電気料金の節約について

我が家はオール電化住宅ですので、電気料金のプランがオール電化住宅向けのものを契約しています。この電気料金プランは時間帯別に電気使用料金が異なるものになっています。

例えば、昼間の電力需要が多い時間帯は電気料金が高く、また反対に深夜電力需要の少ない時間帯は電気料金が安く、さらに朝や夕方・夜間などの家事の時間は昼と深夜の間の料金にといった具合に設定されています。最近はオール電化住宅が増えていますので、エコキュートや電気温水器といった機器は初めから深夜に作動するように設計・設置されています。

しかしながら他の家電製品はどうでしょうか。家族一人一人が自分の好きな時間に好きなだけ使用しているという家庭が多いのではないでしょうか。

我が家ではそこに注目し、電気代の節約に努めています。例えば、夜家族団らんの時間にはなるべくばらばらの部屋で過ごすことをやめ、リビングに全員が集まるようにしています。そうすることで、エアコン、テレビ、照明といった何気なく使っている電化製品も1部屋分のみの消費電力で済みます。

また洗濯や食洗器といった案外消費電力の多い家電製品も、深夜料金時間になってから使用するようにしています。そうすることにより電気代は昼間の約1/3に抑えることができています。

これら一つ一つはあまり大した効果がないように見えても一日一日の積み重ねで一か月あたりの電気代にしてみれば結構違うものです。これが何年も積み重なれば莫大な金額になることでしょう。そう思えば日々の少しの我慢も全く苦にならないものです。

▼参考になりました
自動契約機の申込みは意外に簡単
http://www.seattle-tacoma-homes.com/auto.html

節約のため水道水です

節約のために水は水道水を飲んでいます。だけど水道水が美味しいところに住んでいるので大丈夫です。よく東京の水道水はニオイがするとか、東京の水道水は不味くてそのままの状態では飲めないなどと言われていますが、幸いなことにわたしが住んでいる場所は水道水が臭くもなく不味くもありません。水が豊かで水に恵まれている場所なので、水道水が普通に飲めます。

以前は節約をしていなかったので水道水が不味くなくてもペットボトルの水を買ってきて飲んでいました。さすがに料理に買ってきた水を使うことはありませんでしたが、お茶やコーヒーを淹れる時の水としてペットボトルの水を利用していたのです。そしてひとり満足していたのですが、ペットボトルの水は比較的安く買えてもそれが毎日のこととなると出費が気になりだしました。

毎日たくさんお茶を淹れますしペットボトルの水はすぐになくなってしまいます。100円もしない2リットルのペットボトルの水でも何本も買っていればかなりお金が出て行きます。それを考えて水道水を使うようにしています。水道水に変えてしばらく経ちますが全く支障はありません。お金の節約ができて買い物も楽になっていいことばかりだと思っています。