スマホ代に勇気を持ってメスを入れてみたら

スマホ代について、もっと安くなるとかのCMやブログはよく目にすると思います。

今回は、スマホ代を何とかしたい人に対して、簡単な実体験も通じてアドバイスをしたいと思います。

40歳手前の私は学生時代からずっとD社の携帯・スマホを使っていました。選択した理由は何となくです。

最近は、家族も増えて支出などのお金を見直す機会があり、スマホ代が気になりました。今まで1万円を超える料金をD社に納めていたのですが、CMやブログで3000円ぐらいに抑えられるという話を聞き、勇気を持って改革を行ってみました。月に7000円ほど節約できるとなると、年間で8万4千円ですので、かなりの改革です。

私は大手のD社から格安SIMの会社に乗り換えました。色々な不安はありました。例えば、壊れた時の保証、通信スピードなどなど。 これらの不安を解消できないから、スマホ代の見直しに一歩進むことができないと今となっては思っています。

1つずつ、自分なりに調べてみた結果、壊れた時の保証については、大手のD社でも保証はありますが、大した内容ではありませんでした。つまり壊れたらしかないと開き直ることが一番で、壊れないように気を付けるという当たり前の精神でいることです。 

次に通信スピードですが、よくよく考えてみると、WIFI環境下であればスピードや通信費はかかりません。つまりWIFI環境外にいるときに気にする話です。WIFI環境外といえば、電車の中か歩いている時ぐらい。電車の中では本などを読めばいいし、歩きスマホはやめるべきと自分に言い聞かせれば問題なし。 ということでD社に乗り換えの円電話をして、オペレーターからはしつこくデメリットを聞かされましたが、自分の中で踏ん切りがついているので、すんなりと乗り換えることが出来ました。 

オペレーターのアドバイスに関して、自分の中で解決していないと、踏みとどまるケースが多いと思いますが、自分で考え、納得しておけば問題ありません。

皆さんも、スマホ代が高いのでどうにかしたいと思ったら、勇気を持って、自問自答して進めてみましょう。

現在進行形の節約生活

私は、今現在節約生活をしています。
体調がすぐれず、仕事に就くことが難しい状態なので貯蓄を切り崩しながらの生活なんです。今までの私は欲しい物があったらすぐに買っていましたし、細かく家計のチェックもしていませんでした。
今はそういうわけにもいかないので洋服を買う事もなくなりました。化粧品などはメルカリで安く出品している方から購入したり、日用品は特売セールを狙って買うようにしています。
すると、段々とセールになる日が読めるようになってきてLINEクーポンやメルマガクーポンを使って更に安く買えるようになってきました。

ポイントサイトに複数登録しているので、モニターの案件も多くてエントリーしてはモニターアンケートに参加してポイントを稼いではネットショッピングに使えるポイントと交換しては生活に必要な日用品を買っています。
百円ショップもフル活用していますが、商品によっては百円ショップよりスーパーやドラックストアで買う方が安い商品もあるので店内は一周ぐるっと回って価格を比較する癖がつきました。
携帯電話の料金プランも見直して安くなったので毎月合計すると5000円以上は生活費が浮くようになりました。
節電、節水はもちろんしています。

今では節約生活を楽しめるようになってきました。

ShuFooで上手に節約をしよう。

節約をするために新聞を取っていなくて、広告とかに触れる機会がないような方問うのも結構いるんじゃないかと思います。
そんな方のためにぜひ使ってほしいものとしてShuFooというアプリがあります。

このアプリは国内最大級レベルの電子チラシサービスです。
このアプリがあれば、基本的に新聞チラシを持っていなくてもチラシの内容をスマホ一つで確認ができますから、仕事帰りにチラシを見てみていくというようなことも可能です。
仕事帰りに安いものを買って節約しようということが可能ですから、これから節約生活を送ろうとする方はとても重宝するアプリです。

さらに、アプリを利用するとよりいいこともあります。 実はTポイントと連携しており、チラシを見ることによって1日に2ポイント分のTポイントが入ってきますので
チラシを見るだけで収入まで得られるという更にお得な状況を作ることができるというわけなのです。
チラシを見る数が多ければ多いほどTポイントがもらえる抽選もあります。

チラシもタダで色々な企業やスーパーの情報が見放題でありますので、見比べるのも結構簡単にできるというのです。

これからの買い物の節約術はこのサプリなしには語れませんので、ぜひ利用してみてください。

節約って難しいの?へそくり貯金って何?

私は独身で、主婦ではありませんが、日々節約を心掛けています。節約をするようになったキッカケは、節約界のカリスマ丸山晴美さんの節約についての本を古本屋で購入し、読んだことがキッカケです。それまではさほど節約してませんでしたが、丸山晴美さんの影響を受けて節約を意識するようになりました。

お金持ちの人でもしっかりちゃんと節約しているというその本の話は驚きでした。具体的に私が行っている節約は、へそくり貯金と呼んでいる貯金をしています。毎月少額ですが郵便局や銀行の自分の口座に数千円でも入金して貯金したりしています。これがへそくり貯金です。

あとは使うお金は種類別に茶封筒に入れて袋分けしたりしています。これが何にいくら使うのか分かりやすく、使いすぎ防止になります。あとは貯金箱に小銭貯金をしていて、貯まったお金は自分の趣味に使ったりしています。それといつも仕事に行くときには手作りお弁当を持参して行き、昼食のランチ代を節約したりしています。

毎日のランチ代が一か月分だと結構かかってしまうので、いつも自分で手作りお弁当を作っています。といっても私はあまり料理が得意じゃないので、安いお弁当用の冷凍食品を活用していて、手抜きですが安くておいしい手作り弁当で、おいしいうえに節約になっています。

予想外のまったり時間もくれた節約

今日まで、自分が思い立った節約術はすべて実行してきたつもりでいた。しかし、まだまだ考えが足りなかったことを知る。それは主婦のお昼ご飯だ。

日頃から倹約していることもあって、ついつい「お昼くらい」という感覚で食べたり食べなかったり。はたまたお菓子のポテトチップスで済ませてしまったり、空っぽのお腹に耐えられなくなって、近くのコンビニで手軽なものを購入してしまうことがある。この、「ついつい」を続けることの危険性。なんでもそれは当たり前のようになっていく。

そこで、この冬の時期を利用して、「スープジャー」という容器を購入し、朝のうちにお昼も作ってしまうという手段を覚えた。時短にもなること、お昼ご飯に悩む買い物がなくなること、なにより、野菜やお肉、雑穀なども入れ、カレー味にしたり味噌味にしたり飽きがこないよう、アレンジができる。

そのうえお菓子なんか食べてるより、はるかに体にいいし、栄養満点だ。更に、蛇口から出るお湯も、暫く使わないと冷たくなって、またお湯になるまでに時間がかかるが、それも解消される。朝の片づけのついでに作ってしまえばいいのだから。大好きなTVドラマを見ながらゆったりとお昼を食べる日々、経済面だけでなく、価値ある時間を節約する手段でもある。