ShuFooで上手に節約をしよう。

節約をするために新聞を取っていなくて、広告とかに触れる機会がないような方問うのも結構いるんじゃないかと思います。
そんな方のためにぜひ使ってほしいものとしてShuFooというアプリがあります。

このアプリは国内最大級レベルの電子チラシサービスです。
このアプリがあれば、基本的に新聞チラシを持っていなくてもチラシの内容をスマホ一つで確認ができますから、仕事帰りにチラシを見てみていくというようなことも可能です。
仕事帰りに安いものを買って節約しようということが可能ですから、これから節約生活を送ろうとする方はとても重宝するアプリです。

さらに、アプリを利用するとよりいいこともあります。 実はTポイントと連携しており、チラシを見ることによって1日に2ポイント分のTポイントが入ってきますので
チラシを見るだけで収入まで得られるという更にお得な状況を作ることができるというわけなのです。
チラシを見る数が多ければ多いほどTポイントがもらえる抽選もあります。

チラシもタダで色々な企業やスーパーの情報が見放題でありますので、見比べるのも結構簡単にできるというのです。

これからの買い物の節約術はこのサプリなしには語れませんので、ぜひ利用してみてください。

節約って難しいの?へそくり貯金って何?

私は独身で、主婦ではありませんが、日々節約を心掛けています。節約をするようになったキッカケは、節約界のカリスマ丸山晴美さんの節約についての本を古本屋で購入し、読んだことがキッカケです。それまではさほど節約してませんでしたが、丸山晴美さんの影響を受けて節約を意識するようになりました。

お金持ちの人でもしっかりちゃんと節約しているというその本の話は驚きでした。具体的に私が行っている節約は、へそくり貯金と呼んでいる貯金をしています。毎月少額ですが郵便局や銀行の自分の口座に数千円でも入金して貯金したりしています。これがへそくり貯金です。

あとは使うお金は種類別に茶封筒に入れて袋分けしたりしています。これが何にいくら使うのか分かりやすく、使いすぎ防止になります。あとは貯金箱に小銭貯金をしていて、貯まったお金は自分の趣味に使ったりしています。それといつも仕事に行くときには手作りお弁当を持参して行き、昼食のランチ代を節約したりしています。

毎日のランチ代が一か月分だと結構かかってしまうので、いつも自分で手作りお弁当を作っています。といっても私はあまり料理が得意じゃないので、安いお弁当用の冷凍食品を活用していて、手抜きですが安くておいしい手作り弁当で、おいしいうえに節約になっています。

予想外のまったり時間もくれた節約

今日まで、自分が思い立った節約術はすべて実行してきたつもりでいた。しかし、まだまだ考えが足りなかったことを知る。それは主婦のお昼ご飯だ。

日頃から倹約していることもあって、ついつい「お昼くらい」という感覚で食べたり食べなかったり。はたまたお菓子のポテトチップスで済ませてしまったり、空っぽのお腹に耐えられなくなって、近くのコンビニで手軽なものを購入してしまうことがある。この、「ついつい」を続けることの危険性。なんでもそれは当たり前のようになっていく。

そこで、この冬の時期を利用して、「スープジャー」という容器を購入し、朝のうちにお昼も作ってしまうという手段を覚えた。時短にもなること、お昼ご飯に悩む買い物がなくなること、なにより、野菜やお肉、雑穀なども入れ、カレー味にしたり味噌味にしたり飽きがこないよう、アレンジができる。

そのうえお菓子なんか食べてるより、はるかに体にいいし、栄養満点だ。更に、蛇口から出るお湯も、暫く使わないと冷たくなって、またお湯になるまでに時間がかかるが、それも解消される。朝の片づけのついでに作ってしまえばいいのだから。大好きなTVドラマを見ながらゆったりとお昼を食べる日々、経済面だけでなく、価値ある時間を節約する手段でもある。

髪の毛は、セルフカットで切っています

私は、節約のために、髪の毛は自分で切るようにしています。

もちろん、美容室に行った方が綺麗に切ってくれますし、良いという事は分っているのですが、今は節約をしたいと思っている時期なので、一回美容室に行くと数千円のお金がかかるので、今は、一年間、美容室に行かずに自分で髪の毛を切って貯蓄をしています。

ショートカットなどの、難しい髪型はできませんが、ボブで揃えた髪型で、さらにもしも失敗しても髪の毛を髪留めで留めれるくらいの長さにしておけば、失敗をしても髪の毛をくくってごまかす事ができます。

それに、周りの人に、自分で髪の毛を切っている事を伝えるととても驚かれます。

髪の毛を自分で切って、美容室での費用を節約している他に、紙の毛を短くする事で、ドライヤーを掛ける時間も短くなるので、電気代の節約にもなります。

さらに、髪の毛を洗い流すための水道代や、シャンプー代なども、髪の毛を切る事で節約する事ができるので、私は、自分で切る事を辛いと思わずに楽しんでいます。

自分で髪の毛を切る事は、楽しくてさらに貯蓄にもなるので、これからも、楽しみながら、節約・貯蓄をしていけたらいいなと思っています。

この節約方法で、1万円以上は節約できていると思います。

毎日の見直しが大事な、節約・無駄遣い防止法

私は貯金をするのはすごく苦手です。欲しい物があったら考えずに買ってしまうところもありますし、飲みにいくことが好きなのでどうしてもいい飲みのお誘いがあったときにはいってしまいます。

そこで自分の対策としては、「日々の支出の管理を徹底させること」その中で「自分の無駄遣いを止めるようにすること」ではあったのですが、この1週間自分の管理の甘さから支出の管理を怠ってしまいました。それと同時にまた欲しい物を買うということをしてしまって、無駄遣いをいっぱいしてしまうということがありました。

結果、自分の節約への意識というのは日々の支出の管理がすごく大事であるということは解ったのです。この管理というのもとても簡単なもので自分のおおまかな支出の欄の作成、日々そこに打ち込む。そして毎日でる小銭を貯金箱に入れる。これだけのことなのです。あとはコンビニにあまり行かないようにするために私は喫煙をするのですが、たばこは一回で数個購入し、通う回数というのを減らす。ということをしています。

この簡単な管理表だけでも自分の気持ちというのは制御できるので、今後毎日行えるように次なる対策を組んでみようとは思います。毎日の積み重ねで無駄のない生活ができるようになるとおもっています。

忙しい時ほど節約を心がける

統計では、収入が高い人ほど貯金が少ないと言う指摘があります。忙しく働き、多くのお金を得ている人ほど、例えば「今から家に帰って夕食を作るのはめんどくさい」と思ってしまい、つい帰り道に外食をしてしまったり、お弁当を作ると時間がかかるからと、つい社食やレストランでランチを済ませてしまうなど、お金で解決してしまう傾向があるからです。また、年収の高い独身女性の中には、家に帰るのにタクシーを使ったり、ついスタバに寄りすぎてしまったりして貯金がほとんどできていない、と言う人も珍しくないのです。

忙しいと、ついお金で解決しようと思ってしまうこともあるかもしれません。疲れているときに自炊はしたくないですよね。しかし、そのようなときこそ節約を意識する必要があります。お金があるからお金で解決と考えていると、絶対にお金はたまりません。それどころか、お金をどんどん失っていくことになるのです。

特に独身者の場合、スタバでお金を使ってしまう事は多いようです。おしゃれですし、なんとなく高級な感じがして、つい通いつめてしまうと言う人もいるようですが、出品の点では気をつけなければなりません。外食は贅沢と捉え、貯金を考えていきましょう。

私が行っている節約と貯蓄について

私は日々節約を行なっています。ささいなことでまずは水道光熱費から節約することにしています。身近なもので料金を減らすのはここからしかないと感じたからです。水道に関してはよほどのことはしていません。あるとすればトイレです。

トイレは大と小で水が流れる量が区別してあります。大はだいたいの水の量が一回につき一リットルくらいです。小はそれよりも多少少ない量でしかしようしていません。なので私はなるべくトイレは小でながすようにしています。食器を洗う際はなるべくこまめに水道はとめながら洗うようにしています。

電気はなるべく部屋の一箇所でしか使わないようにしています。そして一箇所をつけたらこまめに消さないようにしています。逆効果になってしまう可能性があるからです。日中はなるべくカーテンを開けて太陽の光を、洗濯物に関しては浴室乾燥機を使うのではなくて外に干して乾かすようになど今までしてきていた無駄をなくすようにしています。

ガスは最近は電子レンジを使うので急激に安くなっています。食器を洗う際も暖かい水は使わないのでガスは使いません。貯蓄に関しては、通帳を分けて、貯める専用の通帳を作っています。なのでどんどん溜まっていくのが最近楽しくなってきました。

突発的に無駄な出費を抑えて節約

節約って意外に難しいですよね。私は一人暮らしを始めてその難しさに気づきました。光熱費を抑えるのはもちろんですが、自分の物欲に勝たなければいけません。そこで私が考えた節約は、無理して買わないという事です。

当たり前ですがなかなか出来ない事だと思います。これは例えばセールや期間限定でお得になっている時、つい今買わなければと買ってしまう事があります。しかし家には同じものがあったり、冷蔵庫の中に十分な食材があります。

よくよく考えるとこれって損をしているんじゃないかと思うのです。特に一人暮らしだと食べるのは1人です。沢山食材を買って作ってそれを食べきれるのかどうか、日持ちするものなら良いですが大概長くて1週間程度ではないでしょうか。

安いから、今しかお得になっていないからと買ってしまうのは節約になっていない。そこで買うポイントとしては本当に今必要なものかを吟味して買うという事です。例えば食材であれば自宅にあるものと照らし合わせて必要と思う時には買う、まだ残っているもしくは今度でもよい(ここでいう今度は1週間)と思うものは買わないといった感じです。

日用品は期限がなく日々消耗されていくものが多いので安い時に買うのがお得だとは思いますが、ポイントが2倍の時やキャンペーン時に買うともっと良いと思います。当たり前の事ですが、セールや価格に目がくらんで本当に必要かを考えないまま買ってしまう事ってあると思います。

実質私のその一人ですが。これをしっかりするだけで無駄な出費を抑える事ができると思います。セール時に合わせて消費できるようにスケジュールを組むのもいいと思います。お得な時と自分の必要なタイミングを見極めて節約していきましょう。

塵も積もれば大金になる500円玉貯金!

“私が20歳の頃からしている節約方法は、500円玉貯金です!
やり方は本当にシンプルで簡単なものです。貯金箱に500円玉が出たら入れるだけ!
オススメは貯金箱は中が見えるようなスケルトンタイプが経過を見れるのでいいですよ。
500円が出たら毎日財布チェックをして貯金箱に入れるスタイルですが、私は買い物とか行くと
500円玉が出るように計算しています(笑)一日に1枚入れるだけでも一カ月で15000円ほどになりますよ~!
貯金箱に開始した日を記入しておくとあとで集計したときの目安になります。
たった500円と思う人もいるかもしれませんが、塵も積もれば山となるのように大金に化けますよ!
私は今までもう5代目くらいの貯金箱ですが完全に500円玉貯金の魅力にハマってしまいました。
堅苦しくなくあるときに気軽に溜めれる感じが続けられる大きなポイントだと思います。
溜まったときの達成感はやめられません!30万円分の貯金箱をパンパンにしてこの間銀行で計算したら40万近くありました!
なかったものとして考えると大きいですよね~!
私は溜めたもので旅行に行く資金にしたり、ご褒美でおいしいものを食べたり欲しいものを買ったりしていますよ。”

自分がやっていて意味の無かった節約

“私は現在25歳の男性です。大学生の頃、私は遊ぶ金欲しさに様々な節約をしていました。
しかしやってみて思ったことはそのほとんどがあまり意味の無い節約術でした。
今回はいくつかその節約術を紹介したいと思います。

まず1つ目に試したことお昼の食費を削ることでした。
私自身は、あまり食べなくても大丈夫な体質だったので大学に入った頃からお昼ご飯を食べることがあまりありませんでした。
1ヵ月に2回程度食べれば良いと持っていたのですが昼からの授業にお腹がすくなどの支障をきたし、また帰ってからパンなどの
お菓子を食べることが多くなったので実際には少し太ったりするなど、健康面ではあまり意味がありませんでした。
また、結局帰ってからパンなどを食べたりするのでそのお金を使う分の出費がありました。
結果、金銭面でもあまり意味がありませんでした。

2つ目は安いものばかりを使ったことです。私はイヤホンやバックなど基本的に安いものばかりを学生の時に使用していました。
しかし、イヤホンはすぐに片方の方の音が聞こえなくなり買い換えなければいけなくなりました。また、バックはすぐに周りが剥げて
ボロボロになり最終的には底が抜けたり肩にかける紐などが壊れてしまい1年ごとに買い換えなければならなくなりませんでした。
このような経験を踏まえて今では、全てなるべく長持ちするように高いものを使っています。

今現在私は、学生時代の時にこのような節約をしてしまったことをとても後悔しています。
節約をするときには、なるべくストレスにならずほどほどにやることが大事だと思います。”