱも出がらしは佃煮のようにしてゴミを少なくすると同時に惣菜に変身させています。

着物フィーを節約するために古物商をフル活用

3年齢のお子さんと2個々ライフスタイルの女子だ。マイホームでは古物商を頻繁に利用して、お子さんと私の服装や製品価格を切り捨ていらっしゃる。とても、ベビー服は直ちにボリュームが変わってしまってワン時分したら二度と着れないなんて事は毎年あります。諦めるのはもったいないし、次のボリュームの衣装も購入したいけど新品を買うのはコストが増えるので、古物商で着れなくなった物を売ってその給与でまたそのお暖簾で買うようにしています。おんなじ暖簾で取り引きすれば互いの利点が溜まるので、絶えずおんなじ暖簾を利用するようにしているのもポイントです。

また出来事で服装の詰め込み放題をやるお天道様をチェックして更にお得に購入するようにしています。こういう詰め込み放題で前回は俺とお子さんの衣装合わせて32着を500円でゲットしました。私の衣装も同じように飽きて着なくなったものを融資して賢く使い回ししていらっしゃる。また譲るご時世は夏物なら春に、とその時分前に売りに行くと夏季の終わりに譲るより激しく買い取ってくれるので、譲るご時世も考えながらお暖簾を利用しています。子も古着がお断りとか言わずに喜んで一緒に選んでくれるので助かりますが、物心がついてきたらそうもいかなくなりそうなので、今の内的だと想うフル活用していらっしゃる。

節約は一番頻度が高いものからが効果的

生活をしていく上で、お金を使う頻度が多い部分に節約のテコ入れをする事が、とても効果があると思います。

まず、食費ですが毎日買い物をしたり休みの日にまとめて購入したりすると思います。私の場合は、基本仕事帰りに毎日スーパーによります。必ず買うわけではないですが、帰宅する時間的に各売り場で割引してある商品があります。肉売り場なら、豚肉薄切りが30%引きになっていたら購入してその素材で作れるおかずの、材料を買います。その素材から作れるおかずは、2から3品を想定して材料を考えます。例えば、豚肉なのでモヤシを買ってモヤシ炒め。他に、キャベツと回鍋肉の元を買って回鍋肉。みたいな感じで、買い物をします。

ただ、キャベツを買う時普段より高い時は購入しません。高い時は、別のメニューを想定て購入するか別の日に購入します。毎日スーパーに行くので、一つの商品に対する相場が把握できるので、これは買うべきこれはやめよう、などの判断がやり易いメリットがあります。日々少しずつ材料を購入して、集めると大抵毎日のおかずに困る事なくかなりの節約もできます。

今スーパーでも、ポイントカードがあるのでその利用方法を最大限生かすようにしています。週の内に、日曜日はポイント5倍とかならばその日に米などの単価の高い商品を購入して、ポイントを貯めたりしています。

私が節約するためにしている事は

私が節約のためにしている事は洗剤を薄める事です。台所洗剤と風呂洗剤だけ薄める事にしています。台所洗剤は今は洗浄力が強い洗剤が売っているのでそれを薄めるのが一番お財布にはいいなと感じました。安い台所洗剤でも試した事がありますが、結局油物は落ちなくて継ぎ足して使う事を繰り返していると洗浄力の強い方を水で薄めて使っていた方が買う回数は少なく済んで助かっています。油物を使っていない食器はお湯洗いで済ますようにもしています。
3回に1度のペースで洗剤で洗うようには気をつけています。風呂洗剤も洗浄力の弱いものを買って薄めると継ぎ足して何度も使ってしまうので洗浄力の強い物を薄めて使っています。
ちょっとの量で試してどれだけ使わないで洗えるかというのを試してみましたが、ちょっとの量では水を付け足しても薄めて混ざっている液体にしておかないと洗い上がりが良く落ちていませんでした。洗濯洗剤も量を少なくしてみた事があったのですが後日乾いた服が異臭を放っていたので洗濯洗剤は安い洗剤を買って安い柔軟剤を使うとふっくら仕上がって高い物を選んで買わなくても十分な満足が得られました。安物をどう効果的に使うか、高い物を物持ちするようにどう使うかを常に考えるように心がけています。

低減は意識しないでやれることが一番大きなことです

省エネは意識をすると大変になるので、意識をしなくても出来ている省エネが一番ラクラク貯金になって行きます。
貯金に回す料金となると、一大のが積み増しをするという仕打ち自体が大変ですので、お金は基本的には振込みしてもらうか、もらったときの通り一度は通帳の中に入れてしまう。
そこから月に扱う料金を引き出して、それ以外は使わないように行う。
日帰り千円、月に3万円が理想の食費ですが、はなはだ著しい結果もくろみなのでこれは目標として頑張って下さい。

まずは、お銭湯のシャワーのヘッドを切り替えることによって、カテゴリーに3万円もの水道金削除が可能になります。
おっきい一品を貰うのではなく、2千円程度の安い一品を買って、幸運の出向く省エネライフを楽しみましょう。
これは何も努力する不要ので、指しなくても節約することになるので、やけに効果的です。

もう一つは薄フレーバーライフをすると、全然効果的に節約することができます。
薄フレーバーになると、香味料を無駄に取り扱うこともなく、フレーバーが無いからと言って色んな核類を扱うこともなくなります。
細かなボリュームだと思っていても、意外に香味料の使いすぎは自分では思い付かものなのです。
これは意識すればするほど、薄フレーバーに慣れるのでとっても意識すると良いでしょう。
効果がある注目と効果がある無我を賢く使うようにしましょうね。

利息が多く付く銀行口座への資産分け

給与は一般の銀行口座に振り込まれ、クレジットカードなどの引き落としもその一般の銀行口座で管理をしているのですが、毎月給与の一部、一定額を他の口座に分けて入金をしている友人がいます。

何のために行っているのか、と聞いたところ、その口座はインターネットバンクで、利息が一般の銀行よりも多くつくから、お金を預けておくだけでもお得なんだ、と言っていました。

その口座は滅多にお金を引き出さないようにしているそうです。

貯金専用の口座として管理をしているとのことでした。

確かに貯金専用の口座があると意識してお金の使い道を考えるようになるのかな、と思いました。

貯金専用口座に入れるお金、引き落としされるお金など計算をした上で自分で自由に使うことが出来るお金がどれくらいなのか、ということが分かるので、無駄遣いも減ったそうです。

いくつかの口座に分けて管理をすると大変、という人もいますが、1つの口座に全額入れるほうが危険なのだそうです。

クレジットカードの使い分けと同じように銀行口座の使い分けも行ったほうが、節約にもなりますし、貯蓄も行いやすいです。

どこの口座にどれくらい入っているのか大まかなことが分かっているだけで、細かい管理は不要だそうです。

節約するには、小さい事からコツコツと。

節約は、ホント小さい事の積み重ねだと思います。それが大きな節約につながるので、ここでは何個かご紹介します。

まずはお財布。常に持ち歩くお財布にはお金を入れすぎない事が大切です。お金が入っていると、つい自分はお金持っている、少しは使っても大丈夫というおかしな気持ちが芽生えてしますので、お財布にはお金は入れておかない方がいいです。

クレジットカードや銀行のカードは持たない。これも大切です。お金を使っちゃう人は、目の前にお金を使える手段があると使ってしますので、そういったカードは持ち歩かないことをオススメします。

最後に、お札の入れる方向を逆さまにすることです。これに関しては精神的な面をくすぶるのですが、お札を逆にするとお札がでていきにくくなるというオカルトがあります。それを知った上でその方法を取り入れると、なんだかお金を使いすぎてはだめと、節約しないとと自己暗示をかけられると思います。実際自分の周りのケチなお金持ちの人はみんなこの方法をなぜだか使っています。

たかがお財布ですが、節約を考える上でお金の吐き出し口である財布に、しっかり節約を染み込ませれば、生活の中でもいろいろな節約ができるようになるのではないでしょうか!?

使う所に使うのが節約だと思います。

私は毎月、美容室とマツエクに通っていますが、同じ所には通わずにホットペッパービューティーやグルーポンで初回限定の安いクーポンを使うようにしています。

幸い都内には数多くのサロンがあるので探すのに苦労はしません。ただ、近所で無い場合は電車代がかかるので、友人とランチや買い物に行く予定の日に合わせて近くのサロンを探すか、

家から30分以内の場合は自転車で行き電車賃を浮かしています。水筒とお菓子を持参して小腹が空いたり喉が渇いてもコンビニには立ち寄らなくて済むようにしています。

高校生の頃から水分を持ち歩く習慣があるので、多少カバンが重くても苦になりません。どうしても飲み物を買う時にはコンビニには行かず、スーパーを探すか、激安自動販売機でしか買いません。

その変わり、友人とのランチ代や飲み代はケチりません。1ヶ月コンビニに行かなければ2?3回分のランチ代になります。使う所に使うというのが節約のポイントだと思います。

そして、スーパーでの買い物ではまとめ買いはしません。まとめ買いをするとついつい食材を余らせてしまうので、1週間のおおまかな献立を考え、足りなくなったら買い足すくらいにしています。ビールやお米はネットで安い販売会社を探して注文しています。

そして週に1度は主人と外食をします。1週間に1度のペースでご褒美があれば日々の節約も頑張ることが出来ます。

スーパーの口車にまんまと乗らないで

結婚して家計を任されて、まだまだ人生経験が少ない中、旦那の給料も少ないのでいかに節約できるのか考えていました。

まず普通に思い当たるのは広告を見て安いものを買うこと。近所のスーパーでは1000円買うとたまご人パック100円になりました。こりゃあ安いと思い、例えば800円くらいしか買いたいものがないのに無理に200円買い足していました。大体の計算なので間違っちゃいけないと思いついつい多めに買ってしまい、家に帰ってから袋を開けて、あれもいらなかった、これもいらなかったと何回も思いました。これを何回か経験していくうちに確かに安くはなるけれど必要のないものを余分に買って腐らせてしまうくらいなら定価で買った方が結果的にお得なことに気が付きました。もちろん必要なものを買って必要な時にたまごを買うのには問題ありませんが。

そして今一番気になっていることが、100円で1ポイント付き1ポイント1円に変えてくれる場合。今日は5ポイントサービスでつくから500円分お得ですよと言われた。でもよく考えてみて、これって5円お得なだけだから。スーパーもお客さんに買ってほしいのだからいろいろなことを言うけど、本当に自分にどんなことが必要なのかは自分できちんと考える必要がある。これこそ賢い節約だと思います。