スーパーでムダ遣いをしないお買い物術

夕飯は何にしよう?何を買おう?と悩みながらスーパーに行って、あれこれとたくさん買い込んでしまうことはありませんか?
安かったからつい買ってしまう。必要がないのに買ってしまう。気がついたら予算オーバーなんてことも。
できれば無駄遣いは減らしたいですよね。そんな時に知っておきたいお買い物術を紹介します。

買い物に行く前に、あめを食べたりガムを食べて、食欲を落ち着かせてから行くようにしましょう。
お腹が空いている時は、色々な商品に目移りしてしまうので、余分なものを買ってしまいます。
まず落ち着いてから出かけましょう。

食事のメニューを決めてから行きましょう。メニューが決まっていれば、必要なものが決まるので、目的のものだけを無駄なく買うことができます。
余分な出費を減らすことにもつながります。

どうしてもメニューが決まらない場合は、惣菜コーナーから回ってみましょう。
並んでいるお惣菜がヒントになるかもしれません。

カートは使わずに買い物をしましょう。こまめに買い物に来ることができる人は、カートを使わず、買い物かごを持って店内を見て回るのがおすすめです。
買い物かごが重たくなるので、余分なものを入れなくなります。
持っているのも大変なので、早めに買い回るようになります。

余分な出費はすこしでも抑えたいですよね。
簡単にできる節約術を取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分がやっていて意味の無かった節約

“私は現在25歳の男性です。大学生の頃、私は遊ぶ金欲しさに様々な節約をしていました。
しかしやってみて思ったことはそのほとんどがあまり意味の無い節約術でした。
今回はいくつかその節約術を紹介したいと思います。

まず1つ目に試したことお昼の食費を削ることでした。
私自身は、あまり食べなくても大丈夫な体質だったので大学に入った頃からお昼ご飯を食べることがあまりありませんでした。
1ヵ月に2回程度食べれば良いと持っていたのですが昼からの授業にお腹がすくなどの支障をきたし、また帰ってからパンなどの
お菓子を食べることが多くなったので実際には少し太ったりするなど、健康面ではあまり意味がありませんでした。
また、結局帰ってからパンなどを食べたりするのでそのお金を使う分の出費がありました。
結果、金銭面でもあまり意味がありませんでした。

2つ目は安いものばかりを使ったことです。私はイヤホンやバックなど基本的に安いものばかりを学生の時に使用していました。
しかし、イヤホンはすぐに片方の方の音が聞こえなくなり買い換えなければいけなくなりました。また、バックはすぐに周りが剥げて
ボロボロになり最終的には底が抜けたり肩にかける紐などが壊れてしまい1年ごとに買い換えなければならなくなりませんでした。
このような経験を踏まえて今では、全てなるべく長持ちするように高いものを使っています。

今現在私は、学生時代の時にこのような節約をしてしまったことをとても後悔しています。
節約をするときには、なるべくストレスにならずほどほどにやることが大事だと思います。”

毎月決まった額を貯金しています

正直我が家はあまり収入が多いほうではないと思います。

毎月とても苦労しながら、決まった生活費の中でやりくりをしています。

なので生活に余裕のある方とは違って、色々と節約をしなければなりません。

正直節約をするのはとてもストレスがたまるのですが、それをしないと満足のいく貯蓄が出来ないので日々我が家なりに頑張っています。

まず一番最初にしていることは、毎月決まった額の貯金をすることです。

これを最初にしてしまい、すでに無いものとして生活を始めるのです。

残ったお金で貯金しようと思ったら、それは人間なかなか出来ません。

やはり手元に少しでも余裕のあるお金があると、何かしらに散財してしまうのです。

なのでまず、決まった額を設定して、そのお金を先に貯金するようにしています。

そして肝心の節約に関してですが、我が家で行っている方法としてあまり頻繁に外食をしない、買い物をしないということが挙げられます。

外食というのは本当に高いものです。

これを度々しているとかなり食費がかかってしまいます。

そして買い物に関しても、頻繁にスーパーなどに行ってしまうと、今絶対に必要でないものでも買いたくなってしまう恐れがあるので、日々買い物はまとめ買いにして、そこまで頻繁にスーパーに行かないようにしています。