電気料金の節約について

我が家はオール電化住宅ですので、電気料金のプランがオール電化住宅向けのものを契約しています。この電気料金プランは時間帯別に電気使用料金が異なるものになっています。

例えば、昼間の電力需要が多い時間帯は電気料金が高く、また反対に深夜電力需要の少ない時間帯は電気料金が安く、さらに朝や夕方・夜間などの家事の時間は昼と深夜の間の料金にといった具合に設定されています。最近はオール電化住宅が増えていますので、エコキュートや電気温水器といった機器は初めから深夜に作動するように設計・設置されています。

しかしながら他の家電製品はどうでしょうか。家族一人一人が自分の好きな時間に好きなだけ使用しているという家庭が多いのではないでしょうか。

我が家ではそこに注目し、電気代の節約に努めています。例えば、夜家族団らんの時間にはなるべくばらばらの部屋で過ごすことをやめ、リビングに全員が集まるようにしています。そうすることで、エアコン、テレビ、照明といった何気なく使っている電化製品も1部屋分のみの消費電力で済みます。

また洗濯や食洗器といった案外消費電力の多い家電製品も、深夜料金時間になってから使用するようにしています。そうすることにより電気代は昼間の約1/3に抑えることができています。

これら一つ一つはあまり大した効果がないように見えても一日一日の積み重ねで一か月あたりの電気代にしてみれば結構違うものです。これが何年も積み重なれば莫大な金額になることでしょう。そう思えば日々の少しの我慢も全く苦にならないものです。

▼参考になりました
自動契約機の申込みは意外に簡単
http://www.seattle-tacoma-homes.com/auto.html

将来に備えて, 今から貯蓄を開始。

結婚を機に, 貯金額が周りの友だちと比較して少ないことに危機感を感じ,

節約し始めました.

具体的な内容としては,

まず, 買い物に行く回数をコントロールするようにしています.

1週間の食事の献立を週末に考え, 1度に買い物に行くのです.

出来るだけ, リメイクできるレシピを採用することもポイントです.

献立を考えていないと, どうしても仕事終わりでしんどい日は外食することが多かったですが,

使い切らないといけない食材が家にあると思うと,

外食を自然と控えることができます.

ケーキなどのデザートも旦那と2人で食べにいくと, 飲み物も頼んだりで

2500円かかったりするので, 食べたいときはケーキを買ってきて,

家で食べるようにしています. 紅茶などの飲み物は, 家で準備すれば500円×2人分が浮きますし.

自分で作れそうなデザートなら, 自分でも作るようにこころがけています.

つぎに, 暖房などに関しては, 設定温度を低くし, ずっとつけておくようにしてから,

暖房費がやすくなります. こまめにつけたり消したりすると, 逆に高くついてしまうことに気づきました.

お風呂の設定温度も低めに設定し, ガス代も節約しています.

今までは, 熱いお湯しかお風呂でないと思っていて, 46℃のお風呂に入っていましたが,

いまは42℃ほどにすることで, 長くつかることができ, 身体の芯からあったまるので,

寝るときもすっと寝ることが出来ます.

ささいなことですが, 塵も積もればやまとなるので, 日々節約に奮闘中です.

「なんとなく」をやめるために。

気付けばお財布の中が寂しい、無駄遣いしたつもりはないのに毎月ギリギリ…という方、いらっしゃいますか? 貯蓄を増やすためにその「なんとなく」を減らしましょう。

そのために、まずは「財布の中の大掃除」をしましょう。

気づけば溜まる財布の中のレシートやポイントカード。行き場所がないからそいつらは財布の中にたまってしまうのです。まずは「レシート入れ」「ポイントカード置き場」を作ります。紙袋でもお菓子の空き箱でもOKです。決まった「置き場所」を作るのがポイントです。

買い物をする時はなるべくレシートをもらいます。そして帰宅後にレシート入れへ移動させます。溜まるレシートを見て、自分が意外に買い物をしていることに気付くかもしれません。「食品」「趣味」など、レシートを分類分けするのも良いかもしれませんね。

ポイントカードは「その日使うものだけ」財布に入れるように心がけましょう。作ってもらったものの全く使っていないカードは思い切って処分しましょう。持っていることを忘れているようなカード、財布に入っていても使えませんよね。

節約・貯蓄は嫌々取り組むとしんどくなります。目標や休憩ポイントを設定して、前向きに取り組みましょう。