利息が多く付く銀行口座への資産分け

給与は一般の銀行口座に振り込まれ、クレジットカードなどの引き落としもその一般の銀行口座で管理をしているのですが、毎月給与の一部、一定額を他の口座に分けて入金をしている友人がいます。

何のために行っているのか、と聞いたところ、その口座はインターネットバンクで、利息が一般の銀行よりも多くつくから、お金を預けておくだけでもお得なんだ、と言っていました。

その口座は滅多にお金を引き出さないようにしているそうです。

貯金専用の口座として管理をしているとのことでした。

確かに貯金専用の口座があると意識してお金の使い道を考えるようになるのかな、と思いました。

貯金専用口座に入れるお金、引き落としされるお金など計算をした上で自分で自由に使うことが出来るお金がどれくらいなのか、ということが分かるので、無駄遣いも減ったそうです。

いくつかの口座に分けて管理をすると大変、という人もいますが、1つの口座に全額入れるほうが危険なのだそうです。

クレジットカードの使い分けと同じように銀行口座の使い分けも行ったほうが、節約にもなりますし、貯蓄も行いやすいです。

どこの口座にどれくらい入っているのか大まかなことが分かっているだけで、細かい管理は不要だそうです。