節約は無理やりしない

無理やり節約していると、そのうちそのことに気をはった代償で、相当疲れが出てくると思います。節約は、定価より安く物を見たり、払ったりしなければならず、そのままの値段で払わない分気疲れがくると思います。節約しているとストレスがたまり、発散するにも節約しながら払うので、ストレス地獄に陥る、そんなような気がします。パーッとたまには出しますが、疲れます。

清々しい生活をしているつもりですが、一度負った代償の回復は並大抵ではありません。一度痛い目や辛い目を見た後で、まともに回復できるかといったら、ほぼ不可能で、大変です。その状態の時にさらに水を差されます。周りは分からなくて当たり前なのです。回復力なんて、何かまた動いた時にしかみなぎらないと思います。

補給するかしないともう動かないと思います。節約するはめになってからしばらく経ちますが、全く回復の余地はないように思えています。

ゲームでポイントを貯めて現金に換金するという方法にたどり着きましたが、一応稼ぎであり貯蓄には繋がっていると思っています。さらに貯蓄を増やすには、今までの精神的肉体的なダメージの代償を払拭し、さらに回復をしてからでないと不可能だと思いました。

コマメに節電!

私がいつもやっている中で一番身近な節約は、使っていないコンセントを抜く! です。待機電力がかからないテレビなども出てきているようですが、コンセントは抜いた方が、コンセントに埃がたまって火事発生…なんて心配もないので、とにかくオススメします。我が家の場合は3歳4歳の男の子が2人の4人家族ですが、月の電気代は2500円以下で抑えられています。コンセントも大いに関係しておりますが、この電気代で抑えられているのは契約しているアンペアも関係があります。

皆さんのお家の電気の契約容量はどのくらいですか? 我が家は20アンペアで契約しています。普通の家庭だと30アンペアと言われていますが、我が家は20アンペアで充分生活していけます。電子レンジや炊飯器を同時に使わない、乾燥機を使用している時にはテレビを観ない等々、ちょっとした心掛けをしていけば、乗り越えられるくらいの我慢だと思います。契約容量の変更なら、今ネットで簡単に出来るので、見直してみようかな~、という方はやってみて下さいね。

最後は、夜は早めに消灯して、電気を使わない! です。コンセントを抜く+早めに消灯、だと使われる電力って本当に限られますよね。我が家は子どもが小さいので、早めに寝かしつけて自分も寝てしまう…という感じです。後から起きて、やり残した家事もしなくちゃ~、等思っていたんですが、一緒に寝るのって節電だよね、と思って最近は一緒に寝ちゃってます。(家事をしない言い訳じゃないですよ(笑))小さい子がいるご家庭ではやりやすいかと思うので、挑戦してみて下さい。

一人暮らしの時には、冷蔵庫以外のブレーカーを全部あげてしまうという大胆な節電をしていました。自分がいない間電気は使わないから、ブレーカー、上げちゃえばいいんじゃない? と思って、仕事中や里帰りの時なんかはブレーカー上げて出掛けていました。そうしたら、電気代がすごく安くて、よっしゃ! とガッツポーズしたことを思い出しました。節約できると嬉しいし、楽しくなってきます。皆さんの、楽しく節電出来る方法の参考になれば嬉しいです。