細く小銭積み増し!

小銭ってどうしても侮れないって知っていますか?
財布に入っているとパンパンになってしまって、短く使いたいと思ってしまうよね?
でもそこを我慢して、家屋に帰ったら小銭を一律積み増しケースに加えるだけで、実はお金がたまるんです。しかもあまり大きな額に!

ごはんで850円使ったとする。財布には150円ありますよね?
のどが渇いたなーと思った時に、150円を使うか、1000円付箋を切り崩すか。
こちらは現在崩すようにしています。
そうするとふところは小銭だらけですが、家に帰ると約1000円貯金できることになるんです。
それの繰り返しだけ。簡単だと思いませんか?

そして、しばらく貯まったところで銀行に行きます。粗方1ヶ月くらいでしょうか。
こちらは少しずつ溜まるのを見たい他人なので、チマチマATMで100枚ずつ入金していらっしゃる。
ですが、同時に払い込み目指す場合は、窓口のお姉さんに渡せば大丈夫です。

そうすることで、私の場合は1ケ月で約20000円積み増しができます。
(まぁ、これだけ無駄使いしようとしていたってことなんですけどね。)
積み増し用の通帳を特に持つことで、貯まって出向くのが目に見えて極めるので、歓びも増します。

アクセントウイークポイントなのは、小銭の積み増しがウィークデーしかできないという企業。
何度か週末のATMまで持って行ったものの、小銭ご法度で重い想いをしたことがありますので、
ウィークデーに銀行に通える他人なら実践しやすいかもしれません。
仮に行けない他人だと、ふとお金がない時にその積み増しケースに手を出してしまうことがあったりなかったり…(笑)

節約のプロが行ってる食生活を紹介!

「節約」というと、食べたいものがたべられない…とか、買いたいものが買えない…というマイナスなイメージを持っている人も多いかと思います。しかし、心配は無用です。食生活においてのみ節約することができるならば、ほかの事に使えるお金が2倍3倍と増えてしまうのです。収入の3分の1は食費に使われると考えてもいいでしょう。しかし、今から紹介する方法はその食費をどんどん少なくし、かつ、美味しい料理が食べられる方法です。

まず、節約における重要な食材を紹介します。

一つ目は、納豆!畑の肉と言われる程で、栄養価も高く、安価で購入できるのでオススメです。また使用方法も豊富で、ご飯にかけるのはもちろん、パンにかけても美味しい魔法の一品なのです。

二つ目は、もやしです。もやしは安価で手に入れることができ、そしてなんと言っても量がとても多いので数日はもちます。また、ポン酢や、ゴマタレなどと一緒に食べてもさっぱりした味わいを楽しむことができます。節約家にとっては相棒のような食べ物です。

三つ目は、ブロッコリーです。

ブロッコリーは、納豆やもやしと比べ少し値段は高いですが、そんなの誤差の範囲といえるでしょう。ブロッコリーには、ビタミンB6やB12が豊富に含まれるので、偏った食生活でなる口内炎などになりにくくする効果があります。

また、この食材も使用方法豊富なので是非検討してみてください。

これらの、食品にアレンジを加えたり時にはそのまま食べる事によって、栄養を補いつつお金を節約できる。これが節約のプロが行っている食生活なのです。

どうでしたか?この食生活を始めてみたいと思ったそこのあなた。是非始めてみてください!

節約をするポイントになるクレジットカード

クレジットカードは便利だと思います。

しかし使いすぎてしまうと引き落としの際に思った以上の金額が請求されていて、ビックリすることもあります。

管理はしっかりと行わなければいけまん。

そんなクレジットカードの中でポイントを支払の際に使うことができるものがある、と聞きました。

年会費、入会金無料のクレジットカードにはそういうサービスはありませんが、会費がかかるようなクレジットカードの中にはあるそうです。

自分でどれくらいの頻度、クレジットカードを使うのか考えた上で、会費を払ったほうがお得になるということも検討したほうがよいようです。

親族の中にポイントが引き去りの際に使うことができる、というクレジットカードを持っている人がいます。

使用頻度はそんなに高くはないのですが、何かあった時にクレジットカード払いにするということなので、便利だそうです。

クレジットカードは持つ種類によって節約にもなります。

上手に使っていくことによってメリットも得ることができるようになってくるので、節約をしたいと考えているのであれば、今使っているクレジットカードを見直してみるのもよいでしょう。

使いすぎないということが前提ですが、それでも種類を考えることは必要です。

お金を貯めるいちばんの方法はなんでしょうか

お金を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?銀行や郵便局に預けても、金利は0.01%という「何ソレ?」っていうほどにしかなりません。それでも、普通預金に入れているよりはマシっていうくらいなもんですよね。

私が今していることは、500円玉を貯めることです。ある程度の金額になったら郵便局に預けています。これはけっこう貯まりますよ。500円玉は使わないと決めて、家に帰ったらその日の500玉を回収しています。

だいたい1日に1枚、多いと2枚回収できます。わざと500円玉のお釣りがもらえるように小銭を足して払ったりしています。コレって結局は、500円玉を貯めるために無駄使いをしているんじゃないの?っていうのをネットで見たことがありますが、私の場合そんなことはありません。なぜなら、お財布に500円玉が残っていても、どの道、なんとなく使ってしまうからです。

私は結構、浪費家でちょこちょことお菓子なんかを買ってしまったりカフェでお茶をしてしまったりしちゃいます。どうせ無駄使いして使ってしまうのだったら回収して貯めておいた方がいいとの結論にいたりました。50円玉や100円玉と違い、500円玉だと貯まる金額も早いです。

目に見えて貯まると、意欲も湧いてきますのできますので、さらに貯まります。皆様にこの方法が適しているかはわかりませんが、試してみる価値はあると思います。

全ては見直しから

以前から我が家では家計は主人が管理していました。

マイホームも購入し、車も所有していて

家族で毎年旅行にも行けて

趣味のネットショッピングで買い物をして…

何不自由ない生活に満足をしていたある日。

ある事件をきっかけに、我が家の赤字部分が出るわ出るわ!!!!!!!

ま、ここまで好き勝手していて当たり前ですよね…

しかしこのことをきっかけに、節約と貯蓄に目覚めました!

恥ずかしながら、今まで主人に任せっきりだったので無知だらけの私は、とりあえず何から初めていいのかわからずに家計簿を付けるためのノートやペン類、やりくり費を仕分ける袋を買いました!早速無駄遣い!(笑)

でも調べていくうちに、光熱費や食費の節約の前に固定費の見直しが大事だと分かりました。

今まで無知だったわけですから、ここも無駄遣いだらけでしたね。

使ってない通信機器に月3000円も支払ってました…頼むよ旦那氏。

何も把握していなかった私は、それはそれは鬼のように調べあげて少しでも固定費を減らしました。

趣味だったネットでの買い物もやめ、お金の流れを把握することにより、無駄か必要かすごく敏感になり、その次の変動費にも目を向けれるまでに成長!支出が減った分貯蓄に回せるようになりました。

本当に無知って恐ろしい!

節約や貯蓄にはまず、自分のお金という意識をもっと明確に意識して、そのお金がどこへ流れているのか知ることによって、少しずつでも積み重ねて行くものだと感じました。

収入と支出を把握!家計簿で節約する方法

毎月、給料が入ると、つい気が大きくなって余分に使ってしまうことはありませんか?次の給料日1週間前にはほとんどなく、1日の食べる回数も減らさないと・・・なんてことにならないよう、お金の出入りを把握するのは、有効なお金の管理方法と言えます。ではどうやって管理するのか?それは、ある意味古来から行われている、金銭出納帳=家計簿をつけることです。

自分は、10年以上前から、エクセルで簡易な家計簿を作成し、日毎に収入と支出を記録してそれを月集計し、収支管理しています。しかし、IT化が進んでいる今は、PC用の家計簿ソフトや、スマホ用の家計簿アプリ等、便利なものも出回っています。中でもスマホアプリならば、だいたい無料でダウンロードできるのでお勧めです。

収入は、通常だと毎月の給料だけになるかと思いますが、支出の方はいろんな方法がありますよね。直接現金での支払い、クレジットカード払い、銀行引落etc.

これら全ての支払い方法による支出を全て家計簿につけるのです。すると、収入金額と支出金額の月合計がひと目で分かるので、その月の金額が、どちらが多いか分かりますよね。今の家計簿アプリなどは、支出の種類ごとにグラフで出たりしますので、例えば飲食代にいくら使ったか、など、どの種類により多く支出しているか、その傾向が把握できます。

その数字を見た上で、必要以上に使っている項目を減らします。例えば、外食に週3回行っているとして、それが1回あたり4,000円使っていると、週12,000円、月4週として単純計算すると50,000円近く支出していることになります。これを隔週に1回減らすだけでも4,000×2回=8,000円も前月より節約できます。

このように、支出の傾向を目で見て分析するだけでも、自分の支出の傾向や、余分に使っている金額を節約するのにとても役立ちます。ぜひ1度試してはいかがでしょうか。

家計の見直しはまず固定費の見直しから

毎月の家計から出ていくお金には固定費と変動費がありますよね。

固定費とは、家賃や住宅ローン、保険、教育費、通信費など決まった額。

変動費とは水道光熱費や外食費、交際費などその月によって変動する額。

ガスや電気代の節約は大事ですが、お風呂に入らない訳にはいかないし、夜に電気をつけないようにするなんて出来ませんよね。

一方固定費の保険料は見直すことで何千、何万も減らすことが出来ます。 

通信費にしても、大手キャリアで月1万円支払っているのを格安スマホに乗り換えることで月3千円に抑えることが可能です。

年間で考えると大手キャリアという理由でスマホを持っているだけで12万円、一方格安スマホなら3万6千円なので8万4千円も節約になります。

私は2年前に大手キャリアから格安スマホに乗り換えたので既に16万8千円は節約できてます。

保険屋さんに電話したり、店舗に出向いてスマホを解約したりと固定費を見直すのは手間がかかって最初は面倒ですが、節約につながる額はとっても大きいので、一度考えてみるといいと思います。

貯蓄については、月のお給料から固定費と変動費を引いた額をやりくり費として考えてそのやりくり費の中から、食費、外食費、交際費など振り分け、それ以上の額は決して引き出さないことを守れば先取り貯金が簡単にできます。

最近になって自作PCに興味が湧いてきた

自宅で仕事以外でもパソコンを使用していますが、最近はパソコンの部品や本体そのものに興味が湧いてきて、中古パソコンショップやリサイクルショップなどでよく眺めています。家にも何台かパソコンがありますが、つい安い中古パソコンを購入してしまったり、パーツなどを購入してしまったりしています。そして最近は自作パソコンにも興味が湧いてきて、一度自分の手でパソコンを作ってみたいなと思うようになりました。

ただ私自身そこまでパソコンに詳しいわけではないので、出来るかどうかが不安です。また器具を揃えたり、作業するスペースの確保であったりと分からないことだらけです。インターネットや動画などでも自作パソコンのすすめみたいな記事や動画などがありますが、それだけでは如何せん不安です。そこで昨日は古本屋に出かけて、自作パソコンの本が安く売られていたので購入しました。とりあえずはどんなものなのかがある程度分かればよかったので、適当に一冊購入しました。

思っていたよりも簡単そうで、機材などもある程度は揃えられそうでした。私は小さい頃から物を作ることが好きで、小学生の時にはラジオを作ったのが良い思い出です。時間が空いて余裕が持てたら自作パソコンにチャレンジしてみようと思います。

いろんな所に金隠し

収入は少ないのに、趣味にハマり散財する今日この頃、何とか少しでも貯金をしています。

それは銀行だけには終わりません。ちなみに銀行の通帳は3件くらいです。

一つの銀行に1000万円の保証があると言われていますが、どの通帳もまだまだ余裕です。

子供の名前で二つの通帳を作っていますが、ほとんど私の通帳で生活してきたので、そろそろ子ども名義の通帳に手を出してしまいそうな予感がしています。ちなみに、子供の通帳も、1000万円までは余裕があります。

そんな生活ですが、自宅にもあちこち貯金しています。

ほんの少しずつですが、貯金箱貯金、これは、財布に小銭がたまりすぎるとしています。

500円貯金、これは、ラスベガス旅行への夢への積立貯金にしています。2000円札貯金、全国で1億枚しか作成されていないようで、いつか価値が出るかもと思って先祖代々の宝にしようか検討中です。生活のお金のやり取りでは、全然見なくなりました。

諸々のお札の印刷が変わった時のお札も少しは保存しています。今のところ、価値は変わらないものばかりです。

後は、キーケースや使ってない財布、車の引き出しに少しずつお金を入れてあります。

少しでも貯金しておくと、安心感があるからです。なかなか貯まりません。

人生、贅沢は出来なくても、そこそこ幸せな人生です。これからも慎ましく生活していきます。

やはりいくら最新モデルでも大型テレビは消費電力が大きいです。

これは私が体験して今も実際している節約術です。

皆さんもそうだと思いますがテレビが地デジ化になった際にそれまで使っていたアナログテレビが壊れたわけではないのですが

地デジチューナーを買うくらいならこの際、新型の16対9の薄型テレビに私を含め、買い替えた人がほとんどだと思います。

私も最初は気にせずにテレビを見るのが好きな事もあってほぼ一日中見てもいないのに付けっ放しにしていました。

それでもアナログの大型テレビに比べると1000円くらい電気代が安くなっていたので特に気にもせずにテレビ付けっ放し生活をしていました。

そんなある時、諸事情で一ヶ月間家を空ける事になり、家族で私だけがテレビをこういう使い方をしていたので当然、私がいなければほとんどテレビをつける人はいませんでした。そんな事もあり、一ヶ月後に何気なしに電気代の請求書を見るとなんと大型テレビを一ヶ月つけないだけで700円も電気代が安くなっていました。

この事をきっかけに私は本当に見たい番組以外は大型テレビで見る事をやめ、普段は液晶の21型テレビで見るようにしています。

それでもほぼ丸一日テレビをつけっぱなしで見ていますが毎月の電気代がテレビを切り替えて見る事により、500円は安くなりました。

皆さんも試してみて下さい。

QRコード決済の導入を考えてみました

メガバンクがQRコードで即決済ができるシステムを導入するというニュースがありました。

デビットカードもそうなのですが、使ったらすぐに口座からお金が引き落とされるという仕組みです。

これだとお金を使いすぎてしまうんじゃないかなと思いました。

口座にあるから大丈夫、と余計なものまで購入してしまいそうな気がします。

節約生活をしたいのであれば現金のみの決済がいいと思います。

現金が手元にあるからこそ買い物ができると思います。

極力クレジットカード決済も避けて現金のみということにすれば、計画的にお金を使うことができるんじゃないかなと思います。

クレジットカードはもしもの時、困った時のヘルプとして使ったり、携帯電話や保険料の引き落としなど毎月ほぼ決まった金額の支払いの時に限定をしておいたほうが安心です。

実際、クレジットカードを使って通販で買い物をしていたら、1か月の給料そのままが引き落とし金額になってしまったことがあります。

そうなると貯金なんてとてもできないので、通販を利用してもコンビニ払いで対応をすることができるところに限定をするなど工夫をしています。

そうすることでお金を計画的に使うことができるようになりました。

食費を節約して貯蓄にまわしています。

最近、新築一戸建てを購入し貯金がすっかり減ってしまいました。家計簿をつけてみて、生命保険や車の保険、スマホ台はなかなか減らそうと思っても厳しいし、食費から節約するしかないかな?と思い実践してみました。

コツとしては、買い物に行った時にあれもこれもと買わないことです。今日はこの野菜が安い!これも安い!と買ってしまっても、結局余ったり、いざレシピを見て作ろうとしたら他の材料が足りなくて作れない、などがあって腐らせることも多々ありました。まずは、食材は余らない工夫が必要と考え、1週間の献立を考えて、買い物リストを作成することにしました。最近はアプリなどで料理レシピが見れますので本当に助かります。セールの日に1週間分を買ってやりくりするようになりました。

他にも、冷凍保存ができるものをセールの日に大量に買っておきます。買ってきたその日に、鶏肉を一口サイズに切ったり、1回分の使用量に小分けしてラップします。そして、冷凍した日付を記入しておけば、古い日付の物から使えますし、1回分毎に小分けしてあるので、お弁当の材料や少しだけ使いたい時にとても便利です。

これらのことを始めてからは無駄な買い物が減り、毎月の食費を減らすことに成功しました。

ズボラ主婦の簡単な家計管理の方法

「どうやってお金の管理をすればいいんだ?!」

これは専業主婦になり旦那のお給料の管理を任された時に1番感じていた事です。

そもそも、それまでは共働き。お財布も別。

恥ずかしいことにお給料を頂いたら服やコスメ、

ちょっと高めのご飯を友達と食べに行ったり

そろそろ年齢的にも..とブランド物を買ったり

とにかくあるだけ使うような生活で、

貯金は毎月気持ちだけというような微々たる額でした。

これではいけない!!!と気づいたのは息子を妊娠し

仕事を退職。専業主婦になり旦那のお給料だけで生活をし始めた頃。

今までは気にならなかったような出費がいちいち痛い。

全然お金がたまらない。

私の今のお金の管理のやり方では家計が壊れる、そう思い初めて家計の見直しをしました。

そしてたどり着いた収入を4種類に分け管理する方法。

これは収入を4分割し家計を管理するものです。

これが家計管理初心者でなおかつズボラな私にどんぴしゃでヒットしたのです。

やり方はまず収入を4種類に分類します。

1つ目は『固定費』

これは家賃や保険などとにかく固定の物

2つ目は『変動費』

食費、光熱費、携帯代、日用品、交通費など

とにかく毎月変動がある物

3つ目は『自己投資』

お小遣い、レジャー、教育などのもの

これがないと楽しみがありません!

4つ目は『貯金』

書かずとも、貯金や投資の事を指します。

これを収入を4分割し当てはめていき

その中でやりくりするだけです。

我が家は住んでいる土地柄、家賃がそこまで安くありません。だけどその分車がいらないほど交通の便が良いので車費がかかりません。しかし、田舎は家賃が安い分車が2台必要だったりしますよね。

住んでいる所によってお金がかかる部分は変わってくると思うので4分割した後は少し数字を変えても良いのです。あくまで「目安」なので。

これで私はズボラなくせに毎月食費は何円!日用品は何円!とお給料日前に電卓をたたき細かく計算をしては毎月その金額を超えて…という悪循環から解放されました。

簡単に家計管理をしたい主婦の皆さんには是非試してもらいたいです。

耐久消費財は多機能製品よりも単機能製品がお勧め

家電製品等の耐久消費財を購入する際には、多機能よりも単機能製品を選択される事をお勧めします。製品を店頭等でチェックする際には、どうしても多機能の方が何かと便利だと、心が動きます。
しかし、実際に購入して使用すると、ほとんどの人が、基本機能のみを使用し、付帯の様々な機能は最初は使っても、使わなくなるものです。多機能化は、メーカーが付加価値を高めるための施策で、実際には割高傾向が否めないのです。頻繁に様々な機能を使うなら、それでも良いでしょうが、結局基本機能しか使わなくなるなら、単機能の格安製品の方が良いと言えます。

また、機能が増えれば増える程、故障の機会が増える事になります。最近では何年か使用して故障すれば、修理費用を考えて、修理よりも買い替えの方が良いと買い替えてしまう事が多く、故障の確立が高くなる多機能製品は、結局使用寿命を短くすると言うデメリットをもたらす可能性も高いのです。

節約を考えるなら、この様に多機能製品を求めるのではなく、本当に必要な基本機能がしっかりとした単機能製品を選ぶ方が良いと言えるのです。こうした賢い消費行動が習慣となれば、ちょっと珍し機能や新しい機能があるからと、衝動買いする事も防げます。

節約のためには、ケチケチする意味ではなく、本当の使用実態に合致する製品を見極め、多機能に踊らされない見る目が必要と言えるのです。

節約や貯蓄についての豆知識

収入の額のうち、一番の支払い金額の高さを占めているのは、住居にかかるお金です。

生活上必要な間取り以外は極力避けられたほうがいいかと思われます。

例えば、書斎などが対象になります。

必要以上に書籍が増えてしまうと書棚が必要になってきます。

実際、生活をする上で書斎は本、書棚、デスクの配置が必要になってきます。

必要な書籍以外は購入する際、少し考えたほうが無難です。

例えば、漫画や単行本などがその対象です。

何回も読むことを目的とした本以外は極力避けましょう。

スマホや、自宅用の電話も携帯電話で「通信ツール」として十分に役に立ちます。

インターネットはパソコンでいいとも考えられます。

あと、自家用車の所有もレンタカーで用事が済ませられるのならば、維持費がかかりますので控えたほうが良いですね。

貯蓄は銀行もいいですが、株式投資もいい考えになると思われます。

何かの株を持っていると、配当金、配当物が得られることがあります。

事前に四季報などで配当について調べ、株を購入するのも節約や貯蓄に繋がります。

また、株は株式分割することもあります。

所持株数が増えてくると、配当に反映もしてきます。

株を購入する際は安くなった時点を調べ、キャピタルゲインを狙うのではなく、インカムゲインを投資目的にしましょう。

お金はある時にはあるけど、無い時には減る一方

節約に向けての第一歩は、家計簿をつけることです。携帯のアプリをダウンロードして、収入と支出のチェックをしています。
いくら引き出し、何にいくら使ったか、細かくチェックしています。お金を多くおろすと、自分がお金持ちになったと勘違いして使いすぎてしまうので、一週間分だけおろすようにしています。

直したい湯沸もあるのですが、何とか使えていますから、我慢しています。お湯がなかなかでませんが、買い替えると水道代より高くつきますので、我慢のしどころかと思っています。
去年ファンヒーターも一台壊れました。現在は、小さなファンヒーターを使っています。この冬、小さなファンヒーターでなるべく耐えて、灯油代を節約する予定です。小さなファンヒーターがどれだけ電気代をくうのかまだわかりませんが、灯油代くらいなら、小さいので我慢できればこの冬頑張ってみようと思っています。

後は、冷蔵庫の中身の野菜を時々腐らせてしまうので、きちんと料理をして腐らせないことが目標です。上手に料理して、食費を減らしたいのですが、食べることは健康にかかわってくるので、食事はしっかり作りたいです。時々レトルトになってしまうので、経済的にもマメに作っていこうと思っています。”

貯金上手な人がやっていること

無駄使いをしている覚えはないのに給料日の前は財布が寂しい、ましてや貯金なんてとても増えないという人に、簡単にできるお金の増やし方をご紹介します。

まず、毎月の出費状況を把握しましょう。といっても難しくはありません。いわゆる「こづかい帳」を書くのです。

ポイントは極力簡単にすることです。でないと続きませんから。

日付と使った目的、金額だけを記入していきます。お店ではレシートを必ずもらい、帰宅してから書き込みます。したがって自販機で飲み物を買うのはやめましょう。

それで月末に合計金額だけを計算します。最初はここまでやってみましょう。慣れてきたら明細を見直して無駄な出費を把握していきます。

嘘みたいですが、たったこれだけで出費が抑えられますよ。

毎月の出費が把握できれば、毎月貯金にまわせる金額もだいたい想像できます。

それで、給料が入ったら、最初に貯金をしてしまいましょう。もちろん無理のない範囲で、ちょっと少なめの金額にしてください。

できる事なら、別に定額の積立貯金をしてみましょう。1万円でも、それ以下でも構いません。また、勤め先に財形貯蓄などの積立制度があれば、ぜひ利用しましょう。

なんどもいいますが、少なめの金額がよいですよ。

「こづかい帳」も積立も、すぐには効果は現れませんが、1年でも続けると意外に効果がでてきます。要点は手間をかけない事と少額・定額貯金です。

さっそく今日からやってみましょう。

貯金をできるだけ早く増やしたい人におすすめの方法

貯金が多いと生活に不安がなくなり、心が安定して余裕ができるのは大きなメリットです。給料の一部を貯金することは大切ですが、金融機関にそのまま預けるだけだと損をしている可能性があります。少しでも貯金を増やしたいならば、金融機関に貯金をするのではなく投資をするといいです。

投資をすることで銀行に預けるよりもはるかに早くお金を貯めることができます。投資はリスクもありますが、大きな利益を狙わないならば比較的安全に資産を増やすことが可能です。私の友人にも為替や株への投資で貯金を増やしている人は多くいます。

貯金を増やすためには継続して節約をするという強い意志が重要です。その結果、知らない間に多くのお金を貯めることが可能です。また、クレジットカードを賢く使うことも効果があります。私はクレジットカードを使って買い物をするようにしていて、ポイントがつくので普通に買うよりもお得です。

また、ネットショップの中には日用品がかなり安くなるセールを定期的にしているところがあるので、ちょくちょくチェックするとお得な買い物が可能です。また、よく使う日常品を買う時はスーパーなどの特売日を狙って一度にたくさん買うようにするとコストを抑えられます。

まずは整理整頓をすることが節約の第一歩

節約の第一歩は整理整頓ではないでしょうか。

節約とはそもそも「無駄な出費を抑える」ことです。

何が必要で何が無駄なのかは自宅にある物を把握しないとわかりません。

良くある例としては、冷蔵庫がパンパンのご家庭です。

冷蔵庫の中の食品が多すぎて何が入っているのか把握しきれていないので、買い物に行った時にすでにある商品まで購入してしまう、その結果、消費しきれず捨ててしまうという無駄を作ってしまうのです。

確かに食品や日用品のストックも大切ではあります。

しかし、そのストックの期限、在庫量を把握しておかなければ、買い物へ行った時に何が必要で何が不要かの判断ができません。

節約が苦手な人のご家庭はあまり整理整頓ができていないことが多い傾向にあるのは、このことが関連してきます。

まずは一か所でも構いません、整理整頓をするようにしましょう。

そこから徐々に範囲を広げていけばよいのです。

冷蔵庫からはじめて衣類、日用品、最終的にはお財布の中など整理整頓の習慣を身に着ければ買い物も楽になります。

いったん思考が切り替われば、このことを応用して保険の見直しなどへも使えるようになるでしょう。

やみくもに「出費を抑える」のではなく、整理整頓を心掛けて本当に必要な物が何か、不要な物はなにかを把握することが節約には肝心です。

ストックすることで、引き下げにものぼる

蓄えをするのなら、余裕額でするのがいいと思います。少しの金額でも長く続けると思いもよらない額になっています。また余裕額からの蓄えですと、軽減にもなります。蓄えするようになると無駄な総計を削減してそれを蓄えに回せるようになります。
総計の軽減ができないと蓄えも出来なくなるとおもいます。無駄な総計を支出するようだと、なかなか小遣いはいくばかりで、あることはないのです。ですから無駄な総計や不支出だと窺える総計を見直すことが蓄えにつながる事だと思います。
総計の軽減というと何か窮屈感じがしますが、需要の修繕をすれば、無駄な一品や必要があるのかわからない一品も支出することが無くなるので軽減になりますし、そのことが無駄な需要を抑えて、資金にブランクが生まれるので、その余分な軍資金を蓄えに回せるようになるのです。
これらのことは、少ないことから心がけることがいいと思います。最初からでかい指標をかかげると出来なくなって仕舞うし、すぐに失敗してしまいます。何事も少しのことを気長にやることがポイントだ。少しのことならすぐ出来るし、あっという間に捨てることもないのです。長くやっているとそれが相当な金額になっています。

スマホ代に勇気を持ってメスを入れてみたら

スマホ代について、もっと安くなるとかのCMやブログはよく目にすると思います。

今回は、スマホ代を何とかしたい人に対して、簡単な実体験も通じてアドバイスをしたいと思います。

40歳手前の私は学生時代からずっとD社の携帯・スマホを使っていました。選択した理由は何となくです。

最近は、家族も増えて支出などのお金を見直す機会があり、スマホ代が気になりました。今まで1万円を超える料金をD社に納めていたのですが、CMやブログで3000円ぐらいに抑えられるという話を聞き、勇気を持って改革を行ってみました。月に7000円ほど節約できるとなると、年間で8万4千円ですので、かなりの改革です。

私は大手のD社から格安SIMの会社に乗り換えました。色々な不安はありました。例えば、壊れた時の保証、通信スピードなどなど。 これらの不安を解消できないから、スマホ代の見直しに一歩進むことができないと今となっては思っています。

1つずつ、自分なりに調べてみた結果、壊れた時の保証については、大手のD社でも保証はありますが、大した内容ではありませんでした。つまり壊れたらしかないと開き直ることが一番で、壊れないように気を付けるという当たり前の精神でいることです。 

次に通信スピードですが、よくよく考えてみると、WIFI環境下であればスピードや通信費はかかりません。つまりWIFI環境外にいるときに気にする話です。WIFI環境外といえば、電車の中か歩いている時ぐらい。電車の中では本などを読めばいいし、歩きスマホはやめるべきと自分に言い聞かせれば問題なし。 ということでD社に乗り換えの円電話をして、オペレーターからはしつこくデメリットを聞かされましたが、自分の中で踏ん切りがついているので、すんなりと乗り換えることが出来ました。 

オペレーターのアドバイスに関して、自分の中で解決していないと、踏みとどまるケースが多いと思いますが、自分で考え、納得しておけば問題ありません。

皆さんも、スマホ代が高いのでどうにかしたいと思ったら、勇気を持って、自問自答して進めてみましょう。

現在進行形の節約生活

私は、今現在節約生活をしています。
体調がすぐれず、仕事に就くことが難しい状態なので貯蓄を切り崩しながらの生活なんです。今までの私は欲しい物があったらすぐに買っていましたし、細かく家計のチェックもしていませんでした。
今はそういうわけにもいかないので洋服を買う事もなくなりました。化粧品などはメルカリで安く出品している方から購入したり、日用品は特売セールを狙って買うようにしています。
すると、段々とセールになる日が読めるようになってきてLINEクーポンやメルマガクーポンを使って更に安く買えるようになってきました。

ポイントサイトに複数登録しているので、モニターの案件も多くてエントリーしてはモニターアンケートに参加してポイントを稼いではネットショッピングに使えるポイントと交換しては生活に必要な日用品を買っています。
百円ショップもフル活用していますが、商品によっては百円ショップよりスーパーやドラックストアで買う方が安い商品もあるので店内は一周ぐるっと回って価格を比較する癖がつきました。
携帯電話の料金プランも見直して安くなったので毎月合計すると5000円以上は生活費が浮くようになりました。
節電、節水はもちろんしています。

今では節約生活を楽しめるようになってきました。

ShuFooで上手に節約をしよう。

節約をするために新聞を取っていなくて、広告とかに触れる機会がないような方問うのも結構いるんじゃないかと思います。
そんな方のためにぜひ使ってほしいものとしてShuFooというアプリがあります。

このアプリは国内最大級レベルの電子チラシサービスです。
このアプリがあれば、基本的に新聞チラシを持っていなくてもチラシの内容をスマホ一つで確認ができますから、仕事帰りにチラシを見てみていくというようなことも可能です。
仕事帰りに安いものを買って節約しようということが可能ですから、これから節約生活を送ろうとする方はとても重宝するアプリです。

さらに、アプリを利用するとよりいいこともあります。 実はTポイントと連携しており、チラシを見ることによって1日に2ポイント分のTポイントが入ってきますので
チラシを見るだけで収入まで得られるという更にお得な状況を作ることができるというわけなのです。
チラシを見る数が多ければ多いほどTポイントがもらえる抽選もあります。

チラシもタダで色々な企業やスーパーの情報が見放題でありますので、見比べるのも結構簡単にできるというのです。

これからの買い物の節約術はこのサプリなしには語れませんので、ぜひ利用してみてください。

節約って難しいの?へそくり貯金って何?

私は独身で、主婦ではありませんが、日々節約を心掛けています。節約をするようになったキッカケは、節約界のカリスマ丸山晴美さんの節約についての本を古本屋で購入し、読んだことがキッカケです。それまではさほど節約してませんでしたが、丸山晴美さんの影響を受けて節約を意識するようになりました。

お金持ちの人でもしっかりちゃんと節約しているというその本の話は驚きでした。具体的に私が行っている節約は、へそくり貯金と呼んでいる貯金をしています。毎月少額ですが郵便局や銀行の自分の口座に数千円でも入金して貯金したりしています。これがへそくり貯金です。

あとは使うお金は種類別に茶封筒に入れて袋分けしたりしています。これが何にいくら使うのか分かりやすく、使いすぎ防止になります。あとは貯金箱に小銭貯金をしていて、貯まったお金は自分の趣味に使ったりしています。それといつも仕事に行くときには手作りお弁当を持参して行き、昼食のランチ代を節約したりしています。

毎日のランチ代が一か月分だと結構かかってしまうので、いつも自分で手作りお弁当を作っています。といっても私はあまり料理が得意じゃないので、安いお弁当用の冷凍食品を活用していて、手抜きですが安くておいしい手作り弁当で、おいしいうえに節約になっています。

予想外のまったり時間もくれた節約

今日まで、自分が思い立った節約術はすべて実行してきたつもりでいた。しかし、まだまだ考えが足りなかったことを知る。それは主婦のお昼ご飯だ。

日頃から倹約していることもあって、ついつい「お昼くらい」という感覚で食べたり食べなかったり。はたまたお菓子のポテトチップスで済ませてしまったり、空っぽのお腹に耐えられなくなって、近くのコンビニで手軽なものを購入してしまうことがある。この、「ついつい」を続けることの危険性。なんでもそれは当たり前のようになっていく。

そこで、この冬の時期を利用して、「スープジャー」という容器を購入し、朝のうちにお昼も作ってしまうという手段を覚えた。時短にもなること、お昼ご飯に悩む買い物がなくなること、なにより、野菜やお肉、雑穀なども入れ、カレー味にしたり味噌味にしたり飽きがこないよう、アレンジができる。

そのうえお菓子なんか食べてるより、はるかに体にいいし、栄養満点だ。更に、蛇口から出るお湯も、暫く使わないと冷たくなって、またお湯になるまでに時間がかかるが、それも解消される。朝の片づけのついでに作ってしまえばいいのだから。大好きなTVドラマを見ながらゆったりとお昼を食べる日々、経済面だけでなく、価値ある時間を節約する手段でもある。

確実に貯蓄を増やすために私がやっていること

我が家は4歳児と1歳児の二人の娘と、夫と私の四人家族。とくに贅沢してるわけでもありませんが、私が専業主婦で、上の子が私立幼稚園に通い習い事もしているので、出費はかさみがちです。でも、子供たちの将来のため、自分たちの老後のためにできるだけ貯蓄は増やしたい。家を建てたので住宅ローンもまだまだ残っているし。

そんなわけで、確実に貯蓄を増やすために私がやっている方法を紹介します。

我が家はあらかじめ貯金額を天引きにしておくことと、通帳口座をいくつも持つことによってお金を管理しています。それが貯蓄を増やすのに効果的だと感じています。

夫の給料から、貯金したい額をあらかじめ財形貯蓄という形で天引きにしています。なので、振り込まれるお金は基本的に「使っていい物」という感覚です。それが気持ちのゆとりにつながっています。

給料の振込先は、まず一か所がメインバンク。ここに給料の殆どの額が入ります。住宅ローンや光熱費などの引き落としはこちらから。食費などの日々の生活費もこちらからおろして使います。あらかじめ天引きしてあるので、月々の生活のぎりぎりの額しか振り込まれませんが、逆に言えばこの口座のお金は全部使いきってもいいわけです。

もう一か所は「短期貯蓄用」の口座。ここには給料のうちの一部が入ります。給料のほかにも、太陽光発電をしているのでその売電費もこちらに入ります。ここからお金を引き出すことはめったにありません。だからある程度の額がたまっています。ですが「短期貯蓄用」なので、例えば車検とか、結婚式のご祝儀とか、家電が壊れたので新調するとかそういうときにおろして使います。

ごくまれに、メインバンクのお金が足りなくなったときにここから引き出すこともあります。ですが、夫の残業代がたくさんあった月にまたここに戻しているので、年単位で見ればプラスマイナスゼロです。

そしてさらにもう一つの口座。これは二人の子供の児童手当が振り込まれます。この口座の存在は基本的に忘れていることにしています。なので、知らず知らずのうちに貯金が貯まっています。いずれ進学するときに使うつもりです。

あと、もう一つ。我が家は義父母の携帯料金もまとめて私たちが支払っています。それを年に一度、まとめて返してもらっています。月々にするとたいした額ではありませんが、一年分まとめるとそこそこの額です。これをまとめてどーんと貯金しています。

このようにして、天引きすることと口座をいくつも持つことでお金を管理すると、わりと苦労せずに貯金ができるように思っています。

アマゾンプライム会員になって娯楽費の節約

アマゾンプライム会員になると、年間プラン3900円、月間プラン400円でプライムビデオ、Prime Musicが楽しめます。

我が家はこれでレンタルビデオを借りにいくことがほとんどなくなりました。

映画以外にも子供向けのものや、ドラマなどもたくさんあるので子供もアニメの映画がたくさん観れてとても喜んでいます。

お試し期間が30日あって無料で試せるので最初はそれを利用しました。

自分の好きな映画やアニメやドラマ、過去の名作がたくさんあったのでとても良かったです。

レンタルビデオ店にいく時間や手間がなくなり、時間やお金の節約にもなります。

雨の日や特に予定のない日や、家族のだれかが体調が悪くて出かけられない日など、とても助かっています。

Prime Musicもたくさんの楽曲に触れられてとてもお得だと思います。

我が家の娯楽費はこのアマゾンプライム会員になったことでかなりの節約になりました。

さらにアマゾンプライム会員はアマゾンの対象商品のお急ぎ便やお届け日時指定便を無料で使うことができたりとこれだけでも、とてもお得です。

年間プランなら1ヶ月325円でこのサービスがうけられるのでとても良いと思います。

アマゾンプライム会員、おすすめです。

クレジットカードを1枚に絞るということ

少し前までクレジットカードは場合によって使い分けたほうがお得、節約につながると思っていました。

しかし今は1枚にしたほうが節約になると思うようになりました。

どれくらいの金額を使ったのか、という管理はクレジットカード1枚のほうが行いやすいです。

また今のクレジットカードには大抵、ポイント制度があります。

このポイント制度を利用することによって、商品券に代えることができるなどお得なサービスも受けることができます。

そのクレジットカードが何枚もあれば、1枚につき貯めることができるポイントにも限界が出てしまうと思います。

使用頻度が高いクレジットカードの実を使うような形にしておいたほうがお得ですし、安心感もあると思います。

使い分けたほうがお得だ、という人もいますし、もちろんその意見は分かります。

しかし管理という面やポイント制度を上手に使うということを考えた場合には、1枚にしておいたほうがよいですし、ムダ使いも抑えることができるんじゃないかなと思います。

クレジットカードを使っていて今月はかなり利用をしてしまったな、と後悔をすることがあります。

その後悔がムダ使いに繋がってしまうと思うので、クレジットカードは思い切って1枚にしたほうがいいと思います。

髪の毛は、セルフカットで切っています

私は、節約のために、髪の毛は自分で切るようにしています。

もちろん、美容室に行った方が綺麗に切ってくれますし、良いという事は分っているのですが、今は節約をしたいと思っている時期なので、一回美容室に行くと数千円のお金がかかるので、今は、一年間、美容室に行かずに自分で髪の毛を切って貯蓄をしています。

ショートカットなどの、難しい髪型はできませんが、ボブで揃えた髪型で、さらにもしも失敗しても髪の毛を髪留めで留めれるくらいの長さにしておけば、失敗をしても髪の毛をくくってごまかす事ができます。

それに、周りの人に、自分で髪の毛を切っている事を伝えるととても驚かれます。

髪の毛を自分で切って、美容室での費用を節約している他に、紙の毛を短くする事で、ドライヤーを掛ける時間も短くなるので、電気代の節約にもなります。

さらに、髪の毛を洗い流すための水道代や、シャンプー代なども、髪の毛を切る事で節約する事ができるので、私は、自分で切る事を辛いと思わずに楽しんでいます。

自分で髪の毛を切る事は、楽しくてさらに貯蓄にもなるので、これからも、楽しみながら、節約・貯蓄をしていけたらいいなと思っています。

この節約方法で、1万円以上は節約できていると思います。

初心者が挑む、毎日できる節約方法

転居と転職、この2つが重なりまして。

新しい生活に慣れるのに精一杯です。

前職が激務だったので、今の仕事はのんびりしていて本当に転職してよかったと思っています。

ただ、引っ越しで僅かな貯金もほぼ底をついたに等しいですし、正直お給料も前の7割ほどに…。

以前ほど日常生活にお金がかけられなくなってしまいました。それでもちょっとずつ貯金が回復しつつあるので、恥ずかしながら今取り組んでいる節約方法を紹介します。

【外食は控え自炊する】

当たり前と言えば当たり前ですね。レストランでは拘りの食材を使っていますし、人件費や流通するときに中間マージンが発生します。

調理器具を揃えるのに初期投資(大げさw)が必要が、毎日のことだと考えると大したことないでしょう。料理スキルもあがるので一石二鳥です。

【ポイントカードの利用】

よく行くスーパーのポイント会員になっておきます。ポイントが貯まるとクーポンやお買い物券としてお店で使えます。

ペットボトルや資源ゴミのリサイクル、エコバッグ持参でポイント加算があります。

会員限定の価格やポイント増量デイの設定も嬉しいところです。

登録費・年会費が掛かるところと掛からないところ、デポジット制の所があるのでよく検討しましょう。

週に何度も通うならば大抵すぐに回収できる金額の所が多いですね。

まだ節約初心者なのでこんな所なんですが、お勧めの方法があったら教えてください。