家計の見直しはまず固定費の見直しから

毎月の家計から出ていくお金には固定費と変動費がありますよね。

固定費とは、家賃や住宅ローン、保険、教育費、通信費など決まった額。

変動費とは水道光熱費や外食費、交際費などその月によって変動する額。

ガスや電気代の節約は大事ですが、お風呂に入らない訳にはいかないし、夜に電気をつけないようにするなんて出来ませんよね。

一方固定費の保険料は見直すことで何千、何万も減らすことが出来ます。 

通信費にしても、大手キャリアで月1万円支払っているのを格安スマホに乗り換えることで月3千円に抑えることが可能です。

年間で考えると大手キャリアという理由でスマホを持っているだけで12万円、一方格安スマホなら3万6千円なので8万4千円も節約になります。

私は2年前に大手キャリアから格安スマホに乗り換えたので既に16万8千円は節約できてます。

保険屋さんに電話したり、店舗に出向いてスマホを解約したりと固定費を見直すのは手間がかかって最初は面倒ですが、節約につながる額はとっても大きいので、一度考えてみるといいと思います。

貯蓄については、月のお給料から固定費と変動費を引いた額をやりくり費として考えてそのやりくり費の中から、食費、外食費、交際費など振り分け、それ以上の額は決して引き出さないことを守れば先取り貯金が簡単にできます。

日々の生活の固定費の見直しは少し面倒ですが大きな節約になります。

日々の生活の節約をする為に大切な事は固定費の見直しだと思っています。

毎日の買い物で節約する事も大切ですが、保険やインターネットの契約を見直す事は数百円の節約では留まりません。

自宅を購入したら保険の保証は軽い物にしました。インターネットも本当に必要か自答します。最近で言うと電気会社の見直しです。今までの契約だと使用すればするほど価格は割高になる事を今回初めて知りました。電気会社の値段設定があるのも今回初めて知りました。それまでは電気代の計算の仕方は一種類しかないと思っていました。選択肢は無いと思っていましたがそれは思いこみでした。この電力自由化に伴い会社の変更を検討しました。比較サイトである程度の電力会社を割り出し、自分の生活に合う物を探しました。勿論、貰えるポイントも加味して選びました。その会社の変更により一年間に1~2万円程度の節約になります。

来年にはガス会社の自由化があります。その時にも今のガス会社との比較を行い日々の生活の固定費を下げていきたいと思います。毎日の食費の削減も大切な事ですが、固定費を下げると毎月の事なので結果は覿面に出てきます。

又、クレジット払いにして使用した分のポイントもしっかり頂いています。