耐久消費財は多機能製品よりも単機能製品がお勧め

家電製品等の耐久消費財を購入する際には、多機能よりも単機能製品を選択される事をお勧めします。製品を店頭等でチェックする際には、どうしても多機能の方が何かと便利だと、心が動きます。
しかし、実際に購入して使用すると、ほとんどの人が、基本機能のみを使用し、付帯の様々な機能は最初は使っても、使わなくなるものです。多機能化は、メーカーが付加価値を高めるための施策で、実際には割高傾向が否めないのです。頻繁に様々な機能を使うなら、それでも良いでしょうが、結局基本機能しか使わなくなるなら、単機能の格安製品の方が良いと言えます。

また、機能が増えれば増える程、故障の機会が増える事になります。最近では何年か使用して故障すれば、修理費用を考えて、修理よりも買い替えの方が良いと買い替えてしまう事が多く、故障の確立が高くなる多機能製品は、結局使用寿命を短くすると言うデメリットをもたらす可能性も高いのです。

節約を考えるなら、この様に多機能製品を求めるのではなく、本当に必要な基本機能がしっかりとした単機能製品を選ぶ方が良いと言えるのです。こうした賢い消費行動が習慣となれば、ちょっと珍し機能や新しい機能があるからと、衝動買いする事も防げます。

節約のためには、ケチケチする意味ではなく、本当の使用実態に合致する製品を見極め、多機能に踊らされない見る目が必要と言えるのです。

節約や貯蓄についての豆知識

収入の額のうち、一番の支払い金額の高さを占めているのは、住居にかかるお金です。

生活上必要な間取り以外は極力避けられたほうがいいかと思われます。

例えば、書斎などが対象になります。

必要以上に書籍が増えてしまうと書棚が必要になってきます。

実際、生活をする上で書斎は本、書棚、デスクの配置が必要になってきます。

必要な書籍以外は購入する際、少し考えたほうが無難です。

例えば、漫画や単行本などがその対象です。

何回も読むことを目的とした本以外は極力避けましょう。

スマホや、自宅用の電話も携帯電話で「通信ツール」として十分に役に立ちます。

インターネットはパソコンでいいとも考えられます。

あと、自家用車の所有もレンタカーで用事が済ませられるのならば、維持費がかかりますので控えたほうが良いですね。

貯蓄は銀行もいいですが、株式投資もいい考えになると思われます。

何かの株を持っていると、配当金、配当物が得られることがあります。

事前に四季報などで配当について調べ、株を購入するのも節約や貯蓄に繋がります。

また、株は株式分割することもあります。

所持株数が増えてくると、配当に反映もしてきます。

株を購入する際は安くなった時点を調べ、キャピタルゲインを狙うのではなく、インカムゲインを投資目的にしましょう。

お金はある時にはあるけど、無い時には減る一方

節約に向けての第一歩は、家計簿をつけることです。携帯のアプリをダウンロードして、収入と支出のチェックをしています。
いくら引き出し、何にいくら使ったか、細かくチェックしています。お金を多くおろすと、自分がお金持ちになったと勘違いして使いすぎてしまうので、一週間分だけおろすようにしています。

直したい湯沸もあるのですが、何とか使えていますから、我慢しています。お湯がなかなかでませんが、買い替えると水道代より高くつきますので、我慢のしどころかと思っています。
去年ファンヒーターも一台壊れました。現在は、小さなファンヒーターを使っています。この冬、小さなファンヒーターでなるべく耐えて、灯油代を節約する予定です。小さなファンヒーターがどれだけ電気代をくうのかまだわかりませんが、灯油代くらいなら、小さいので我慢できればこの冬頑張ってみようと思っています。

後は、冷蔵庫の中身の野菜を時々腐らせてしまうので、きちんと料理をして腐らせないことが目標です。上手に料理して、食費を減らしたいのですが、食べることは健康にかかわってくるので、食事はしっかり作りたいです。時々レトルトになってしまうので、経済的にもマメに作っていこうと思っています。”

貯金上手な人がやっていること

無駄使いをしている覚えはないのに給料日の前は財布が寂しい、ましてや貯金なんてとても増えないという人に、簡単にできるお金の増やし方をご紹介します。

まず、毎月の出費状況を把握しましょう。といっても難しくはありません。いわゆる「こづかい帳」を書くのです。

ポイントは極力簡単にすることです。でないと続きませんから。

日付と使った目的、金額だけを記入していきます。お店ではレシートを必ずもらい、帰宅してから書き込みます。したがって自販機で飲み物を買うのはやめましょう。

それで月末に合計金額だけを計算します。最初はここまでやってみましょう。慣れてきたら明細を見直して無駄な出費を把握していきます。

嘘みたいですが、たったこれだけで出費が抑えられますよ。

毎月の出費が把握できれば、毎月貯金にまわせる金額もだいたい想像できます。

それで、給料が入ったら、最初に貯金をしてしまいましょう。もちろん無理のない範囲で、ちょっと少なめの金額にしてください。

できる事なら、別に定額の積立貯金をしてみましょう。1万円でも、それ以下でも構いません。また、勤め先に財形貯蓄などの積立制度があれば、ぜひ利用しましょう。

なんどもいいますが、少なめの金額がよいですよ。

「こづかい帳」も積立も、すぐには効果は現れませんが、1年でも続けると意外に効果がでてきます。要点は手間をかけない事と少額・定額貯金です。

さっそく今日からやってみましょう。

貯金をできるだけ早く増やしたい人におすすめの方法

貯金が多いと生活に不安がなくなり、心が安定して余裕ができるのは大きなメリットです。給料の一部を貯金することは大切ですが、金融機関にそのまま預けるだけだと損をしている可能性があります。少しでも貯金を増やしたいならば、金融機関に貯金をするのではなく投資をするといいです。

投資をすることで銀行に預けるよりもはるかに早くお金を貯めることができます。投資はリスクもありますが、大きな利益を狙わないならば比較的安全に資産を増やすことが可能です。私の友人にも為替や株への投資で貯金を増やしている人は多くいます。

貯金を増やすためには継続して節約をするという強い意志が重要です。その結果、知らない間に多くのお金を貯めることが可能です。また、クレジットカードを賢く使うことも効果があります。私はクレジットカードを使って買い物をするようにしていて、ポイントがつくので普通に買うよりもお得です。

また、ネットショップの中には日用品がかなり安くなるセールを定期的にしているところがあるので、ちょくちょくチェックするとお得な買い物が可能です。また、よく使う日常品を買う時はスーパーなどの特売日を狙って一度にたくさん買うようにするとコストを抑えられます。

まずは整理整頓をすることが節約の第一歩

節約の第一歩は整理整頓ではないでしょうか。

節約とはそもそも「無駄な出費を抑える」ことです。

何が必要で何が無駄なのかは自宅にある物を把握しないとわかりません。

良くある例としては、冷蔵庫がパンパンのご家庭です。

冷蔵庫の中の食品が多すぎて何が入っているのか把握しきれていないので、買い物に行った時にすでにある商品まで購入してしまう、その結果、消費しきれず捨ててしまうという無駄を作ってしまうのです。

確かに食品や日用品のストックも大切ではあります。

しかし、そのストックの期限、在庫量を把握しておかなければ、買い物へ行った時に何が必要で何が不要かの判断ができません。

節約が苦手な人のご家庭はあまり整理整頓ができていないことが多い傾向にあるのは、このことが関連してきます。

まずは一か所でも構いません、整理整頓をするようにしましょう。

そこから徐々に範囲を広げていけばよいのです。

冷蔵庫からはじめて衣類、日用品、最終的にはお財布の中など整理整頓の習慣を身に着ければ買い物も楽になります。

いったん思考が切り替われば、このことを応用して保険の見直しなどへも使えるようになるでしょう。

やみくもに「出費を抑える」のではなく、整理整頓を心掛けて本当に必要な物が何か、不要な物はなにかを把握することが節約には肝心です。

ストックすることで、引き下げにものぼる

蓄えをするのなら、余裕額でするのがいいと思います。少しの金額でも長く続けると思いもよらない額になっています。また余裕額からの蓄えですと、軽減にもなります。蓄えするようになると無駄な総計を削減してそれを蓄えに回せるようになります。
総計の軽減ができないと蓄えも出来なくなるとおもいます。無駄な総計を支出するようだと、なかなか小遣いはいくばかりで、あることはないのです。ですから無駄な総計や不支出だと窺える総計を見直すことが蓄えにつながる事だと思います。
総計の軽減というと何か窮屈感じがしますが、需要の修繕をすれば、無駄な一品や必要があるのかわからない一品も支出することが無くなるので軽減になりますし、そのことが無駄な需要を抑えて、資金にブランクが生まれるので、その余分な軍資金を蓄えに回せるようになるのです。
これらのことは、少ないことから心がけることがいいと思います。最初からでかい指標をかかげると出来なくなって仕舞うし、すぐに失敗してしまいます。何事も少しのことを気長にやることがポイントだ。少しのことならすぐ出来るし、あっという間に捨てることもないのです。長くやっているとそれが相当な金額になっています。