キャッシュレスで節約

意識して節約をしていたわけではないですが、今までと変えたことは銀行で現金を引き出す回数を減らしたことです。財布の中がなくなるたびに少しずつATMに行って引き出していました。手数料無料の回数内であれば良いですが、節約ということが頭にあると少額の引き出しを何回も繰り返してしまっていました。

手数料は、たかが数百円かもしれませんが、年間いくらになるでしょうか。どうしたかと言うと、クレジットカード決済とICカード決済をいくら安くても使うようにしました。現金を持ち歩くこともなくなり、小銭もジャラジャラということもなくなりました。何でもクレジットカードで買ってしまいそうと思われるかもしれませんが、そこは節約モードでセーブしながら使えば、今までどおりの生活が出来ます。

それに、クレジット会社のポイントも貯まっていき、そのポイントで買い物ができたりもしました。劇的な節約には結びつかないかも知れませんが、懐に現金を持っていると意外と太っ腹になり人におごったりと使い方が派手になってしまいます。

これが意識しないで抑えられることが大きい効果になりました。買い物好きで派手に使う人には向いていない方法かも知れませんが、キャッシュレスな節約方法を自分はお勧めします。

行える事を講じる

ここ数年は、節約は気にはしていますし、貯えは毎月やっています。学費に関して言えば、我が家の場合は、こどもが生まれたときから学費保険などはしていないので、こどもが中学くらいから本格的に貯める様になっていらっしゃる。目下思えば、こどもが生まれたときから少しずつでも貯めておけばよかったと思います。只今、高校・教え子のこどもですので、意外とお金が要る年だ。
こういう数値通年は、子供たちや恋人のお弁当は合計オリジナルにして、持っていっていらっしゃる。毎日のごはんお代もはなはだ節約になっています。明方起き上がるのは、しんどい時もありますが、嬉しいと言って得ることや節約を考えたら、踏ん張れます。
最近は、自宅での着物は、子供たちのお下がりを着ていることも多いだ。子供たちの衣替えの場合、いらなくなった着物が出ますが、その中で着れそうな着物をください。最近は、断舎利という口上通り、本当は敢然と捨ててしまったほうが良いのかもしれないですが、これも1つの節約です。子供たちは、やっぱ流行りの着物に左右されます。わたくしはといいますと、ひとまず外で着る着物は複数ありますが、今どきそこまで着物に執着せず、あんまり着物に関しての物欲がないのです。出陣用の着物は、複数で可。服装関係の費消はさんざっぱら減っていらっしゃる。

節約のプロが行ってる食生活を紹介!

「節約」というと、食べたいものがたべられない…とか、買いたいものが買えない…というマイナスなイメージを持っている人も多いかと思います。しかし、心配は無用です。食生活においてのみ節約することができるならば、ほかの事に使えるお金が2倍3倍と増えてしまうのです。収入の3分の1は食費に使われると考えてもいいでしょう。しかし、今から紹介する方法はその食費をどんどん少なくし、かつ、美味しい料理が食べられる方法です。

まず、節約における重要な食材を紹介します。

一つ目は、納豆!畑の肉と言われる程で、栄養価も高く、安価で購入できるのでオススメです。また使用方法も豊富で、ご飯にかけるのはもちろん、パンにかけても美味しい魔法の一品なのです。

二つ目は、もやしです。もやしは安価で手に入れることができ、そしてなんと言っても量がとても多いので数日はもちます。また、ポン酢や、ゴマタレなどと一緒に食べてもさっぱりした味わいを楽しむことができます。節約家にとっては相棒のような食べ物です。

三つ目は、ブロッコリーです。

ブロッコリーは、納豆やもやしと比べ少し値段は高いですが、そんなの誤差の範囲といえるでしょう。ブロッコリーには、ビタミンB6やB12が豊富に含まれるので、偏った食生活でなる口内炎などになりにくくする効果があります。

また、この食材も使用方法豊富なので是非検討してみてください。

これらの、食品にアレンジを加えたり時にはそのまま食べる事によって、栄養を補いつつお金を節約できる。これが節約のプロが行っている食生活なのです。

どうでしたか?この食生活を始めてみたいと思ったそこのあなた。是非始めてみてください!

節約をするポイントになるクレジットカード

クレジットカードは便利だと思います。

しかし使いすぎてしまうと引き落としの際に思った以上の金額が請求されていて、ビックリすることもあります。

管理はしっかりと行わなければいけまん。

そんなクレジットカードの中でポイントを支払の際に使うことができるものがある、と聞きました。

年会費、入会金無料のクレジットカードにはそういうサービスはありませんが、会費がかかるようなクレジットカードの中にはあるそうです。

自分でどれくらいの頻度、クレジットカードを使うのか考えた上で、会費を払ったほうがお得になるということも検討したほうがよいようです。

親族の中にポイントが引き去りの際に使うことができる、というクレジットカードを持っている人がいます。

使用頻度はそんなに高くはないのですが、何かあった時にクレジットカード払いにするということなので、便利だそうです。

クレジットカードは持つ種類によって節約にもなります。

上手に使っていくことによってメリットも得ることができるようになってくるので、節約をしたいと考えているのであれば、今使っているクレジットカードを見直してみるのもよいでしょう。

使いすぎないということが前提ですが、それでも種類を考えることは必要です。

食費を節約して貯蓄にまわしています。

最近、新築一戸建てを購入し貯金がすっかり減ってしまいました。家計簿をつけてみて、生命保険や車の保険、スマホ台はなかなか減らそうと思っても厳しいし、食費から節約するしかないかな?と思い実践してみました。

コツとしては、買い物に行った時にあれもこれもと買わないことです。今日はこの野菜が安い!これも安い!と買ってしまっても、結局余ったり、いざレシピを見て作ろうとしたら他の材料が足りなくて作れない、などがあって腐らせることも多々ありました。まずは、食材は余らない工夫が必要と考え、1週間の献立を考えて、買い物リストを作成することにしました。最近はアプリなどで料理レシピが見れますので本当に助かります。セールの日に1週間分を買ってやりくりするようになりました。

他にも、冷凍保存ができるものをセールの日に大量に買っておきます。買ってきたその日に、鶏肉を一口サイズに切ったり、1回分の使用量に小分けしてラップします。そして、冷凍した日付を記入しておけば、古い日付の物から使えますし、1回分毎に小分けしてあるので、お弁当の材料や少しだけ使いたい時にとても便利です。

これらのことを始めてからは無駄な買い物が減り、毎月の食費を減らすことに成功しました。

節約や貯蓄についての豆知識

収入の額のうち、一番の支払い金額の高さを占めているのは、住居にかかるお金です。

生活上必要な間取り以外は極力避けられたほうがいいかと思われます。

例えば、書斎などが対象になります。

必要以上に書籍が増えてしまうと書棚が必要になってきます。

実際、生活をする上で書斎は本、書棚、デスクの配置が必要になってきます。

必要な書籍以外は購入する際、少し考えたほうが無難です。

例えば、漫画や単行本などがその対象です。

何回も読むことを目的とした本以外は極力避けましょう。

スマホや、自宅用の電話も携帯電話で「通信ツール」として十分に役に立ちます。

インターネットはパソコンでいいとも考えられます。

あと、自家用車の所有もレンタカーで用事が済ませられるのならば、維持費がかかりますので控えたほうが良いですね。

貯蓄は銀行もいいですが、株式投資もいい考えになると思われます。

何かの株を持っていると、配当金、配当物が得られることがあります。

事前に四季報などで配当について調べ、株を購入するのも節約や貯蓄に繋がります。

また、株は株式分割することもあります。

所持株数が増えてくると、配当に反映もしてきます。

株を購入する際は安くなった時点を調べ、キャピタルゲインを狙うのではなく、インカムゲインを投資目的にしましょう。

まずは整理整頓をすることが節約の第一歩

節約の第一歩は整理整頓ではないでしょうか。

節約とはそもそも「無駄な出費を抑える」ことです。

何が必要で何が無駄なのかは自宅にある物を把握しないとわかりません。

良くある例としては、冷蔵庫がパンパンのご家庭です。

冷蔵庫の中の食品が多すぎて何が入っているのか把握しきれていないので、買い物に行った時にすでにある商品まで購入してしまう、その結果、消費しきれず捨ててしまうという無駄を作ってしまうのです。

確かに食品や日用品のストックも大切ではあります。

しかし、そのストックの期限、在庫量を把握しておかなければ、買い物へ行った時に何が必要で何が不要かの判断ができません。

節約が苦手な人のご家庭はあまり整理整頓ができていないことが多い傾向にあるのは、このことが関連してきます。

まずは一か所でも構いません、整理整頓をするようにしましょう。

そこから徐々に範囲を広げていけばよいのです。

冷蔵庫からはじめて衣類、日用品、最終的にはお財布の中など整理整頓の習慣を身に着ければ買い物も楽になります。

いったん思考が切り替われば、このことを応用して保険の見直しなどへも使えるようになるでしょう。

やみくもに「出費を抑える」のではなく、整理整頓を心掛けて本当に必要な物が何か、不要な物はなにかを把握することが節約には肝心です。

ShuFooで上手に節約をしよう。

節約をするために新聞を取っていなくて、広告とかに触れる機会がないような方問うのも結構いるんじゃないかと思います。
そんな方のためにぜひ使ってほしいものとしてShuFooというアプリがあります。

このアプリは国内最大級レベルの電子チラシサービスです。
このアプリがあれば、基本的に新聞チラシを持っていなくてもチラシの内容をスマホ一つで確認ができますから、仕事帰りにチラシを見てみていくというようなことも可能です。
仕事帰りに安いものを買って節約しようということが可能ですから、これから節約生活を送ろうとする方はとても重宝するアプリです。

さらに、アプリを利用するとよりいいこともあります。 実はTポイントと連携しており、チラシを見ることによって1日に2ポイント分のTポイントが入ってきますので
チラシを見るだけで収入まで得られるという更にお得な状況を作ることができるというわけなのです。
チラシを見る数が多ければ多いほどTポイントがもらえる抽選もあります。

チラシもタダで色々な企業やスーパーの情報が見放題でありますので、見比べるのも結構簡単にできるというのです。

これからの買い物の節約術はこのサプリなしには語れませんので、ぜひ利用してみてください。

節約って難しいの?へそくり貯金って何?

私は独身で、主婦ではありませんが、日々節約を心掛けています。節約をするようになったキッカケは、節約界のカリスマ丸山晴美さんの節約についての本を古本屋で購入し、読んだことがキッカケです。それまではさほど節約してませんでしたが、丸山晴美さんの影響を受けて節約を意識するようになりました。

お金持ちの人でもしっかりちゃんと節約しているというその本の話は驚きでした。具体的に私が行っている節約は、へそくり貯金と呼んでいる貯金をしています。毎月少額ですが郵便局や銀行の自分の口座に数千円でも入金して貯金したりしています。これがへそくり貯金です。

あとは使うお金は種類別に茶封筒に入れて袋分けしたりしています。これが何にいくら使うのか分かりやすく、使いすぎ防止になります。あとは貯金箱に小銭貯金をしていて、貯まったお金は自分の趣味に使ったりしています。それといつも仕事に行くときには手作りお弁当を持参して行き、昼食のランチ代を節約したりしています。

毎日のランチ代が一か月分だと結構かかってしまうので、いつも自分で手作りお弁当を作っています。といっても私はあまり料理が得意じゃないので、安いお弁当用の冷凍食品を活用していて、手抜きですが安くておいしい手作り弁当で、おいしいうえに節約になっています。

予想外のまったり時間もくれた節約

今日まで、自分が思い立った節約術はすべて実行してきたつもりでいた。しかし、まだまだ考えが足りなかったことを知る。それは主婦のお昼ご飯だ。

日頃から倹約していることもあって、ついつい「お昼くらい」という感覚で食べたり食べなかったり。はたまたお菓子のポテトチップスで済ませてしまったり、空っぽのお腹に耐えられなくなって、近くのコンビニで手軽なものを購入してしまうことがある。この、「ついつい」を続けることの危険性。なんでもそれは当たり前のようになっていく。

そこで、この冬の時期を利用して、「スープジャー」という容器を購入し、朝のうちにお昼も作ってしまうという手段を覚えた。時短にもなること、お昼ご飯に悩む買い物がなくなること、なにより、野菜やお肉、雑穀なども入れ、カレー味にしたり味噌味にしたり飽きがこないよう、アレンジができる。

そのうえお菓子なんか食べてるより、はるかに体にいいし、栄養満点だ。更に、蛇口から出るお湯も、暫く使わないと冷たくなって、またお湯になるまでに時間がかかるが、それも解消される。朝の片づけのついでに作ってしまえばいいのだから。大好きなTVドラマを見ながらゆったりとお昼を食べる日々、経済面だけでなく、価値ある時間を節約する手段でもある。