私のカット法

スペシャリストママ歴2階層、父親、子ども(5か月)との3ユーザーライフスタイルだ。

食費を燃やすメソッドだ。

スペシャリストママなので、真昼飯を家で食べます。
これを賢く節約するようにしています。

以前は一回の真昼飯200円まで、と決めてレトルトなどを買っていましたが、そうすると200円×30お天道様、これだけで6000円になる。

そこで、夜飯のトップを独自当たり多数作って翌日の真昼に回すようにしたら、いとも支払が減りました。

うちの場合は鶏肉や豚肉の安いものを並べるので、高級な根底を並べると逆影響ですが。

断然煮物とかはおすすめです。
香味料も2人当たりと3ユーザー当たりでは必ずしも変わりがないので。

逆に炒め賜物とかはあす採り入れるのがつらいこともあると思うので、その時は無理しないことがポイントです。

一から作ると光熱費もかかってしまうので、それが節電できるのと、時が節電できるのが嬉しいところです。

うちには小さい子どもがいて断じて料理に時をかけられないので、チンすればあっという間に食べられるものは嬉しいです。

実質手作りには負けるという趣旨かもしれません。

その他似たような見解でのおすすめは茹で鶏をまとめて仕立てることです。

そのまま少なく切って食するも良し、アレンジして取ることもできますので、茹で鶏に限らずこのものは複数個定めるのがおすすめです。