クレジットカードを極力使わない方法

クレジットカードを持っているとどうしても通販での買い物が増えてしまいます。

使ってしまうと今、いくら支払いをしているのがか分からなくなる、ということも考えられます。

そこでクレジットカードを使った買い物は月に何回まで、と回数を決めるようにしています。

そうすることでクレジットカードでの支払いに自分自身で制限を設けることができるようになります。

引き落としの時になって、こんなにもクレジットカードでの支払いがあったなんて、と驚くことになってしまわないように十分注意をしたほうがいいと思います。

クレジットカードを持たないようにするのが一番の節約になる、という人もいますが、通販でしか購入をすることができないものや、通販で購入をしたほうがかなり安くなるというものもあるので、持っておくのはよいと思います。

ただ、いついくら使ったのかということを把握しておかなければいけません。

把握をしておくことによって、使いすぎを避けることができると思います。

最近では今、どれくらい使ったのかということがオンラインで分かるようになっている、クレジットカード会社もあるので、こまめにチェックをしたほうがいいと思います。

チェックをすること自体が戒めにもなります。

節約するには、小さい事からコツコツと。

節約は、ホント小さい事の積み重ねだと思います。それが大きな節約につながるので、ここでは何個かご紹介します。

まずはお財布。常に持ち歩くお財布にはお金を入れすぎない事が大切です。お金が入っていると、つい自分はお金持っている、少しは使っても大丈夫というおかしな気持ちが芽生えてしますので、お財布にはお金は入れておかない方がいいです。

クレジットカードや銀行のカードは持たない。これも大切です。お金を使っちゃう人は、目の前にお金を使える手段があると使ってしますので、そういったカードは持ち歩かないことをオススメします。

最後に、お札の入れる方向を逆さまにすることです。これに関しては精神的な面をくすぶるのですが、お札を逆にするとお札がでていきにくくなるというオカルトがあります。それを知った上でその方法を取り入れると、なんだかお金を使いすぎてはだめと、節約しないとと自己暗示をかけられると思います。実際自分の周りのケチなお金持ちの人はみんなこの方法をなぜだか使っています。

たかがお財布ですが、節約を考える上でお金の吐き出し口である財布に、しっかり節約を染み込ませれば、生活の中でもいろいろな節約ができるようになるのではないでしょうか!?