節約や貯蓄についての豆知識

収入の額のうち、一番の支払い金額の高さを占めているのは、住居にかかるお金です。

生活上必要な間取り以外は極力避けられたほうがいいかと思われます。

例えば、書斎などが対象になります。

必要以上に書籍が増えてしまうと書棚が必要になってきます。

実際、生活をする上で書斎は本、書棚、デスクの配置が必要になってきます。

必要な書籍以外は購入する際、少し考えたほうが無難です。

例えば、漫画や単行本などがその対象です。

何回も読むことを目的とした本以外は極力避けましょう。

スマホや、自宅用の電話も携帯電話で「通信ツール」として十分に役に立ちます。

インターネットはパソコンでいいとも考えられます。

あと、自家用車の所有もレンタカーで用事が済ませられるのならば、維持費がかかりますので控えたほうが良いですね。

貯蓄は銀行もいいですが、株式投資もいい考えになると思われます。

何かの株を持っていると、配当金、配当物が得られることがあります。

事前に四季報などで配当について調べ、株を購入するのも節約や貯蓄に繋がります。

また、株は株式分割することもあります。

所持株数が増えてくると、配当に反映もしてきます。

株を購入する際は安くなった時点を調べ、キャピタルゲインを狙うのではなく、インカムゲインを投資目的にしましょう。