私の恋愛について書こうと思います。

私は恋愛をするときには占いをよく見ます。それは、占いを見て相性がいいかどうかを判断するためです。私は結構占いを信じるので、恋愛をするときには相手の誕生日を必ず確認して占います。占い師にお願いするのではなく、独学で色々と占いについては学んできているのでその経験をもとに考えてお付き合いをしています。

合わない相手とは絶対に合わないとわかっているのでそういうことを軽減するためです。私はもうおばさんですが、昔は声をかけられた人からデートに誘われた経験があります。その時には必ず相手の誕生日を聞いてどういう人なのかを一通り考えてからお話をします。

しかし、あまり奥深く疑ってしまうと相手にも悪いと思っているのでそこそこまで調べるようにしています。恋愛をするときには必ずこの占いは行っています。しっかりやっておかないと色々と困ってしまうと思うからです。恋愛をするときにはやっぱり長続きをさせたいので始めから上手くいってもあとから仲たがいをしないように奥深く相手の性格を占ってからお付き合いをしようと思っています。
ここでリサーチ→子連れでも再婚したい…!宮城県のシンママ向けの婚活サービス!

私は勘が鋭くないのでそういうことをしないとだまされてしまいます。ですので騙されないようにするためにもそうやって占いを使って相手を見抜けるようにしているのです。

私達夫婦は偶然が重なって結婚しました。

私はシステムエンジニアにをしています。
仕事はが忙しい日々が続きパニック障害という病気になりました。
心療内科に週一で診察する事になりました。
仕事も休止ぢて、療養に入りました。
診察にいっている中で、必ずいる女性にきがつきました。
たまたま隣の座ったので、お話をしました。
彼女も業種は違いますが、私と同じパニック障害でした。
いろいろ話しているうちに、診察と薬以外で、病気の療養には出来ないかと考えました。
それから、週一でドライブに行く事になりました。
森林浴をしたり、滝に行ってマイナスイオンを浴びたり、綺麗な景色をみたりしました。
私も彼女も恋愛感情が生まれ、付き合う事にしました。
それからも、ドライブにを続けていたら、お互いの病気のがよくなってきました。
わたしは、結婚したいとい気持ちが大きくなり、仕事を復帰する事にぢました。
始めは辛かったのですが、何とか仕事をこなせる様になりました。
いまは、妻の実家に近い場所に賃貸をかりてやっています。
私達は、同じ時期に病気になり、同じ心療内科を選び、同じ病気で一つでもかけていたら、
一緒に暮らす事はなかったとおもいます。
ここで出会いました⇒北海道のバツイチ向け婚活情報