上手く買い物をすれば節約&貯蓄が出来ちゃう

私がしている節約方法は、まず一番生活の上でお金を使うところは食料品だと思います。
スーパーに行って安いからと言ってついついこれも、あれもと買ってしまいがち。
それを一切やめました。今日の買い物は何日分と決めて、どんなおかずを作るかを考えてそれに必要なものだけを買っていきます。
たまにあっ!これ前欲しかったやつ・・・。となっても、今必要でなかったら買いません。必要なものを紙に書いていくのも良いと思います。
また必要なものを買いに行ったとしても、たまにこんなに高いの?となる時もあると思います。その時は買いません!

この様にいる物だけ、そして何円以上の物はあまり買わない。など決めて買い物をしていくとかなり節約することが出来ました。
1週間で3人分の食事の費用でだいたい4000円未満で抑える事が出来ています。また100均を上手く利用します。
スーパーで買うよりも同じものなのに100均の方が安かったりすることもあるので、だいたいの値段を頭において買い物をするようにしています。
貯蓄麺で言えば、500円玉貯金です。これはやっている人も多いかもしれませんが、いざと言うときかなり役に立ちます。

また意外と貯まるので、お釣りも500円玉が出るように支払いをしてためていくようにしています

忙しい私でも貯蓄のために始められたアルバイト

わたしは今少しでも貯蓄が出来るように、と日々の生活の中で様々なことに取り組んでいます。

食費や光熱費などの生活費をなるべく抑えることは勿論ですが、携帯料金に無駄はないかなど、固定費を削れる所はないかの確認をしたりしています。

また、支出を少なくするに越したことはないのですが、収入も少しでも多くしようと思い、ささやかなことではありますが副業を始めました。

といっても会社員なので、なかなかアルバイトをすることができませでした。そこで、すき間時間を上手く使うことができたら、と思って始めたのがアンケートモニターやライティングの仕事です。

ランチタイムのちょっとした時間でできるので、負担も少ないですし、毎日コツコツと続ければお小遣いにもなります。

本当に一日一時間以上はしていないくらいなのに、お金になるというのは効率的ですし、私にはピッタリの方法でした。

まだビックリするような高額にはなかなかなりませんが、塵も積もれば山となる、というように、少しずつこれからも続けていこうと思います。

今主婦の人にも人気な在宅ワークですが、これからどんどんネットワーク社会になっていくでしょうし、そういった仕事も増えていくかもしれませんね。

ここで稼いだお金も貯蓄して将来に備えています。

私なりの節約方法とそれによる利点

現在、一人暮らしをしているので節約にはとても気を遣っています。

まず実際に節約をする前に固定支出をきちんと把握しています。

月々の大まかな目安がわかっていると無駄をしたことがすぐ分かるからです。

これを踏まえた上で、まず、食費、娯楽費、日用品などの金額を大体設定しています。

設定するときは、ギリギリではなく少し余裕を見て金額設定をすることで、緊急時にも対応ができ、もし余っても貯蓄に回せるので一石二鳥です。

特に食費は月によってバラツキがあるので上手くやりくりができると気持ちも嬉しくなります。

そして、1度上手くいくともっと上手くやりくりしたいと思うので、買い物で無駄をなくすことができ、良いサイクルが出来ると思います。

もう一つ、個人的に良い方法だと思っているのが、デビットカードの利用です。

デビットカードを利用することで、まず、使える金額が決まります。

また、カードにすることで、現金よりも今ある金額の把握がしにくいので、例えばコンビニでお菓子を買うなどの小さな無駄を省くことができます。

カードに事前にお金が入っているので、余った分をわざわざ貯金する手間も省けますし、貯まった分だけ次の月に繰越できるので、お金の余裕も生まれやすくなります。

忙しい時ほど節約を心がける

統計では、収入が高い人ほど貯金が少ないと言う指摘があります。忙しく働き、多くのお金を得ている人ほど、例えば「今から家に帰って夕食を作るのはめんどくさい」と思ってしまい、つい帰り道に外食をしてしまったり、お弁当を作ると時間がかかるからと、つい社食やレストランでランチを済ませてしまうなど、お金で解決してしまう傾向があるからです。また、年収の高い独身女性の中には、家に帰るのにタクシーを使ったり、ついスタバに寄りすぎてしまったりして貯金がほとんどできていない、と言う人も珍しくないのです。

忙しいと、ついお金で解決しようと思ってしまうこともあるかもしれません。疲れているときに自炊はしたくないですよね。しかし、そのようなときこそ節約を意識する必要があります。お金があるからお金で解決と考えていると、絶対にお金はたまりません。それどころか、お金をどんどん失っていくことになるのです。

特に独身者の場合、スタバでお金を使ってしまう事は多いようです。おしゃれですし、なんとなく高級な感じがして、つい通いつめてしまうと言う人もいるようですが、出品の点では気をつけなければなりません。外食は贅沢と捉え、貯金を考えていきましょう。

レジャーは近くの公園でイベント気分

子供のいる家庭で意外にも痛い支出が、レジャー関連費です。子供が学校に入る頃までは、基本的に休みは家族で行動するので、子供が「どっか行きたい!」と言うたびに「遊園地か買い物…出費がかさむなぁ」と悩みのタネですよね。家族で休日を楽しむには、何も毎回特別な場所に出かける必要はありません。少し工夫するだけで、お金をかけずレジャーを楽しむことができますよ。

休日の過ごし方で1番おすすめしたいのが、公園でのピクニックです。田舎にも都心にも、大抵の場所には芝生のある公園があります。ただ公園に行くだけでは退屈なので、「パンケーキパーティー」「ハンバーガーパーティー」などテーマを決めてみましょう。大量のパンケーキやバンズと、トッピングを持って出かければ、芝生の上でパーティー気分を楽しめます。「バドミントン大会」「フリスビー大会」などと銘打って、スポーツに興じるのも家族で楽しめておすすめです。

外で遊べない雨の日は、近くの図書館に出かけてみましょう。雨だから仕方なくという雰囲気を出すと子供のテンションも下がってしまうので、「今日は読書デー。お気に入りの本を見つけに行こう!」など何でもイベント感を出すのがポイントです。

せっかく家族で過ごせる機会。お金の心配をしたりダラダラ過ごしたりせず、楽しく安上がりのイベントにしてしまいましょう。