食費を節約

セール品やおつとめ品は確かに安いですが、品質が落ちているものや賞味期限が迫っているものなど、安いなりの理由がありますよね。安くて新鮮な食材を手に入れる一番の方法は、ベランダや庭で家庭菜園をすることです。もちろん種や苗を買ってきて、育てなければならないので、無料ではありませんが、十分な節約になります。特にハーブ系は簡単に育てやすいのでおすすめです。

次に、買い物をする日を考えることです。スーパーによって、ポイント2倍デイ・3倍デイや、5%オフ、半額市など様々なイベントがあります。その日をしっかり把握し、イベント日に目的のものを購入します。例えば、質の良いスーパーの半額市では、お肉をまとめて購入する、などです。

いくつかのスーパーを回っていると、スーパーの特徴が見えてきます。自分が欲しいものと合致するイベント日に、賢く買い物しましょう。

また、空腹時の買い物は出来るだけ避けるようにしましょう。お腹がすいていると、ついついいらないものまで手に取ってしまいます。どうしても回にいかねればならないときは、アメやガムなどで、空腹を紛らわすようにしましょう。

そして、最近人気なのがふるさと納税です。寄付額から2,000円を引いた金額が所得税、住民税から控除される上、豪華な特産品がもらえます。内容も充実しており、お肉や海鮮、フルーツ、お酒など、いろいろなお礼品があります。いつもより豪華な食材を使うのに、節約ができてしまうという素晴らしいシステムです。

会社員の給料で貯蓄をする効率のいい方法を探して

会社員は副業の制限があり、月々の給料の中で節約をして貯蓄をするという方法しかありませんよね。

私は仕事を辞めて長期旅行をするため、貯蓄をしていました。
では、私がしていた節約方法を書いていきます。

食費。

勿論、健康に生活するのが一番大切です。

私はほとんどコンビニを使わずに生活していました。

仕事を始めたての時はコンビニ弁当にもお世話になったのですが、ついで買いを防ぐため、なるべくお弁当を持参していました。

毎日作る時間と気力がなかったので、一週間に一度まとめて作ってお弁当箱5つに詰め、そのまま冷凍していました。
そして、毎朝レンジでチンして持って行っていました。

そして、インターネット関係の節約。

ケータイ代って高いなと思いながら、10年くらい何も考えずに使ってきましたが、今は沢山の選択肢があります。

私は一人暮らしで、パソコンでもネットを使うので、持ち運びできるwifiのルーターを契約して使っていました。

通話のみドコモなどのキャリアと契約して、ネットはスマホもパソコンもルーターがあればどこでも使えますし、家のネット回線とケータイのネット契約をするよりも、数千円安くなります。
一人暮らしの人にはおすすめです。

大食漢の節約は辛いけどなれればこれまた楽しい

やはり食費を節約するのが大きいです。まず家族がよく食べるのでなるべく出費を抑えたいと思い、食費に着目しました。狙うは半額商品です。近所にスーパーが多く、どこのお店で何時から半額シールが貼られるのか大抵把握しています。その時間になるとなんとなく現れる人々。

彼らもやはり半額目当てなのです。いつのまに顔なじみになってしまいます。それからクーポンをよく利用します。会員登録をしておくといくらか割引になったり、ポイントが加算されるのでそれを目当てに買い物します。それから見切り品。賞味期限間近のため値下げコーナーなどよくありますよね。そのコーナーを必ずチェックします。お菓子などはそこでゲットします。

それから業務スーパーもよく利用します。お弁当のおかずやお惣菜がキロ単位で買うことができます。一度に多く一般の家庭なら食べる前に腐らせてしまう可能性が否めませんが、我が家は大食漢が多いのでそういった心配はありません。普通のサイズで売られているものを買う方が割高です。

あとは調理法です。野菜は皮をむきません。そのまま使って捨てるところをなるべく少なくします。大根の葉は佃煮、お茶っぱも出がらしは佃煮のようにしてゴミを少なくすると同時に惣菜に変身させています。