毎日の見直しが大事な、節約・無駄遣い防止法

私は貯金をするのはすごく苦手です。欲しい物があったら考えずに買ってしまうところもありますし、飲みにいくことが好きなのでどうしてもいい飲みのお誘いがあったときにはいってしまいます。

そこで自分の対策としては、「日々の支出の管理を徹底させること」その中で「自分の無駄遣いを止めるようにすること」ではあったのですが、この1週間自分の管理の甘さから支出の管理を怠ってしまいました。それと同時にまた欲しい物を買うということをしてしまって、無駄遣いをいっぱいしてしまうということがありました。

結果、自分の節約への意識というのは日々の支出の管理がすごく大事であるということは解ったのです。この管理というのもとても簡単なもので自分のおおまかな支出の欄の作成、日々そこに打ち込む。そして毎日でる小銭を貯金箱に入れる。これだけのことなのです。あとはコンビニにあまり行かないようにするために私は喫煙をするのですが、たばこは一回で数個購入し、通う回数というのを減らす。ということをしています。

この簡単な管理表だけでも自分の気持ちというのは制御できるので、今後毎日行えるように次なる対策を組んでみようとは思います。毎日の積み重ねで無駄のない生活ができるようになるとおもっています。

「なんとなく」をやめるために。

気付けばお財布の中が寂しい、無駄遣いしたつもりはないのに毎月ギリギリ…という方、いらっしゃいますか? 貯蓄を増やすためにその「なんとなく」を減らしましょう。

そのために、まずは「財布の中の大掃除」をしましょう。

気づけば溜まる財布の中のレシートやポイントカード。行き場所がないからそいつらは財布の中にたまってしまうのです。まずは「レシート入れ」「ポイントカード置き場」を作ります。紙袋でもお菓子の空き箱でもOKです。決まった「置き場所」を作るのがポイントです。

買い物をする時はなるべくレシートをもらいます。そして帰宅後にレシート入れへ移動させます。溜まるレシートを見て、自分が意外に買い物をしていることに気付くかもしれません。「食品」「趣味」など、レシートを分類分けするのも良いかもしれませんね。

ポイントカードは「その日使うものだけ」財布に入れるように心がけましょう。作ってもらったものの全く使っていないカードは思い切って処分しましょう。持っていることを忘れているようなカード、財布に入っていても使えませんよね。

節約・貯蓄は嫌々取り組むとしんどくなります。目標や休憩ポイントを設定して、前向きに取り組みましょう。