収入と支出を把握!家計簿で節約する方法

毎月、給料が入ると、つい気が大きくなって余分に使ってしまうことはありませんか?次の給料日1週間前にはほとんどなく、1日の食べる回数も減らさないと・・・なんてことにならないよう、お金の出入りを把握するのは、有効なお金の管理方法と言えます。ではどうやって管理するのか?それは、ある意味古来から行われている、金銭出納帳=家計簿をつけることです。

自分は、10年以上前から、エクセルで簡易な家計簿を作成し、日毎に収入と支出を記録してそれを月集計し、収支管理しています。しかし、IT化が進んでいる今は、PC用の家計簿ソフトや、スマホ用の家計簿アプリ等、便利なものも出回っています。中でもスマホアプリならば、だいたい無料でダウンロードできるのでお勧めです。

収入は、通常だと毎月の給料だけになるかと思いますが、支出の方はいろんな方法がありますよね。直接現金での支払い、クレジットカード払い、銀行引落etc.

これら全ての支払い方法による支出を全て家計簿につけるのです。すると、収入金額と支出金額の月合計がひと目で分かるので、その月の金額が、どちらが多いか分かりますよね。今の家計簿アプリなどは、支出の種類ごとにグラフで出たりしますので、例えば飲食代にいくら使ったか、など、どの種類により多く支出しているか、その傾向が把握できます。

その数字を見た上で、必要以上に使っている項目を減らします。例えば、外食に週3回行っているとして、それが1回あたり4,000円使っていると、週12,000円、月4週として単純計算すると50,000円近く支出していることになります。これを隔週に1回減らすだけでも4,000×2回=8,000円も前月より節約できます。

このように、支出の傾向を目で見て分析するだけでも、自分の支出の傾向や、余分に使っている金額を節約するのにとても役立ちます。ぜひ1度試してはいかがでしょうか。

家計の見直しはまず固定費の見直しから

毎月の家計から出ていくお金には固定費と変動費がありますよね。

固定費とは、家賃や住宅ローン、保険、教育費、通信費など決まった額。

変動費とは水道光熱費や外食費、交際費などその月によって変動する額。

ガスや電気代の節約は大事ですが、お風呂に入らない訳にはいかないし、夜に電気をつけないようにするなんて出来ませんよね。

一方固定費の保険料は見直すことで何千、何万も減らすことが出来ます。 

通信費にしても、大手キャリアで月1万円支払っているのを格安スマホに乗り換えることで月3千円に抑えることが可能です。

年間で考えると大手キャリアという理由でスマホを持っているだけで12万円、一方格安スマホなら3万6千円なので8万4千円も節約になります。

私は2年前に大手キャリアから格安スマホに乗り換えたので既に16万8千円は節約できてます。

保険屋さんに電話したり、店舗に出向いてスマホを解約したりと固定費を見直すのは手間がかかって最初は面倒ですが、節約につながる額はとっても大きいので、一度考えてみるといいと思います。

貯蓄については、月のお給料から固定費と変動費を引いた額をやりくり費として考えてそのやりくり費の中から、食費、外食費、交際費など振り分け、それ以上の額は決して引き出さないことを守れば先取り貯金が簡単にできます。

最近になって自作PCに興味が湧いてきた

自宅で仕事以外でもパソコンを使用していますが、最近はパソコンの部品や本体そのものに興味が湧いてきて、中古パソコンショップやリサイクルショップなどでよく眺めています。家にも何台かパソコンがありますが、つい安い中古パソコンを購入してしまったり、パーツなどを購入してしまったりしています。そして最近は自作パソコンにも興味が湧いてきて、一度自分の手でパソコンを作ってみたいなと思うようになりました。

ただ私自身そこまでパソコンに詳しいわけではないので、出来るかどうかが不安です。また器具を揃えたり、作業するスペースの確保であったりと分からないことだらけです。インターネットや動画などでも自作パソコンのすすめみたいな記事や動画などがありますが、それだけでは如何せん不安です。そこで昨日は古本屋に出かけて、自作パソコンの本が安く売られていたので購入しました。とりあえずはどんなものなのかがある程度分かればよかったので、適当に一冊購入しました。

思っていたよりも簡単そうで、機材などもある程度は揃えられそうでした。私は小さい頃から物を作ることが好きで、小学生の時にはラジオを作ったのが良い思い出です。時間が空いて余裕が持てたら自作パソコンにチャレンジしてみようと思います。

いろんな所に金隠し

収入は少ないのに、趣味にハマり散財する今日この頃、何とか少しでも貯金をしています。

それは銀行だけには終わりません。ちなみに銀行の通帳は3件くらいです。

一つの銀行に1000万円の保証があると言われていますが、どの通帳もまだまだ余裕です。

子供の名前で二つの通帳を作っていますが、ほとんど私の通帳で生活してきたので、そろそろ子ども名義の通帳に手を出してしまいそうな予感がしています。ちなみに、子供の通帳も、1000万円までは余裕があります。

そんな生活ですが、自宅にもあちこち貯金しています。

ほんの少しずつですが、貯金箱貯金、これは、財布に小銭がたまりすぎるとしています。

500円貯金、これは、ラスベガス旅行への夢への積立貯金にしています。2000円札貯金、全国で1億枚しか作成されていないようで、いつか価値が出るかもと思って先祖代々の宝にしようか検討中です。生活のお金のやり取りでは、全然見なくなりました。

諸々のお札の印刷が変わった時のお札も少しは保存しています。今のところ、価値は変わらないものばかりです。

後は、キーケースや使ってない財布、車の引き出しに少しずつお金を入れてあります。

少しでも貯金しておくと、安心感があるからです。なかなか貯まりません。

人生、贅沢は出来なくても、そこそこ幸せな人生です。これからも慎ましく生活していきます。

やはりいくら最新モデルでも大型テレビは消費電力が大きいです。

これは私が体験して今も実際している節約術です。

皆さんもそうだと思いますがテレビが地デジ化になった際にそれまで使っていたアナログテレビが壊れたわけではないのですが

地デジチューナーを買うくらいならこの際、新型の16対9の薄型テレビに私を含め、買い替えた人がほとんどだと思います。

私も最初は気にせずにテレビを見るのが好きな事もあってほぼ一日中見てもいないのに付けっ放しにしていました。

それでもアナログの大型テレビに比べると1000円くらい電気代が安くなっていたので特に気にもせずにテレビ付けっ放し生活をしていました。

そんなある時、諸事情で一ヶ月間家を空ける事になり、家族で私だけがテレビをこういう使い方をしていたので当然、私がいなければほとんどテレビをつける人はいませんでした。そんな事もあり、一ヶ月後に何気なしに電気代の請求書を見るとなんと大型テレビを一ヶ月つけないだけで700円も電気代が安くなっていました。

この事をきっかけに私は本当に見たい番組以外は大型テレビで見る事をやめ、普段は液晶の21型テレビで見るようにしています。

それでもほぼ丸一日テレビをつけっぱなしで見ていますが毎月の電気代がテレビを切り替えて見る事により、500円は安くなりました。

皆さんも試してみて下さい。

QRコード決済の導入を考えてみました

メガバンクがQRコードで即決済ができるシステムを導入するというニュースがありました。

デビットカードもそうなのですが、使ったらすぐに口座からお金が引き落とされるという仕組みです。

これだとお金を使いすぎてしまうんじゃないかなと思いました。

口座にあるから大丈夫、と余計なものまで購入してしまいそうな気がします。

節約生活をしたいのであれば現金のみの決済がいいと思います。

現金が手元にあるからこそ買い物ができると思います。

極力クレジットカード決済も避けて現金のみということにすれば、計画的にお金を使うことができるんじゃないかなと思います。

クレジットカードはもしもの時、困った時のヘルプとして使ったり、携帯電話や保険料の引き落としなど毎月ほぼ決まった金額の支払いの時に限定をしておいたほうが安心です。

実際、クレジットカードを使って通販で買い物をしていたら、1か月の給料そのままが引き落とし金額になってしまったことがあります。

そうなると貯金なんてとてもできないので、通販を利用してもコンビニ払いで対応をすることができるところに限定をするなど工夫をしています。

そうすることでお金を計画的に使うことができるようになりました。

食費を節約して貯蓄にまわしています。

最近、新築一戸建てを購入し貯金がすっかり減ってしまいました。家計簿をつけてみて、生命保険や車の保険、スマホ台はなかなか減らそうと思っても厳しいし、食費から節約するしかないかな?と思い実践してみました。

コツとしては、買い物に行った時にあれもこれもと買わないことです。今日はこの野菜が安い!これも安い!と買ってしまっても、結局余ったり、いざレシピを見て作ろうとしたら他の材料が足りなくて作れない、などがあって腐らせることも多々ありました。まずは、食材は余らない工夫が必要と考え、1週間の献立を考えて、買い物リストを作成することにしました。最近はアプリなどで料理レシピが見れますので本当に助かります。セールの日に1週間分を買ってやりくりするようになりました。

他にも、冷凍保存ができるものをセールの日に大量に買っておきます。買ってきたその日に、鶏肉を一口サイズに切ったり、1回分の使用量に小分けしてラップします。そして、冷凍した日付を記入しておけば、古い日付の物から使えますし、1回分毎に小分けしてあるので、お弁当の材料や少しだけ使いたい時にとても便利です。

これらのことを始めてからは無駄な買い物が減り、毎月の食費を減らすことに成功しました。

ズボラ主婦の簡単な家計管理の方法

「どうやってお金の管理をすればいいんだ?!」

これは専業主婦になり旦那のお給料の管理を任された時に1番感じていた事です。

そもそも、それまでは共働き。お財布も別。

恥ずかしいことにお給料を頂いたら服やコスメ、

ちょっと高めのご飯を友達と食べに行ったり

そろそろ年齢的にも..とブランド物を買ったり

とにかくあるだけ使うような生活で、

貯金は毎月気持ちだけというような微々たる額でした。

これではいけない!!!と気づいたのは息子を妊娠し

仕事を退職。専業主婦になり旦那のお給料だけで生活をし始めた頃。

今までは気にならなかったような出費がいちいち痛い。

全然お金がたまらない。

私の今のお金の管理のやり方では家計が壊れる、そう思い初めて家計の見直しをしました。

そしてたどり着いた収入を4種類に分け管理する方法。

これは収入を4分割し家計を管理するものです。

これが家計管理初心者でなおかつズボラな私にどんぴしゃでヒットしたのです。

やり方はまず収入を4種類に分類します。

1つ目は『固定費』

これは家賃や保険などとにかく固定の物

2つ目は『変動費』

食費、光熱費、携帯代、日用品、交通費など

とにかく毎月変動がある物

3つ目は『自己投資』

お小遣い、レジャー、教育などのもの

これがないと楽しみがありません!

4つ目は『貯金』

書かずとも、貯金や投資の事を指します。

これを収入を4分割し当てはめていき

その中でやりくりするだけです。

我が家は住んでいる土地柄、家賃がそこまで安くありません。だけどその分車がいらないほど交通の便が良いので車費がかかりません。しかし、田舎は家賃が安い分車が2台必要だったりしますよね。

住んでいる所によってお金がかかる部分は変わってくると思うので4分割した後は少し数字を変えても良いのです。あくまで「目安」なので。

これで私はズボラなくせに毎月食費は何円!日用品は何円!とお給料日前に電卓をたたき細かく計算をしては毎月その金額を超えて…という悪循環から解放されました。

簡単に家計管理をしたい主婦の皆さんには是非試してもらいたいです。

耐久消費財は多機能製品よりも単機能製品がお勧め

家電製品等の耐久消費財を購入する際には、多機能よりも単機能製品を選択される事をお勧めします。製品を店頭等でチェックする際には、どうしても多機能の方が何かと便利だと、心が動きます。
しかし、実際に購入して使用すると、ほとんどの人が、基本機能のみを使用し、付帯の様々な機能は最初は使っても、使わなくなるものです。多機能化は、メーカーが付加価値を高めるための施策で、実際には割高傾向が否めないのです。頻繁に様々な機能を使うなら、それでも良いでしょうが、結局基本機能しか使わなくなるなら、単機能の格安製品の方が良いと言えます。

また、機能が増えれば増える程、故障の機会が増える事になります。最近では何年か使用して故障すれば、修理費用を考えて、修理よりも買い替えの方が良いと買い替えてしまう事が多く、故障の確立が高くなる多機能製品は、結局使用寿命を短くすると言うデメリットをもたらす可能性も高いのです。

節約を考えるなら、この様に多機能製品を求めるのではなく、本当に必要な基本機能がしっかりとした単機能製品を選ぶ方が良いと言えるのです。こうした賢い消費行動が習慣となれば、ちょっと珍し機能や新しい機能があるからと、衝動買いする事も防げます。

節約のためには、ケチケチする意味ではなく、本当の使用実態に合致する製品を見極め、多機能に踊らされない見る目が必要と言えるのです。

節約や貯蓄についての豆知識

収入の額のうち、一番の支払い金額の高さを占めているのは、住居にかかるお金です。

生活上必要な間取り以外は極力避けられたほうがいいかと思われます。

例えば、書斎などが対象になります。

必要以上に書籍が増えてしまうと書棚が必要になってきます。

実際、生活をする上で書斎は本、書棚、デスクの配置が必要になってきます。

必要な書籍以外は購入する際、少し考えたほうが無難です。

例えば、漫画や単行本などがその対象です。

何回も読むことを目的とした本以外は極力避けましょう。

スマホや、自宅用の電話も携帯電話で「通信ツール」として十分に役に立ちます。

インターネットはパソコンでいいとも考えられます。

あと、自家用車の所有もレンタカーで用事が済ませられるのならば、維持費がかかりますので控えたほうが良いですね。

貯蓄は銀行もいいですが、株式投資もいい考えになると思われます。

何かの株を持っていると、配当金、配当物が得られることがあります。

事前に四季報などで配当について調べ、株を購入するのも節約や貯蓄に繋がります。

また、株は株式分割することもあります。

所持株数が増えてくると、配当に反映もしてきます。

株を購入する際は安くなった時点を調べ、キャピタルゲインを狙うのではなく、インカムゲインを投資目的にしましょう。