忙しい時ほど節約を心がける

統計では、収入が高い人ほど貯金が少ないと言う指摘があります。忙しく働き、多くのお金を得ている人ほど、例えば「今から家に帰って夕食を作るのはめんどくさい」と思ってしまい、つい帰り道に外食をしてしまったり、お弁当を作ると時間がかかるからと、つい社食やレストランでランチを済ませてしまうなど、お金で解決してしまう傾向があるからです。また、年収の高い独身女性の中には、家に帰るのにタクシーを使ったり、ついスタバに寄りすぎてしまったりして貯金がほとんどできていない、と言う人も珍しくないのです。

忙しいと、ついお金で解決しようと思ってしまうこともあるかもしれません。疲れているときに自炊はしたくないですよね。しかし、そのようなときこそ節約を意識する必要があります。お金があるからお金で解決と考えていると、絶対にお金はたまりません。それどころか、お金をどんどん失っていくことになるのです。

特に独身者の場合、スタバでお金を使ってしまう事は多いようです。おしゃれですし、なんとなく高級な感じがして、つい通いつめてしまうと言う人もいるようですが、出品の点では気をつけなければなりません。外食は贅沢と捉え、貯金を考えていきましょう。

私が行っている節約と貯蓄について

私は日々節約を行なっています。ささいなことでまずは水道光熱費から節約することにしています。身近なもので料金を減らすのはここからしかないと感じたからです。水道に関してはよほどのことはしていません。あるとすればトイレです。

トイレは大と小で水が流れる量が区別してあります。大はだいたいの水の量が一回につき一リットルくらいです。小はそれよりも多少少ない量でしかしようしていません。なので私はなるべくトイレは小でながすようにしています。食器を洗う際はなるべくこまめに水道はとめながら洗うようにしています。

電気はなるべく部屋の一箇所でしか使わないようにしています。そして一箇所をつけたらこまめに消さないようにしています。逆効果になってしまう可能性があるからです。日中はなるべくカーテンを開けて太陽の光を、洗濯物に関しては浴室乾燥機を使うのではなくて外に干して乾かすようになど今までしてきていた無駄をなくすようにしています。

ガスは最近は電子レンジを使うので急激に安くなっています。食器を洗う際も暖かい水は使わないのでガスは使いません。貯蓄に関しては、通帳を分けて、貯める専用の通帳を作っています。なのでどんどん溜まっていくのが最近楽しくなってきました。

突発的に無駄な出費を抑えて節約

節約って意外に難しいですよね。私は一人暮らしを始めてその難しさに気づきました。光熱費を抑えるのはもちろんですが、自分の物欲に勝たなければいけません。そこで私が考えた節約は、無理して買わないという事です。

当たり前ですがなかなか出来ない事だと思います。これは例えばセールや期間限定でお得になっている時、つい今買わなければと買ってしまう事があります。しかし家には同じものがあったり、冷蔵庫の中に十分な食材があります。

よくよく考えるとこれって損をしているんじゃないかと思うのです。特に一人暮らしだと食べるのは1人です。沢山食材を買って作ってそれを食べきれるのかどうか、日持ちするものなら良いですが大概長くて1週間程度ではないでしょうか。

安いから、今しかお得になっていないからと買ってしまうのは節約になっていない。そこで買うポイントとしては本当に今必要なものかを吟味して買うという事です。例えば食材であれば自宅にあるものと照らし合わせて必要と思う時には買う、まだ残っているもしくは今度でもよい(ここでいう今度は1週間)と思うものは買わないといった感じです。

日用品は期限がなく日々消耗されていくものが多いので安い時に買うのがお得だとは思いますが、ポイントが2倍の時やキャンペーン時に買うともっと良いと思います。当たり前の事ですが、セールや価格に目がくらんで本当に必要かを考えないまま買ってしまう事ってあると思います。

実質私のその一人ですが。これをしっかりするだけで無駄な出費を抑える事ができると思います。セール時に合わせて消費できるようにスケジュールを組むのもいいと思います。お得な時と自分の必要なタイミングを見極めて節約していきましょう。

塵も積もれば大金になる500円玉貯金!

“私が20歳の頃からしている節約方法は、500円玉貯金です!
やり方は本当にシンプルで簡単なものです。貯金箱に500円玉が出たら入れるだけ!
オススメは貯金箱は中が見えるようなスケルトンタイプが経過を見れるのでいいですよ。
500円が出たら毎日財布チェックをして貯金箱に入れるスタイルですが、私は買い物とか行くと
500円玉が出るように計算しています(笑)一日に1枚入れるだけでも一カ月で15000円ほどになりますよ~!
貯金箱に開始した日を記入しておくとあとで集計したときの目安になります。
たった500円と思う人もいるかもしれませんが、塵も積もれば山となるのように大金に化けますよ!
私は今までもう5代目くらいの貯金箱ですが完全に500円玉貯金の魅力にハマってしまいました。
堅苦しくなくあるときに気軽に溜めれる感じが続けられる大きなポイントだと思います。
溜まったときの達成感はやめられません!30万円分の貯金箱をパンパンにしてこの間銀行で計算したら40万近くありました!
なかったものとして考えると大きいですよね~!
私は溜めたもので旅行に行く資金にしたり、ご褒美でおいしいものを食べたり欲しいものを買ったりしていますよ。”

自分がやっていて意味の無かった節約

“私は現在25歳の男性です。大学生の頃、私は遊ぶ金欲しさに様々な節約をしていました。
しかしやってみて思ったことはそのほとんどがあまり意味の無い節約術でした。
今回はいくつかその節約術を紹介したいと思います。

まず1つ目に試したことお昼の食費を削ることでした。
私自身は、あまり食べなくても大丈夫な体質だったので大学に入った頃からお昼ご飯を食べることがあまりありませんでした。
1ヵ月に2回程度食べれば良いと持っていたのですが昼からの授業にお腹がすくなどの支障をきたし、また帰ってからパンなどの
お菓子を食べることが多くなったので実際には少し太ったりするなど、健康面ではあまり意味がありませんでした。
また、結局帰ってからパンなどを食べたりするのでそのお金を使う分の出費がありました。
結果、金銭面でもあまり意味がありませんでした。

2つ目は安いものばかりを使ったことです。私はイヤホンやバックなど基本的に安いものばかりを学生の時に使用していました。
しかし、イヤホンはすぐに片方の方の音が聞こえなくなり買い換えなければいけなくなりました。また、バックはすぐに周りが剥げて
ボロボロになり最終的には底が抜けたり肩にかける紐などが壊れてしまい1年ごとに買い換えなければならなくなりませんでした。
このような経験を踏まえて今では、全てなるべく長持ちするように高いものを使っています。

今現在私は、学生時代の時にこのような節約をしてしまったことをとても後悔しています。
節約をするときには、なるべくストレスにならずほどほどにやることが大事だと思います。”

毎月決まった額を貯金しています

正直我が家はあまり収入が多いほうではないと思います。

毎月とても苦労しながら、決まった生活費の中でやりくりをしています。

なので生活に余裕のある方とは違って、色々と節約をしなければなりません。

正直節約をするのはとてもストレスがたまるのですが、それをしないと満足のいく貯蓄が出来ないので日々我が家なりに頑張っています。

まず一番最初にしていることは、毎月決まった額の貯金をすることです。

これを最初にしてしまい、すでに無いものとして生活を始めるのです。

残ったお金で貯金しようと思ったら、それは人間なかなか出来ません。

やはり手元に少しでも余裕のあるお金があると、何かしらに散財してしまうのです。

なのでまず、決まった額を設定して、そのお金を先に貯金するようにしています。

そして肝心の節約に関してですが、我が家で行っている方法としてあまり頻繁に外食をしない、買い物をしないということが挙げられます。

外食というのは本当に高いものです。

これを度々しているとかなり食費がかかってしまいます。

そして買い物に関しても、頻繁にスーパーなどに行ってしまうと、今絶対に必要でないものでも買いたくなってしまう恐れがあるので、日々買い物はまとめ買いにして、そこまで頻繁にスーパーに行かないようにしています。

おうちでのんびりお金をかけない生活

週末はとりあえずお金がかからない生活というのを心がけています。どうしたら休日にお金をかけないで済むかな?と考えて行動しているのですが、ひとまずお出かけしない方がお金がかからないので、おうちでどれだけ快適に過ごせるかというのに挑戦している感じです。

コーヒー一杯でも、とりあえずコーヒー豆を買っておいて、ゆっくりと入れるだけで贅沢な気分になります。コーヒー豆はちょっとだけ奮発してスタバのものを購入するのですが、100gから対応してくれて500円くらいで買えるので重宝しています。

それから無料で気持ちよくなれることとして、天気が良ければ布団を干すとかですね。これだけでフカフカのお布団にダイブできて気持ち良い感じ。あとは、撮りためたテレビ番組を見たりすることでストレス発散になってます。さらにいえば、休日なんかは平日のためにつくりおきすることが多く、これをするだけでかなりの節約に。時間も使うし節約になるしで一石二鳥って感じですね。

とにかく休日は平日のための準備にあてることでお金の節約をしています。あとは図書館で借りてきた本を読んだりで結構時間的には潰れておしまいって感じです。おかげでまとまった資金を得ることができたりと嬉しいことばかりです。

日々の節約を習慣にすることで貯金へと繋がる。

二年前に一人暮らしを始めてから実家にいた頃よりも、お金にシビアになりました。

実家の頃は家にお金を入れていたとしても家賃も光熱費も掛からなかったので気持ちに余裕があり親元だった為、甘えもありました。

でも一人暮らしになってから生活にかかるお金は全て自分持ちになったからこそ、前以上には貯金もしづらくなってしまいました。

なので、なるべく節約するようにはしていて洋服や美容商品なども「今、これ必要なのかな?」と考えるようになり我慢する事を覚え衝動買いを抑える事はしています。

食事も一人の時はなるべく外食を抑え自炊するようにしたり買った野菜も全部使い切る様にしています。

それでも、たまに外食したい美味しいものを食べに行きたいと思った時は我慢せずに給料日後に一回など回数は抑えめにしています。

食材を買う時はスーパーなどで割引になっているものを選ぶようにしていたり、割引になる時間帯を狙って買いに行ったりしています。

交際費は節約し過ぎると楽しめないので友人とのご飯は居酒屋ではなくファミレスなどコストがかからない飲食店を選ぶようにしています。

私は昔からお金はあるだけ使ってしまうタイプだったたため口座にお金があったらまだ使えると判断してしまいつい下ろしたりしていました。

でも、それでは貯金もできないと感じ定期預金の積立式でお金を貯めることにしました。

いま現在は貯金額も50万近く貯まっています。余裕があると使ってしまう癖もあるので、これからも定期預金は解約せず今の生活習慣は崩さないようにするつもりです。

大食漢の節約は辛いけどなれればこれまた楽しい

やはり食費を節約するのが大きいです。まず家族がよく食べるのでなるべく出費を抑えたいと思い、食費に着目しました。狙うは半額商品です。近所にスーパーが多く、どこのお店で何時から半額シールが貼られるのか大抵把握しています。その時間になるとなんとなく現れる人々。

彼らもやはり半額目当てなのです。いつのまに顔なじみになってしまいます。それからクーポンをよく利用します。会員登録をしておくといくらか割引になったり、ポイントが加算されるのでそれを目当てに買い物します。それから見切り品。賞味期限間近のため値下げコーナーなどよくありますよね。そのコーナーを必ずチェックします。お菓子などはそこでゲットします。

それから業務スーパーもよく利用します。お弁当のおかずやお惣菜がキロ単位で買うことができます。一度に多く一般の家庭なら食べる前に腐らせてしまう可能性が否めませんが、我が家は大食漢が多いのでそういった心配はありません。普通のサイズで売られているものを買う方が割高です。

あとは調理法です。野菜は皮をむきません。そのまま使って捨てるところをなるべく少なくします。大根の葉は佃煮、お茶っぱも出がらしは佃煮のようにしてゴミを少なくすると同時に惣菜に変身させています。

着物フィーを節約するために古物商をフル活用

3年齢のお子さんと2個々ライフスタイルの女子だ。マイホームでは古物商を頻繁に利用して、お子さんと私の服装や製品価格を切り捨ていらっしゃる。とても、ベビー服は直ちにボリュームが変わってしまってワン時分したら二度と着れないなんて事は毎年あります。諦めるのはもったいないし、次のボリュームの衣装も購入したいけど新品を買うのはコストが増えるので、古物商で着れなくなった物を売ってその給与でまたそのお暖簾で買うようにしています。おんなじ暖簾で取り引きすれば互いの利点が溜まるので、絶えずおんなじ暖簾を利用するようにしているのもポイントです。

また出来事で服装の詰め込み放題をやるお天道様をチェックして更にお得に購入するようにしています。こういう詰め込み放題で前回は俺とお子さんの衣装合わせて32着を500円でゲットしました。私の衣装も同じように飽きて着なくなったものを融資して賢く使い回ししていらっしゃる。また譲るご時世は夏物なら春に、とその時分前に売りに行くと夏季の終わりに譲るより激しく買い取ってくれるので、譲るご時世も考えながらお暖簾を利用しています。子も古着がお断りとか言わずに喜んで一緒に選んでくれるので助かりますが、物心がついてきたらそうもいかなくなりそうなので、今の内的だと想うフル活用していらっしゃる。